ポリアモリーとは?複数の人を平等に愛する新しい恋愛の形

記事の著者:Kanako

一人の人が一人の異性を愛し続けることこそ、正しく美しい恋愛の形と考えられていました。しかしポリアモリーという、新しい恋愛の形が急増しているのも事実です。

ポリアモリーとは、同時に複数の恋愛をすることを言います。一般的にはまだ受け入れ難いポリアモリーとは、どのような恋愛形態なのか。ポリアモリストは結婚できるのか、嫉妬の問題はどうしているのか、多くの人が気になることをまとめました。

一般的な価値観で言うと浮気や不倫ととらわれがちですが、ポリアモリストは全員の許可をとって全ての人を平等に愛する点で普通の浮気や不倫とは異なるようです。

ポリアモリーとは

ポリアモリーとは、ギリシャ語の「poly」(複数)とラテン語の「amor」(愛)に由来し、アメリカで造られた造語です。恋愛対象を一人に絞ることなく、同時に複数の人と深い関係を築くという恋愛のスタイルを指します。

複数の人と、合意の上で恋愛関係を築き、結婚という概念にとらわれずに自分が愛したい人や人数を決めるという考え方です。

浮気や不倫との違いは

浮気や不倫は、本来のパートナーがいながら、他の異性と恋愛関係に陥り、その不倫相手や浮気相手の存在を、本来のパートナーに知らせることはしません。

むしろ、その関係を隠し通します。そこには本来のパートナーに対する罪悪感を、多かれ少なかれ抱く人が多いでしょう。

一方、ポリアモリーに関わる全ての人は、それぞれの恋愛相手を隠すことなく、それぞれが合意のもとオープンな形で恋愛です。

複数の相手が、今誰と付き合い、誰と恋愛関係にあるのかを、お互いが全て知っています。そこには罪悪感や嫉妬、独占欲は存在しません。関わる全ての人が幸せであれという考え方です。

ポリアモリーの結婚

そんな複数人を愛するポリアモリーは結婚できるのでしょうか。実際、ポリアモリストでも結婚している人はいます。ポリアモリストは複数人を愛してしまうため、不倫するのかというのは誰もが疑問に思うでしょう。

結論として、一般的な価値観から言うと不倫をしていることになります。しかし、普通の不倫と異なるのは、結婚相手の許可をとっているという点です。

許可をとったうえで、結婚相手とは別に複数人の恋人がいるようです。

ポリアモリストの結婚相手や恋人は嫉妬しないのか

当然、自分の夫や妻が結婚後も複数人の恋人を作っていたら誰しもが嫌だと感じるはずです。ポリアモリスト同士の結婚になるのでしょうか。

ポリアモリストの結婚は必ずしもポリアモリスト同士とは限らないようです。また、恋人もポリアモリストと普通の人ということも多いようです。

ポリアモリストが複数人と恋愛関係を維持できる秘訣は、全ての人を平等に愛しているというところにあるのでしょう。

ポリアモリストは恋人間の優先順位などはつけないため、一人ひとりを本気で大事にしようとします。それによって結婚相手や恋人も愛されているということを実感でき、不安は減るようです。

一方、自分だけのものになってほしいという独占欲からくる嫉妬をポリアモリストは拒否する傾向があるため、独占欲が強い恋愛傾向の人がポリアモリストと交際するのは難しいでしょう。

ポリアモリストは本当に嫉妬しないのか


嫉妬という感情はなぜ起きるのでしょうか。一般的な一対一の恋愛形態では、それぞれが相手を独占しようと考えます。そこには、他の異性が入り込む余地がありません。

きっかけはどうであれ、入り込む余地がないところに、他の異性が割って入れば、「あの人は誰?」「お前浮気しているだろう?」ということになります。また、普通一対一の恋愛ではありえない別の異性の存在を、本来のパートナーに隠すことで罪悪感が生じます。

ポリアモリーには優先順位がなく、全ての人を平等に扱うという考え方です。一般的な一対一の恋愛形態のように、本来のパートナーがいるわけではないので、一人の人を独占するや、別の人に嫉妬する、別の異性と付き合うことで罪悪感を抱くという考え方はありません。

もし、彼らにそのような感情を抱くようなことがあるとすれば、オープンとはいえ、まだ相手との話し合いが不足しているのではないか、相手との恋愛を見つめ直す必要があるのではないかといった、内証的な考えを持つきっかけとなります。

受け入れられるには時間がかかる

一対一の恋愛が当たり前とされている現代の日本や欧米で、ポリアモリーという考え方がが受け入れられるには、まだ時間がかかりそうです。

しかし、日本以外の国では一夫多妻制の国が存在し、また古く日本でも一夫多妻制は存在しました。このポリアモリーや一夫多妻制が、私たちが当たり前と考える、現在のような一対一という本来の結婚形態を見直すきっかけになるかもしれません。

ポリアモリスト自身が他者との違いに気づく瞬間

ポリアモリストが周囲との違いに違和感を覚えるようになるのは思春期が多いようです。しかし、小さい頃から好きな人の話になったとき、友人は1人の異性の名前しか挙げないことを不思議に思っていた人もいるようです。

また、ポリアモリストは50%程度がバイセクシャルで、好きになる対象に性別は関係ないようです。

自分がポリアモリストだと自覚していても実際には隠している人も多いのでしょう。

ポリアモリーの愛の形

全ての人を平等に愛するポリアモリーは、理想の愛の形なのかもしれません。ポリアモリーが、一般的な恋愛形態となるのであれば、不倫や浮気といった本来のパートナーを傷つけるような行為は存在しません。

しかし、人間はそれぞれ考え方が違います。一人の人間を愛し続けたい人もいれば、ポリアモリーのように、複数の人と恋愛関係を持ちたい人もいるでしょう。

いずれにしても、幸せになる人、そうでない人が存在する限り、人は理想の愛の形を求めていくものです。

複数の恋愛を楽しみたいならマッチングアプリ

この記事を読んで自分もポリアモリストである、またはポリアモリストの恋愛観が好きだと感じた方は、マッチングアプリで出会いを探してみませんか?

身の回りでポリアモリーの価値観を理解してくれる人はなかなかいないでしょうし、浮気などという勘違いをされて問題を生みかねません。

そこで効率よく同じ価値観の人を探すならマッチングアプリがおすすめです。特に「ペアーズ」は累計会員数800万人で、日本最大級のアプリなので同じ価値観の人がきっと見つかるはずです。

プロフィールに結婚観や恋愛観も入力できるので、複数恋愛についての同じ価値観の人と出会えるかもしれません。

[無料]ペアーズで出会いを探す