不倫と浮気の違い:婚姻関係の有無が決定的な要因に

記事の著者:Kanako

男女間の恋愛トラブルの原因として多く聞かれる不倫と浮気。これらを原因に別れを決断する人も多くいます。特定の相手がいながらも他の異性に関心を持つという意味では似た言葉。しかし実際には明確な線引きがあり、バレた時の責任の有無も大きく異なります。

不倫と浮気にはどのような違いがあるのかチェックしましょう。

不倫と浮気の定義上の違い

不倫と浮気は、あなた自身あるいは相手が結婚しているか否かによって大きく区別されます。

不倫は肉体関係をもったらアウト

不倫は、一方あるいは双方が既婚者でありながら配偶者以外の第三者と肉体関係を持つこと。民法上「特定の相手と不貞行為を繰り返すこと」と定義されています。そのため、2人で食事をしたり手をつないだりするだけでは不倫になりません。不倫では「肉体関係を持ったら」というはっきりとした線引きがあります。

浮気には明確な線引きなし

浮気は、婚姻の有無を問わずパートナーがいながらも、パートナー以外に関心を持つ・肉体関係を持つこと。他の異性に心を移すという広い意味があり、j不倫のような法律上の明確な定義はありません。「手を繋いだら」や「キスをしたら」「デートをしたら」など、個人個人のとらえ方によって大きくボーダーが変化します。

バレた時の責任の大きさにも違いあり

不倫と浮気には、バレたときの責任の有無にも大きな違いがあります。

不倫は法的責任が伴う

不倫が配偶者にバレた場合、慰謝料を請求されることがほとんど。夫婦には、配偶者以外の相手と性的関係をもたない貞操義務と呼ばれる義務があります。肉体関係を持つ行為は、貞操義務に違反する不貞行為。民事裁判になる可能性も。

あなたが既婚者だった場合はもちろん、たとえあなた自身が既婚者でなくても、相手の不貞行為に加担したとして損害賠償の責任が課せられます。不倫関係にあった証拠があるときには、慰謝料の請求を免れることは困難です。

浮気は法律上責任なし

浮気の場合、法律上の規定はないため浮気の境界線は被害者である相手の判断にゆだねられます。自分と相手のどちらにも婚姻関係が生じていない場合、不倫とは違って義務違反にはならず、被害者が権利を主張しても必ずしも優位に立てるわけではありません。そのため、自分が浮気をしてバレたとしても法的責任が伴う確率は低く、話し合いで解決する場合も。