頼れる恋人!ケルト人の恋愛の特徴7つ

記事の著者:Kanako

ケルト人とは、もともとアイルランド、スコットランド、ウェールズ、そしてフランスのブルターニュ地方に住んでいた人々の事です。

現在では全世界に移民しており、米国白人の3割もケルト系であると言われています。

とてもヨーロッパ的な人種であり、独特な恋愛観を持つといわれるケルト人の恋愛の特徴について書いていきます。

1. 女性を守る

ケルト人は全体的に体格がよく、男性であれば肩幅が広くてがっしりしたイメージが強い人種です。

顔も角ばった人が多く、いわゆるマッチョ系もよく見られます。

そんな見た目に比例して、女性に対しては男性が守るんだという文化が今も残っているのが特徴です。

2. 男尊女卑も

上記のようにかっこよく男性が女性を守る、という文化が残っている反面、女性を少し軽んじる文化、いわゆる「男尊女卑」も残っているようです。

恋愛においては、女性はあまりでしゃばらずおしとやかに男性を支える、といった行動のほうが好まれます。

3. 恋愛も保守的

ケルト人は歴史も文化もある自分たちの宗教に対して、極めて厳格である人が多いと言われています。

その影響もあって、恋愛に対してはとても保守的で、規律をしっかりと守るイメージが強いです。

4. プライドが高い

民族的風習や文化をとても大事にしており、祖先から受け継いだものをとても大事にしています。

そのため、ややプライドの高い人種と受け取られることもあります。

恋愛においては、そのプライドの高さが傲慢さに見えることも。恋人がケルト人であったら、こういった点を理解してあげましょう。

5. おおらかな性格

血液型でケルト人を調査してみると、O型がとても多く、全体の50%を超えています。

日本人の場合はA型が一番多く、それでも約39%といわれていますので、ケルト人にはO型がとても多いことになります。

当然ながら恋愛観にもこれは影響していますので、ケルト人はわりとおおらかで、社交的であるといえるでしょう。

6. キレるとこわい

ケルト人は移民の歴史もありますが、米国ではイタリア系マフィアを凌いで、政治的影響力を見せていた時代もありました。

一見おおらかで保守的なケルト人ですが、キレるとこわい、とも言われています。

恋愛対象にもこういった傾向をときおり見せるようで、恋人になった際には注意が必要です。

7. 恋人にやさしい

米国移民時代には酷い差別を受けた歴史を持つケルト人ですが、たくましさと持ち前の明るさで乗り切りました。

個人主義の強い他の人種と違い、ケルト人は集団性が高く民族意識も強いと言われています。

恋愛に対しても、親族となった女性は心から大事に扱い守ろうとする文化があります。

深く愛された女性は幸せですね。

ケルト人と出会う

ケルト人の特徴を紹介しました。女性を守る男らしさやおおらかな性格を魅力的に感じる方は、ケルト人の方との出会いを探してみてはいかがでしょうか。

日本にいるケルト人と出会う方法としてマッチングアプリがあります。特にMatchは外国人が多数登録している、グローバルなマッチングアプリ。外国人と出会うならば、登録しておいて間違いありません。

無料で出会いを探す[マッチドットコム]