覚えておきたい告白の言葉:これで成功率アップ!

記事の著者:Kanako

成功率がアップする告白の言葉とは、どのようなものなのでしょうか?

言われて嬉しい言葉、逆にNGな言葉のパターンを知っておきましょう。

自分勝手な告白は成功しません。相手の事を想う気持ちが伝わる、素敵な告白をしたいですね。

女性は具体的な言葉に喜ぶ

ここでは、男性から女性に告白する場合、女性が喜ぶ告白の言葉を4つ紹介します。

まずは「好きだ」とストレートに言われると嬉しいようです。自分の気持ちをまずは素直に伝えましょう。

2つ目は、「君の○○なところが好き」と具体的に好きな部分を褒める言葉。このように自分を認めてもらって喜ばない女性はいないでしょう。

3つ目は、「実はずっと前から好きでした」など、ずっと自分の事を想っていたんだと感じれる言葉です。

最後に、「俺だけを見て」など、独占したい気持ちが伝わる言葉が喜ばれます。

男性は控えめな言葉に喜ぶ

続いて女性から男性に告白する場合、男性が嬉しいと感じる言葉を紹介していきます。

まず、先ほども紹介した通り、ストレートに「好き」と言われると男女問わず嬉しいようです。

さらに「ずっと前から好きだったの」というずっと自分を想っていたことが伝わる言葉は男性にも効果がありそうです。

そして、「私のことも好きになってもらえないかな?」「彼女にしてもらえない?」「そばにいさせて」など控えめな言葉が男性には好まれる傾向にあります。

重過ぎても曖昧でもNG

女性から男性に告白される時、あまりに「結婚」を強く意識させると男性は引いてしまいます。

「いい奥さんになるようにするよ」「あなたの子どもがほしい」なんて、ちょっと重すぎですね。

男性から女性に告白する時、やってはいけないのは、「なんとなく好き」「けっこう好き」など曖昧な言葉。女性からしたらなにそれ?となりますよね。

また「体の関係でもいいから」なんてのは絶対駄目です。そんな人いないだろうと思うかもしれませんが、実はこうした勘違いなセリフを言う男性は少なからずいます。

相手の立場になって告白の言葉を考える

相手の性格なら、どんな言葉が嬉しいのか考えてみるだけで告白の成功率はアップします。

相手のことを想う気持ちが伝われば、それだけで胸キュンな告白になります。

さらにタイミングも考えることが大事

どんなに胸キュンな告白でも、タイミングを間違うと目も当てられません。

唐突に「好きです!」と告白して成功する確率は少ないです。上手くいくのはドラマやマンガの中だけ。

まずは、告白する相手の状況をよく考えること。相手が忙しい時や体調の悪い時、また周りの状況をよく見ないで告白されても、逆に困らせてしまいますね。

告白を成功させるには、相手の立場に立ってタイミングを良く考えることが必要です。

あとは告白する勇気あるのみ!がんばりましょう!