独占欲は控えめに!大学生カップルが長続きするコツ5つ

記事の著者:Kanako

道行く大学生カップルを見ていると、キラキラしていて甘酸っぱい気持ちになりますよね。

でも実際は些細なことでケンカして、そのままお別れしてしまうカップルも多いのだとか。

学生同士なので、長続きする可能性も大きいはずなのですが…。

今回は、大学生カップルが長続きするために大切な、5つのポイントを紹介します!

1.なんでも割り勘、負担は同じに

付き合いたての頃は見栄を張って、ついついおごってあげたくなるのが男性の心理。女性側も「払ってもらって当然」と思っていませんか?

でも、学生がデート代を2人分負担するのは、実際かなり苦しいもの。

金銭面の問題が、いずれ2人の関係に大きなヒビを作ってしまう可能性があります。

遊びでもご飯でも、学生のうちは、いつも割り勘にするよう心がけるのがオススメです。

帰り道にコンビニでアイスやジュース、お菓子をおごってもらうくらいなら、素直に受け取ってもいいかもしれませんね。

2.恋愛と学業はきっちり線引きしよう

恋人ができると、世界がキラキラして周りのことが見えなくなってしまいますよね。

いたって普通のことではあるのですが、そのせいで、学業がおろそかになっては意味がありません。

恋人と遊んでばかりで勉強をしなかったせいで、将来の夢をあきらめることになった…なんてパターンは、お互いがつらくなってしまいますよね。

勉強も生活も、相乗効果が得られるような恋愛になればベストです!

3.プライバシーを尊重しよう

「親しき中にも礼儀あり」という言葉があるように、相手のことを何でも知ろうとするのは、度を超えるとプライバシーの侵害にもなりますよね。

特に学生だと、長い時間一緒にいられるので、お互いのプライバシーをついつい忘れがちになってしまいます。

中でもスマートフォンには要注意! 若いと相手のすべてを独占したくなってしまって、「付き合ってるんだからスマホ見せてよ」「パス教えてよ」なんてひと言が、不信の元になってしまうカップルもいるようですよ。

また、学生で時間がたくさんあるからと言って、相手のパスを調べたりするのもやめましょう。

お互いに、知らない部分を持っているのは素敵なこと。また、人には一つや二つ、誰にも知られたくない秘密があるものですから。

4.相手に依存しすぎない

彼氏・彼女が大好きだと、「今、何してるかな?」「私以外の女といないかな?」と24時間気になってしまうもの。

でもこれは、確実に相手の負担になっています。

「誰にも取られたくない、私だけを見ていてほしい」という気持ちはすごくわかりますが、依存すればするほど相手は離れていくのではないでしょうか?

独占欲はぐっと抑えて、寛大な心でドッシリと構えるのほうがよさそうです。相手もそんなあなたに惚れ直すかもしれませんよ。

5.将来の明確なビジョンを持とう

相手のことを考えてしまうばかり、相手ありきの将来を考えてしまっていませんか?

若いのだから、本来なら無限の可能性を秘めているにも関わらず、限られた選択肢の中から将来を決めてしまうのはとてももったいない話です。

まずは自分自身と向き合って、将来どんな人になりたいのかをきちんと決めましょう。

恋人との関係は、それから考えても遅くないはずです。

まとめ

いかがでしたか?

大学生カップルが長続きしないのは、恋愛中心の生活になってしまうのが主な原因かも。

相手のことはもちろん大切ですが、だからこそ勉強や将来など、広い世界にもっと目を向けてみましょう。

大きなビジョンを持った人のほうが魅力的だし、きっと相手ももっと好きになってくれるはずですよ♪