なんか寂しい…好きな人が冷たい原因とその対処法

記事の著者:Kanako

好きな人とはいつでも仲よくしていたいもの。

しかし、付き合いだして半年、一年と経過し、付き合い始めのころと比べると、相手がそっけなく冷たく感じることがあるかもしれません。

そこで今回はその理由と対処法について解説していきます。

彼氏が冷たいような気がする…と、確信がつかめない時は「彼氏が冷たい時にまず確認したい4つのこと」を参考にしてみてください。

また周りに相談できない恋愛の悩みがあるときは、占い師に相談してみるのもおすすめです。

ライントーク占いではジャンルは問わず、何でも相談できるので、ぜひ一度使ってみてください。

LINEで今すぐ相談[スマホのみ]

好きな人が冷たい理由

彼氏が冷たくする理由は必ずしも「好きな気持ちが冷めてしまった」などの、マイナスな理由ではありません。

単に仕事や勉強が忙しく、自分のことで手一杯で、彼女にまで気が使えないということもあるでしょう。

また好きでいるからこそ嫉妬心から冷たくしてしまう、なんてこともあるかもしれません。

ここからはより詳しく、彼氏が冷たく接してくる理由をいくつか紹介していきます。もし冷たい態度に悩んでいるのであれば、自分の彼氏が当てはまるか、参考にしてみてください。

1.気持ちが冷めてしまったから

相手の自分に対する気持ちが冷めてしまった場合、どうしてもあなたへの態度は冷たくなってしまいます。

もうこの関係を終わりにしたい、もしくは他に気になる異性がいる、などの理由が考えられます。

そんな時は、相手に詰め寄るのではなく、今までの付き合いで楽しかったこと、嬉しかったことなど自分といるとこれからも楽しい関係が築ける、ということをアピールしましょう。

2.依存しすぎているから

恋人に甘えられるのは誰でも嬉しいもの。しかし、度が過ぎてしまうとそれは相手にとってプレッシャーになってしまうことがあります。

一人でできることもついつい彼に依存してしまったり、わがままばかり言ってしまう…そんな人は気をつけましょう。

もしついわがままを言ってしまいがちになるときは、相手に「いつもありがとう」「わがままばかりでごめんね」と感謝の言葉を伝えるようにしましょう。

3.他に打ち込むものができたから

仕事や趣味など、あなた以外のものに集中して打ち込んでいる時には、相手の態度が冷たく感じられるものです。

デートの約束があまりできなかったり、話をしてもあまりかみ合わなくなることも。

そんな時は仕事で忙しそうな時であったら「いつもお仕事お疲れ様」と声をかけてあげたり、こちらも趣味に興味を持ってみるというのも一つの方法です。

4.倦怠期に入っているから

付き合いだして時間がたってくると、倦怠期に入りますが、その時あなたの生活はだらしなくなっていませんか?

相手が来る時は必ず部屋を掃除していたり、デートの時はいつもちゃんとおしゃれをしていたりしたのに、最近は気を使えていないことがあるかもしれません。

相手はそんなあなたの姿を見て、気持ちが冷めてしまっている可能性もあるでしょう。一度自分の生活や態度を振り返ってみましょう。

また人によっては、思い切って相手に聞いてみるのもおすすめです。普段はなかなか聞くのが難しいかもしれませんが、タイミングを見てお互い正直に話し合うこともしてみてください。

5.嫉妬しているから

冷たい態度の裏には、漠然とした不安が隠されていることもあります。相手がいる前で親しげに声をかけてくる異性はいませんか?

あなたは何とも思っていなくても彼氏にとっては気になるものです。抱いてしまった嫉妬心から自己嫌悪に陥っているのかもしれません。

理屈ではありません、相手の感情にしっかりと向き合い受けとめましょう。自分のパートナーが一番好きだというアピールを示して、不安を消してあげましょう。

好きな人が冷たいときにやってはいけないこと

前の部分では、好きな人が冷たい態度をとってくる理由について解説してきました。

ここからは彼が冷たい時にやってはいけないことを紹介します。

もしかすると自分から相手を遠ざけているかもしれません。ここで紹介する行動を自分がとっていると思った方は、ぜひ明日から直してみてください。

ちょっとした行動の変化が、思わぬ急接近を生み出すこともあります。まずは自分に非がないか、落ち着いて振り返ってみましょう。

1.同じような態度をみせる

冷たい態度には冷たい態度で…と思わずやり返してしまいたくなりますが、ぐっとこらえて、やり返すのは避けてください。やり返してしまうと、さらにふたりの関係を悪化させてしまう可能性があります。

根本的な原因を見ないことにより、解決しないばかりでなく、新たな問題がうまれてしまうこともあるので注意してください。

冷たい態度を取られると悲しいのに加えて、腹立たしくなるかもしれませんが、怒って喧嘩をしてもなんの解決にもなりません。

相手を理解しようとする姿勢が大切です。

2.自分に都合がいいように思い込む

原因を勝手に決めつけて、自己解決しようとしないことです。自分中心に考えていると、余計に相手の気持ちは離れていきます。

たとえば、自分に非があるのに認めず問題解決の努力をしないことや、相手の冷たい態度の原因を考えないようにしているなどです。

彼氏はあなたに対してなんらかのサインを出しているのです。

できるだけ早く原因の深刻さを見極めて対処することが大切です。一度自分のことを親しい人に聞いても良いかもしれません。たまにははっきり言ってもらわないと気づかないこともあるので注意しましょう。

3.気を引くような行動をとる

相手の嫉妬心を煽るような行動は、相手が冷たい時には絶対にしないようにするのが良いです。

恋愛に適度な駆け引きは必要でしょう、しかし行き過ぎるのも問題です。

嫉妬どころか怒りをかってしまい、ふたりの関係に亀裂が入る可能性もあります。

おわりに

今回はパートナーが冷たい時にどうすればいいかを紹介してきました。

相手が冷たい時は「自分のことを理解していない」という気持ちから態度に表れてしまうことも多くあります。

そんな相手のSOSを見逃さず、気持ちをくみ取ってあげることが、またよい関係に戻るための方法ではないでしょうか。

具体的な対処法が知りたい方は、「彼氏が冷たい!そんな時にまず確認したい4つのこと」を参考にしてみてください。

もし相手が何を考えているのかわからないという方は、一度占い師に話してみてもいいかもしれません。

ライントーク占いはアプリから簡単に占ってもらうことができます。ぜひ試してみてください。

LINEで今すぐ相談[スマホのみ]