両想いなのにすれ違いが生じる理由5つ:意外なところに打開策あり?!

記事の著者:Kanako

晴れて両想いになってお互い好きなはずなのに、なかなかうまくいかない。両想いなのはわかっているのに、タイミングが合わずにすれ違いが続く。

うまくいくはずの二人に、なぜすれ違ってしまうのでしょうか?

今回は、両想いなのにすれ違ってしまう5つの理由をまとめました。

1.別れたくないから

将来的に別れたくない。だからそもそも、何も始めないし、始まらないというパターンです。

今、友達としてとてもうまくいっている、という二人に多い例といえます。

将来的に別れて、すべての関係をなくしてしまうことになるのなら、友達として関係を維持しながら長くそばにいたい、と思ってしまうのでしょう。

2.束縛しあうのが嫌だから

両想いで付き合うことになると、相手の行動を縛るみたいで嫌。

相手に束縛されるのも嫌。

付き合う前の距離感が好きで、一人で自由に行動するのも好き、という人にありがちなパターンです。

このタイプの人は結婚しても自由にふるまうことが多いようです。

お互いが自由な性格だったら、すれ違うことなく、うまくいく可能性が高いでしょう。

3.自分に自信が持てない

相手のことは好き。たぶん相手も自分のことが好き。

でも、自分と交際しても自分が相手を幸せにできるかどうかわからない…。

相手にふさわしい、もっと素敵な人がいるかもしれないから、自分は身を引いたほうがいいんじゃないか…。

このように、両想いだとわかっていても必要以上に相手のことを考えすぎてしまって、自分にどんどん自信が持てなくなるタイプの人もいます。

この場合は、相手の答えも聞かずに自滅していくパターンに陥る可能性があり、相手とすれ違いが生じやすいです。
くよくよしすぎるのはやめましょう。

4.どちらかにすでにパートナーがいる

自分に恋人がいる、もしくは相手に配偶者がいるといった場合は、なかなか恋愛に発展させるのが難しいですよね。

このパターンだと、いくら両想いであったとしても、結ばれる可能性は低いといえるでしょう。

どちらか一方にでもパートナーがいる場合は、その関係が先に解決されない限り、すれ違いは改善されないでしょう。

5.周りに気を遣いすぎる

最後に、会社や仲間内など、近いところで知り合った二人に多いケースです。

グループやチームとしてうまくいっている中で、自分たちが付き合うと、みんなの関係性が壊れてしまうかもしれない。

社内の相手なので、会社のルールや雰囲気的にどうしてもアウト。

…といったように、周りの環境に気を遣って動き出せないパターンです。

でも、せっかく両想いなのに、もったいない!

自分たちが付き合うことで、周りにどのような影響が出るのか。いちど冷静に分析判してみると、すれ違いの打開策が見つかるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

せっかく両想いの可能性があるのに、すれ違ってしまうのは悲しいですよね。

心当たりのあるあなた。

動けるところがあれば、行動に移してみませんか?