大人の色気の出す方法4選:内面から美しくなる方法とは?

記事の著者:maria

男性からも女性からも一目置かれるような、大人の色気がある女性に憧れる人は多いです。大人の色気を出せるような女性は、外見だけでなく内面にも日々気をつけています。

メイクや髪型はもちろん、服装、立ち振る舞い、日常の習慣など。見た目や持ち物など目に見えるもののほか、行動や発言まで、大人の女性らしいポイントはたくさんあります。

上質なものに触れるようにする

大人の色気を出すためには、チープなものばかりを選んではいけません。上質なものには独特な雰囲気があります。上質なものを選ぶというのは、必ずしもブランドものを身につけることではないということに注意。

服やバッグ、化粧品などをブランドもので固めていても、上品に見えない女性を見かけます。お金をかけても安っぽい感じになるのは、上質なものが似合う自分になれていないから。

知識や教養を身に着けたり、考え方や話し方、話題の選び方なども磨いていかないといけません。ブランドものが似合うロイヤルファミリーやセレブは、自然に着こなしており、ブランド品を強調しないもの。

まずは部分部分にブランドものを取り入れたり、ブランドものでなくても質に気を遣った高級志向の服を取り入れることから始めましょう。

余裕を持って行動する

大人の雰囲気を持つ人は、普段からバタバタあわただしくしていたり、焦っている様を人に見せることはありません。常に余裕を持って行動しています。

忙しい時ほど人間はミスをしがちです。先を見通して余裕や余白をあらかじめ作ることで、落ち着いて行動ができます。

集合の5分前に行くなど、手軽にできるところから始めていきましょう。

立ち居振る舞いがていねい

品の悪いガサツな立ち居振る舞いでは、大人の色気を出すことはできません。

まず気をつけるべきは姿勢。背筋を伸ばし、足をそろえた美しい姿勢でいるように普段から心がけるようにしましょう。

大声で場所を選ばず話すというのも厳禁。友人との会話が盛り上がってしまうと、どうしても声が大きくなりがちです。本人たちには楽しい会話でも、他人から見ればうるさい騒音になります。

話の内容も悪口や愚痴、ネガティブなものであればあるほど、大人らしさから遠ざかってしまいます。公共の場ではだれが聞いているかわかりません。会話の話題や内容にも気を配りましょう。

言葉遣い

言葉遣いの美しさも重要です。どんなに美しく着飾っていても、乱雑な言葉づかいではとても大人のイメージを持たれることはありません。

日本語には普段あまり使わないけれど、美しく素敵な言い回しがたくさんあります。自分の普段の発言に気をつけるだけではなく、美しい文章に触れたりと、積極的に自分の中に美しい言葉をどんどん取り入れていきましょう。

ただし変に敬語を使って違和感があってしまっては本末転倒。表面の言葉だけでなく、しっかり身につくように大人の教養や考え方も身に着けていきましょう。

おすすめマッチングアプリBEST3

新しい出会いを見つけるのにぴったり!編集部が進める安心・出会えるマッチングアプリ。