すぐ泣く彼女への対処法:ごまかすのはNG

記事の著者:Kanako

女性は男性よりも感情的と言われます。小さな言い争いや、態度など、時には男性にとっては思いもよらないことで彼女が泣き出してしまうことがあります。

そんなとき男性は彼女にどんな事をしてあげたらよいのでしょうか。

今回はそんな「すぐ泣く」彼女への対処法を考えてみました。

彼女がすぐ泣く理由

女性特有の要因

涙を流すには、「プロラクチン」というホルモンが作用します。このホルモンは子どもの頃は男女共に量は同じくらい持っています。

しかし、母乳を出す働きをするホルモンのため、成長期になると女性は男性より50%以上、増加する傾向にあります。

そのため、子どもの頃は同じくらい泣くが、成長すると圧倒的に女性だけが泣く頻度が増えるようになっているとされています。

また、感覚や感情を司る右脳が女性の方が太い構造になっているため、感動して泣くことが多いのです。

寂しい

女性は忙しい時や嫌なことがあった時、深夜の時間などに恋人に会いたくなるのです。

会えない時間が長ければ長いほど、寂しくなり泣くことがあります。

電話などで「会いたい」と泣かれてしまうこともあるでしょう。

傷ついた

人間関係や仕事などで、不意に言われた一言で傷ついてしまったり、言った本人は軽くからかったつもりでも受けての女性は傷ついていることもあります。

その時は我慢をしてこらえていても、帰宅した時やほっとした瞬間に涙が溢れてくるのです。

泣く彼女の対処法

落ち着ける環境を整える

泣いている女性は感情的になり、興奮してしまっている場合があります。

その時はまず彼女が落ち着いて、気持ちを整理できる場所に連れて行ってあげましょう。彼女が次第に落ち着き、自分の感情をコントロール出来たら次のステップに進むようにします。

優しく接する

泣いている彼女には、「彼と一緒なら泣いていても大丈夫だ」という安心感をまず与えてあげましょう。

女性が泣いていると男性は居心地が悪く感じるものですが、決してそのようなことは態度には出さず、涙をふくためのハンカチを用意したり、そっと体に触れるなど、彼女のストレスにならない範囲で優しく接しましょう。

ごまかさず誠実に接する

突然の彼女の涙にはどうしても動揺してしまいますが、その動揺をごまかすために彼女に怒りをぶつけたり、逆に笑いに変えようとしてはいけません。

泣いている彼女はもうすでに感情的な状態になっています。そのようなときにさらに別の感情をぶつけても、さらに混乱を招くことになりかねません。

解決策を出す

これは彼女が泣いている原因が分かっているときにはとても有効な方法です。

例えば会える時間が少なくて泣いているのなら、次の予定の提案をしてみたり、小さな言い争いが原因なら、あなたから謝るというのも一つの方法です。

まとめ

男性と女性ではストレスの感じ方や、解消法も違うものです。大事なのは彼女の目線で考えてあげるということです。

彼女自身、なんで涙を流しているのか分からない時もあります。また、女性特有の減少で、男性よりも年を取る毎に泣きやすくなっていきます。

そのため、泣く彼女を「面倒な女」と思って突き放すのではなく、いろんな対処法を試してよりよい関係を築いていってください。