withでモテるプロフィールはこれ!いいねをゲットするコツを紹介

記事の著者:Kanako

メンタリストのDaiGoさんが監修してマッチングアプリ・withが話題です。心理学を用いた相性診断などで効率よく相性のいい人と出会えるという口コミも耳にします。

しかし、withを使っていてもなかなかいいねがもらえずに、いい人に出会えない人がいるのも事実です。そんなときはプロフィールを工夫してみましょう。

今回は、マッチングを成功させるために重要なプロフィールの書き方に注目して、どのようなプロフィールを作れば良いのか、また、あまりおすすめしないプロフィールの作り方などを紹介していきます。

まだwithに登録してないという人は無料で登録できるので、ぜひ試してみてください。

[無料]withで出会いを探す

目次

withでプロフィールが重要な理由とは

withに限らず、マッチングアプリのほぼ全てにおいて言えることが、雑なプロフィールのアカウントはマッチングしにくいということです。つまり、プロフィールはマッチングアプリにおいて非常に重要な役割を担っていることになります。

プロフィールが重要な理由は、警戒すべきアカウントか安全なアカウントか区別するために見られることが多いからです。どれほど定評があるマッチングアプリでも、業者のような警戒すべきアカウントは必ず一定数は存在します。

そのため、利用者はそうしたアカウントの区別をするため、相手のプロフィールを注意深く見るという方法を取ります。

テキトーなプロフィールである場合には、業者でなくても「このアカウントは警戒すべきだ」と思われてしまう可能性があるため、プロフィール作りは重要なものと言えるでしょう。

プロフィールをしっかり作ることのメリット

withでプロフィールをしっかりと書くことは、異性に対して業者ではないことをアピールするとともに、本気で恋活や婚活をしていることを知ってもらうことにつながります。

マッチングアプリは、初めての出会いがネット上であるため、対面で会うときよりも相手に関して知る情報が限られてしまいます。

そのため、ユーザーの警戒心が強く、業者やサクラ、または本当に会う気があるのかわからない人などはマッチングに至りにくくなります。
 
プロフィールをしっかりと作るということは、そういった警戒心を持たれることもなくなり、順調に「いいね」の獲得数を増やしていけるというメリットがあります。

withに登録してすぐに、しっかりとしたプロフィールを作ることは多少めんどくさく感じてしまうこともありますが、マッチングへの近道だと思って取り組みましょう。

ダメなプロフィール(自己紹介文)の特徴3つ

ここではwithでダメなプロフィールの例をあげていきます。プロフィール写真はもちろん、プロフィール欄の他の情報に関してもしっかりと埋めましょう。

プロフィール写真が自分かどうか認識できないものであったり、明らかに嘘っぽいものであると業者かどうか疑われてしまいます。

プロフィール欄の他の情報もできる限り埋めることで信憑性が上がり、マッチング率も高くなるでしょう。悪い例と同じでないか、一度自分のプロフィールを確認してみてください。

1.サクラや業者と間違えられる

誰でもいいから会いたいというようなプロフィールでは、サクラや業者に間違われてしまいます。業者はwithのユーザーからお金をとることを考えていて、マッチする人は誰でもいいのです。

だから、誰でもいいから会いたいという旨のプロフィールだと、「この人は誰でもいいからマッチしたいのかな。もしかすると業者かも」と思われてしまいます。

しっかりとプロフィールを埋め、どんな理由でwithに登録したのかまで書けるといいでしょう。

2.情報量が少なすぎる

プロフィールを見るということは、その人がどんな趣味を持っているのか、どんな人を求めているかなどの情報を見たいという意志の表れです。

せっかく異性の方が興味を示して、プロフィールを見に来てくれたのに、肝心のプロフィールの情報量が少なすぎると見てくれた方も「いいね」を送ったりはしてくれません。

できるだけ、自己紹介の部分では、自分についての情報を詳しく書き、見に来てくれた人とのその後へ繋がるようなものにしましょう。

プロフィールに書いておくべきオススメの項目は、趣味や休日の過ごし方です。これらをしっかり書くと、あなたのイメージが湧きやすく、マッチング後にも話題にすることができます。

3.ダラダラと長く書きすぎる

先ほど、情報量を多く入れることが大事ということを書きましたが、いくらそうであっても文字数とのバランスは大事です。ダラダラと似たようなことや情報をただ羅列したようなものはあまり良い印象を与えることができません。

文章を書くことが苦手な人は、それぞれの最低限相手が知りたい情報であるマッチングアプリを利用する目的や自分の趣味や自己PRなどを入れるよう心掛けましょう。

プロフィールでは、あなたが書きたいことではなく、相手が知りたいことを書く、というのが重要です。

いいねがもらえる人のプロフィール(自己紹介文)の特徴3つ

前のところで悪いプロフィールの例について書いてきましたが、逆にここでは良いプロ―フィールの例について紹介していきます。

良いプロフィールとは文の長さが適切相手が求めている情報が含まれているプロフィールのことです。

いいねがもらいやすいプロフィールを書くことで、よりマッチング率を高めていきましょう!

1.丁度良い文の長さ

親しみやすい文章というのは、丁度いい長さの文になります。ダメなプロフィールのところでご紹介したとおり、ダラダラした文章や簡潔すぎる文章はあまり親しみやすいものではありません。

「いいね」がもらえる人のプロフィールは総じて文の長さが丁度良くなっています。その文量はだいたいスマホで半分フリックするくらいの文章であり、200字~300字が適切だと言えます。

内容だけでなく、読む方の気持ちになってこうしたポイントもしっかりと抑えることでいいプロフィールになります。是非参考にして、プロフィールを書いてみてください。

2.相手が知りたい情報を入れる

withでいいねをもらえる人のプロフィールは、情報が多いだけでなく、しっかりとニーズにあった情報を書いているという共通点があります。ニーズにあった情報とは、つまり相手が知りたい情報ですね。

年齢や仕事などの基本情報はもちろん、趣味なども相性を判断する上では重要な情報です。また、タバコやお酒も絶対にNGという人がいますので、これらに関しても伝えられるといいでしょう。文章の中で、誠実さや真面目さを伝えられるとなお良いでしょう。

いくら多くの情報が書いてあっても、相手が知りたい部分を書いていないと、マッチングにはありつけません。自分のプロフィールは本当にこのマッチングアプリのニーズにあった情報を公開しているのかを確認しましょう。

3.警戒されないプロフィール

警戒されないプロフィールというのは、基本的にルールさえ守れれば、誰にでも作ることができるものです。もちろん「いいね」をたくさんもらっている人のプロフィールは警戒されていないからたくさんの人が集まるので、このことには一番注意を払いたいですね。

ポイントは、出会いたいという欲が見え見えのものにしないということです。切実に出会いたく思い、そのように書いてしまう方もいるかとは思いますが逆効果になります。

このポイントを押さえれば、今まで書いてきたプロフィールのポイントを抑えるだけで「いいね」がくるプロフィールを作ることができます。

プロフィールに困ったら独自の機能が便利

プロフィールのいい例と悪い例を見てきました。それでも、文章が苦手な方や例を参考にしてしてもあまり成果がなかった方はどうすればいいかわからなくなってしましますよね。

withではそんな方に向けて、人気が出るプロフィールづくりの手伝いをしてくれる独自の機能があるのです。

1.自動作成機能

withには、いくつかの質問に答えることで自動で自己紹介文を作ってくれる機能があります。質問といっても1分ほどで答えられる簡単なものなので気軽に利用できます。

さらに、これで作成された自己紹介によってマッチング率が2.8倍になったというデータもあるようです。

2.人気会員の自己紹介が見られる

自己紹介文を考える際に、できれば人気会員を参考にしたいですよね。多くのマッチングアプリは同性の自己紹介を見ることが出来ませんが、withでは同性の人気会員の自己紹介文を参考にすることが出来ます。

同じページ上で、人気会員のプロフィールを見ながら、自分のプロフィールの修正ができるので簡単に変更することが出来ます。

複数人のプロフィールを見ることが出来るので、自分にも当てはめられそうなものが見つかるはずです。

完璧なプロフィールのつくり方

今までプロフィールの自己紹介文をつくるコツについてご紹介してきましたが、それが終わるとプロフィール項目というものが最後にあります。

プロフィール項目を入力することで、より自分の情報を相手に伝えることができ、また相手からの検索にも引っ掛かるようなアカウントを作ることができるので非常に重要です。

withで埋めるべきプロフィール項目は30近くあります。その中でも、職業・年収・学歴・年齢・趣味の5つは必ず埋めていきましょう。その5つを埋めた上で、埋めれるところはできる限り全て埋めることができれば、完璧なプロフィールの完成です。

このプロフィール項目はめんどくさがって埋めない人もいますが、検索条件に関係するのでできるだけ埋めておいたほうがあなたのプロフィールが女性の目に触れる機会が増えるでしょう。

最後に、withでプロフィール項目の重要なものをピックアップしてポイントを紹介していきます。

職業

職業は女性が最重視する項目の一つです。女性が求めていることを考えながら戦略的に記載していきましょう。例えばあなたが地方在住であれば、その地方の有力企業の名前を使うといいでしょう。

例えば車の部品メーカーに勤務している場合、「トヨタの孫請け会社で車の部品造っています」と書くと信頼度がアップします。

また、うまく言葉を言い換えて印象のよくなるように書きましょう。極端な例ですが、スーパーのレジ打ちをしている人は、小売業スタッフと書くと印象がよくなります。

身長

女性は背の高い男性が好きという人が多いです。そのため、検索条件で165cm以上や170cm以上で足切りを行います。

もしあなたが163cmだった場合、160cm〜165cmというカテゴリーは選ばずに、165cm〜170cmというカテゴリーを選びましょう。検索結果で引っかからないという可能性が低くなります。

たばこ

たばこを嫌う女性は非常に多いです。やめられるのであればやめて「吸わない」を選択することが無難です。もしやめられないようだったら、「ときどき吸う」にしましょう。

子供が欲しいか

マッチングアプリなので「ほしくない」を選択すると印象が悪くなります。それ以外を選びましょう。

休日

相手の女性に合わせて書いていきましょう。例えばあなたが客室乗務員と付き合いたいと思ったら、休日は土日と正直に書いてはいけません。なぜなら彼女たちはシフト勤務で休みが不定休だからです。

なので、日曜と平日休みなどと書くのがいいでしょう。会う段階で予定を合わせるときは、「配属が変わったから休みが変わった」などと臨機応変に対応しましょう。

お酒

お酒の好き嫌いは分かれます。あなたがよっぽどのお酒好きで、お酒好きな人と付き合いたいのであれば別ですが、そうでなければ「ときどき飲む」が無難でしょう。

趣味

趣味も求める相手に合わせて記載していきましょう。間違ってもあなたが好きなことをつらつらと独りよがりに書いてはいけません。

比較的おとなしめな女性がタイプの人は映画やアニメなどインドア系の趣味を書くといいでしょう。逆に女性と色々なところに出かけたいと思う場合はドライブやスポーツなどを書いてアクティブな女性の目を引きましょう。

写真

プロフィールは文章だけではなく、写真も重要になってきます。写真によって相手への印象が大きく変わるのです。また、写真を載せることで、相手の警戒心を解くこともできます。

どんな人なのかが分かりやすいものや、明るい印象を与える写真を選びましょう。withのプロフィール写真については、以下の記事に詳しくまとめているので合わせてチェックしてみてください。

  • いいねが集まるwithのプロフィール写真の特徴とポイント
  • 好みを最大限に活用しよう

    withのプロフィールページで他のマッチングアプリよりも重要だと考えられるのが「好み」です。好みはwithの中でのサークルのような存在で、同じ好みに属していると、その個数に応じて共通点の数がプロフィールに表示されます。

    共通点が多いと親近感を感じやすいので、積極的に好みを選択していきましょう。多く登録しておくほど、より多くの女性と共通点が増えるのでおすすめです。

    なんでも好きなものを登録しておけばいいというわけではなく、ギャンブルなど良い印象を持たれにくい趣味については伏せておいたほうが良いかもしれません。

    お酒やカフェなどは好みに登録している人も多いので、好みに登録するといいでしょう。また、映画や好きなミュージシャンも話が広がりやすいので登録しておきましょう。

    好みベストでさらにアピール

    何個でも登録できる好みとは別に、その中から特に好きなものを3つ選ぶ、好みベストという機能があります。この好みベストは、60文字のコメントも載せることができるので、より詳しく趣味や自分のことについて知ってもらうことができます。

    好みだけでなく、この好みベストを活用することで、より自分に興味を持ってもらいやすく、共通点も見つけやすくなるでしょう。

    好みや好みベストの登録は、自己PRの役目だけではなく、メッセージでの会話のネタになるので、積極的に活用することがおすすめです。

    つぶやきには何を書くべきこととは

    ここまで、悪いプロフィールと良いプロフィールについて紹介してきました。

    ここからはプロフィールに含まれるつぶやき機能の活用方法について紹介していきます

    つぶやきはプロフィールに書ききれないような自分についての情報を書くことができるのでぜひ活用しましょう。つぶやきでは積極的に好みなどを書いていくと良い印象になります。

    自分が求める人の特徴・ログインする時間をつぶやく

    withには、つぶやきという機能があります。これは、プロフィール写真と一緒に表示される30文字程度の文章のことで、そのつぶやきを異性の人が見て、プロフィールを見てもらえることがあります。

    しかし、Twitterなどと同じようなつぶやきや何の情報も得られないつぶやきなどをしてしまっては意味がありません。どんな人がタイプなのか、ログイン時間はいつなのかなどを書くといいでしょう。

    つぶやき例①

    明るくて元気な人がタイプです

    つぶやき例②

    平日は20時〜23時ころにログインします

    withで恋人を作ろう

    今回の記事ではwithにおけるプロフィールの重要性とプロフィール作成のポイントを紹介しました。withは心理学を利用して相性のいい人とのマッチングを実現する新感覚のマッチングアプリです。

    しっかりとプロフィールを作れば、相性のいい人とマッチングする可能性もグンと上がります。

    マッチングアプリの利用を迷っている人、または今まで使ったマッチングアプリではいい出会いがなかった人は、記事を参考にしてwithで魅力的なプロフィールをつくり、いい出会いを見つけましょう。

    [無料]withで出会いを探す