withでブロック・非表示するとバレる?された理由についても紹介

記事の著者:Kanako

メンタリストのDaiGoが監修するマッチングアプリwithですが、関わりたくない人がいて困ってる、相手と音信不通になってしまったと悩んでいる方はいませんか?

ブロックと非表示機能は、with内で相手との関係を断絶するために使うことができる機能です。

今回はwithのブロックと非表示機能とは何なのか、使い方、自分がされた時の対処法をご紹介します。

[無料]withで出会いを探す

目次

withのブロックと非表示機能とは

withのブロックと非表示機能の違い

まず相手をブロックすると、双方が相手のプロフィールを見ることができなくなります。

これまでにマッチングした履歴、メッセージ履歴を始め交流した形跡も全て消去されるのです。

一方、非表示は、こちらに対象のプロフィールが一切表示されなくなり、メッセージも届かなくます。

しかし、非表示にした相手から、こちらのプロフィールを見ることができます。

withのブロックと非表示のやり方は?

withのブロックと非表示のやり方は、同じ方法でできます。

ブロックあるいは非表示したい相手のプロフィールにいって、右上の「・・・」をタップします。

すると、「ブロックする」「非表示にする」というボタンが表示されるので、それを押すだけで完了です。

ブロックと非表示は解除できる?

withでは、一度したブロックは解除することができません。

しかし、非表示の場合は、解除することができます。

ブロックをする際は、絶対に関わる可能性のない相手に限ってするようにしてください。

withで万が一ブロックや非表示された時に知る方法はある?

withでもしもブロックあるいは非表示された時に知る方法はありません。

ブロックされた場合は、トーク履歴と足あと履歴、自分がしたいいね履歴から相手のプロフィールが消えるので、もしもこの3つが消えていたらブロックされた可能性が高いといえるでしょう。

一方、非表示にされた場合は、相手のプロフィールは見ることができるので全く気づけません。

しかし、withのVIP会員に入ると自分の送ったメッセージに既読がついたかを知る機能があるので、ずっと未読の状態が続いているのであれば、非表示にされている可能性はあるといえます。

withでブロックや非表示をされた理由

マッチングしてメッセージのやり取りをしていた相手が、突然一覧から消えた…。そんな経験があるひともいるかもしれません。

ブロックや非表示をされてしまったかもしれない、そんな時はくよくよ落ち込まずに、原因をきちんと理解して次に活かすことが重要です。

1.他に良い相手が見つかった

withだけではなく、マッチングアプリによくあることですが、特に女性の場合は1人に対して複数の男性がいいねをします。

いいねをもらった中で、より良い人がいた場合は、めんどうなことを避けるために、ブロックや非表示をされる可能性はあります。

2.生理的に無理

いいねをした時点で、生理的に無理だと思われてしまった場合に、ブロックや非表示されることがあります。

プロフィール写真、自己紹介文、送られてきたメッセージの内容などで、これ以上関わるのはめんどくさそうだと思われてしまうのです。

LINEなどのSNSとは違い、相手は一度も会ったことがない相手なので、案外簡単にブロック、非表示をされてしまいます。

3.メッセージをしつこく送っている

ほぼ確実にブロックか非表示をされるのが、このメッセージをしつこく送っているパターンです。

彼氏でも、彼女でもないにも関わらず、返事がないからといって何件もメッセージが来たら、ブロックや非表示をして、関係を絶とうと思うのは当然ですね。

4.これ以上進む気がない

withはあくまでも恋活・婚活をするもの。メッセージのやり取りも、友達とLINEをするのとはわけが違います。マッチングして、メッセージを送り合っていたとしても、会話がつまらない、なんか違うと感じたら、即切り捨てる人も少なくないでしょう。

これ以上進展する気がしない、と感じた相手にわざわざ時間を割いてメッセージを送り合うほど暇じゃないのです。ブロック、非表示をされたかも、と感じた場合は、縁がなかったと考えて次に進むようにしましょう。

こんな時は即ブロック・非表示!


マッチングアプリで婚活・恋活を始めれば中には不快に思う人、良い人だけどちょっとうざいかな…という人も出てきます。

また、めんどくさいことに巻き込まれないためにも、おすすめのブロック・非表示の活用法をご紹介します。

1.サクラや業者らしき人は迷わずブロック

業者とは悪質な外部サイトに誘導したり、LINEのIDを収集して、利益を得ようとしている人たちです。

しつこくメッセージを送ってきたり、もはやメッセージ一覧に表示されているだけでも、目障りだと思うのでブロックするのをおすすめします。

withには、サクラはいませんが、業者は少なからずいるようなので、万が一いた場合は即ブロックです。

2.ネットワークビジネスの勧誘

ネットワークビジネスの勧誘とは、アフィリエイトや投資、セミナー、情報商材など劣悪な商品の購入を勧める人たちを指します。

メッセージで商品ページや、セミナーの話をしてきたり、実際に会ったら怪しい勧誘をされたという方はすぐにブロックか非表示をしましょう。

  • withにいる悪質ユーザーの見分け方とは?
  • withブロック・非表示まとめ

    ブロック機能を正しく使うことができれば、より安全に、よりスムーズに恋活・婚活を進めることができます。また、自分が相手にブロックや非表示をされていると感じた時は、どうしてされてしまったのかを考えてみましょう。

    そうすることで、相手がどのようなことを望んでいたのか、また、異性にはどのようにするべきなのかが見えてくるはずです。多くの人と出会えるマッチングアプリなら、次の良い人も見つかるはずです。

    [無料]withで出会いを探す