youbride(ユーブライド)とおさらば!退会の方法や注意点を徹底解説

記事の著者:Kanako

リアルに結婚を考える男女が登録しているマッチングアプリのyoubride(ユーブライド)。

しかし、お付き合いをする相手ができたり、他に気になるマッチングサービスを見つけたりした場合は、ユーブライドを退会したいと考える方もいるのではないでしょうか。

そのような方のために今回は、退会の手続きや、退会を検討する場合のデメリットを紹介します!本格的に退会を考えている方だけでなく、少し退会しようか悩んでいる、という方もぜひ参考にしてみてください!

目次

1.退会方法を手順を追って紹介!

いざユーブライドを退会しよう!と思っても、なかなか退会の方法が分からずに悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

他のネットのサービスにも当てはまるように、退会の手順とはなかなか分かりにくいものです。

以下では、ユーブライドの退会手順を分かりやすく、手順を追って説明していきます!

1-1.スマホアプリからの退会方法は?

ユーブライドをスマホアプリで使っている方は、以下の方法で簡単に退会することができます。

1.アプリを開き、右下の「メニュー」をタップ。そこから「各種設定」を選択。

2.設定画面から、「休会/退会」欄の「退会」をタップ。

3.退会理由とパスワードを入力。

4.入力内容を確認し、退会完了。

この手順で退会の手続きは完了します。ただ、後にもご紹介しますが、退会にはいくつかのデメリットもあるので、本当に退会していいかどうかをしっかり考えてから退会してください。

1-2.ブラウザからの退会方法は?

ユーブライドをブラウザで利用している方の退会方法は、以下の手順となります。

1.ホーム画面から、ブラウザ右上の「マイ設定」を開きます。

2.画面最下部の「退会する」ボタンをクリックします。

3.退会理由とパスワードを入力し、退会します。

4.入力内容を確認し、退会完了です。

スマホ版と行う内容はほとんど変わらないので、普段自分が良く利用しているほうの端末で退会手順を行いましょう。

2.退会する時に気を付けるべきことを2つ

退会することを決心したとしても、退会の前に気を付けておきたいことが2つあります。

退会する前に、まずはどんな注意点があるのか、しっかり確認しましょう。

2-1.メッセージなどのデータが消えてしまう!

1.やりとり相手とのメッセージ履歴

2.プロフィールやお相手希望などの登録情報

上記の2点は退会してしまうとユーブライドから履歴が完全に消えます。そのため、少しでも再開する可能性がある場合は、退会でなく、休会をするのがおすすめです。

休会すると、ユーブライドの全てのサービスが使えなくなりますが履歴は残ります。

また、休会の設定を解除することによって、いつでも利用を再開できるので、「今は使えなくても、またしばらくしたら利用したい」という方にはピッタリです。

いいねなどが届かなくなる分、忙しくなった時や、気になる相手に集中したい時などにおすすめ!

2-2.課金したお金はどうなるの?

iTune storeで決済している場合は、解約時、以下の点に気を付けてください。

1.自動更新購読の解除を自分でオフにする必要がある。

2.課金した月の途中で自動更新を解除しても、当月分の利用料金は発生してしまう。

有料会員が退会をする場合には必ず1.の手順を踏まなくてはいけません。これによって契約の自動更新が停止され、自動的に料金が引き落とされることがなくなります。

自動更新購読の解除方法は以下の通りです。

1.iphoneの「設定」を開き、「iTunes StoreとApp Store」をタップします。

2.「Apple ID」をタップし、Apple IDを表示します。

3.「登録」で「Youbride」を選びます。

4.「登録をキャンセルする」をタップし、続けて「確認」をタップします。

この手順を行えば、解除完了です。

「退会前後のお金を無駄にしたくない!」という方は、必ずこの2点を注意しておきましょう!

3.退会するデメリットはあるの?

ユーブライドを今すぐ退会した場合、どんなデメリットがあるのでしょうか。

実は、3点ほど確認しておきたいデメリットがあります、ユーブライドを退会する際は、しっかりチェックしておきましょう。

3-1.これまでの活動データがすべて消えてしまう!

ユーブライドは、退会した場合、これまでの活動の履歴がすべて消えてしまいます。また、仮に再度登録する場合も、そのデータは引き継げません。

先ほどもご紹介しましたが、少しでも再開する可能性があり、「再開したときには以前のデータを絶対に引き継ぎたい!」と思っている方は、退会ではなく休会をするのがおすすめです。

3-2.契約プランの日数が残っていても、料金は戻ってこない

契約時に3か月契約で契約した場合、仮に2か月で退会したくても、残りの1ケ月の分のお金は原則的に戻ってきません

退会したい場合でも、「残り日数分の料金がもったいない」と感じる方は、きちんと自分の契約がいつ切れるのかを確認したうえで退会しましょう。

3-3.再開する場合、一からやり直さなくてはならない

仮に、会員活動を再開する場合、写真やプロフィール、ポイントなど全て一からやり直すことなります。

プロフィールの項目を埋め、自己紹介の文を考えて…というのを一からやるのは相当面倒なことです。

その手間と時間を考え、「退会したい」という意思が本当に強いのかをもう一度検討しましょう。

3-4. 退会したくない場合は休会がおすすめ

ユーブライドから離れたいけど、これまでのデータが消えるのはいやだという方は休会がおすすめです。

休会をすると、他のユーザーにプロフィールを見られたときに、休会していると表示されます。

休会をすれば、メッセージの受信ができなくなり、検索にも表示されなくなります。

休会をしたい時は、マイページ右上の「マイ設定」から休会を選び、簡単なアンケートに答えることで、休会完了です。

4.こんな時は退会するのがおすすめ!

退会する決心がついている、という方もいるとは思いますが、そもそも退会したらいいのかどうなのかよく分からない、という方もいると思います。

そこで、以下ではどんな時に退会するべきなのかをご紹介していきます。自分に当てはまる項目がないか、参考にしてみてください。

4-1.恋人ができた!

これは最も喜ばしい退会理由ですね。ユーブライドや他の機会によって恋人ができたなら、相手に誠意を見せるためにもしっかりと退会しましょう

もし付き合った後にもユーブライドを利用して、そのことが相手にバレてしまったら、許してくれる方は少ないはず。

せっかくできた恋人を大切にするためにも、きちんとユーブライドを退会しておきましょう。

どんなに利用しても相性の良い人がいない時は?

「一生懸命ユーブライドを利用して、自分に合う人を探してみたものの、なかなかいい人が見つからなかった」、「自分に合いそうな別のマッチングアプリを利用して、また一から恋人探しを始めたい」と感じる方もいるのではないでしょうか。

そういった場合は、ユーブライドに加えて別のマッチングアプリを使うか、ユーブライドを退会して別のマッチングアプリに専念するのもいいかもしれません。

登録者250万人のOmiaiで婚活

登録者250万人を超えるOmiaiは、ユーブライドのように婚活専用といったマッチングアプリではないですが、真剣に交際相手を探している人が多く集まっています。

ユーブライドは30代~40代の男女が多いのに対して、Omiaiは20~30代の登録者が多いです。

20~30代でユーブライドを使っていて、うまくいかなかったという方は、同年代が集まるOmiaiがおすすめです。

[無料]Omiaiで出会いを探す

真剣に婚活している男女が集まるゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結びは登録者は30万人であるものの、婚活に真剣な会員が多いと評判のマッチングアプリです。

登録している方の8割以上が6か月以内に異性と一度会っているようで、他マッチングアプリと比べても、出会いやすさもトップクラスといえます。

ユーブライドでは年収証明書や卒業証明書の提出が必須ではないため、学歴・年齢・年収の偽造ができます。

しかし、ゼクシィ縁結びでは、収入証明書と卒業証明書の提出が求められるため、学歴・年齢・年収などの婚活における重要な情報の偽造はできません。

より安心・安全に婚活を進めたい方は、ゼクシィ縁結びをおすすめします。

ゼクシィ縁結びに無料登録

また、退会後にまた利用したくなったという人は、以下の記事で再登録について詳しくまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

  • youbride(ユーブライド)の退会後の再開はカンタン!再登録の方法や出戻りのメリットを紹介