男性から誘ってもらえる方法まとめ:気になる人とデートできるかも

記事の著者:marie

気になる人と二人っきりで出かけてみたいけれど、誘いを断られてしまうことを想像してしまうと自分から誘うのはハードルが高く、なかなか行動に移せないという女性は多いかもしれません。

しかし、なかにはデートに頻繁に誘われる女性もいます。実は誘われやすい女性とそうでない女性には、テクニックの差があります。男性が意識してしまう女性の行動やテクニックを紹介。

モテたことがない女性でも、これを試せばきっと男性にデートに誘われやすくなるでしょう。気になる人にアピールしたいときは参考にしてみて。

男性が意識してしまう女性の行動

話していて楽しいと思わせる

男性に意識してもらうためのコツとして大事なのは、話していて楽しいと思わせることです。

つまらない相手と一緒に過ごそうとは絶対に思いません。彼に話していて楽しいと思わせ、相手に自分を意識させることが最初の一歩です。

日頃から彼の好きなことや興味のあることにアンテナを張り、会話についていけるよう準備しましょう。

お金がかかりすぎないということをアピール

モテ男は女性が途切れないため、意外とお金のやりくりには目を光らせているところがあります。そうでなくても、男性は合理的な判断を好むため、必要以上の支出は避けたいのが性。

たとえば旅行に行ったことのある国の数を聞かれた時に多すぎると、この子とは金銭感覚が合わないかもしれない、と思われてしまう場合があります。

かといって少なすぎるのも海外経験があまりないイケてない女性と判断されてしまうかもしれないので、5か国くらいと濁して言うと良いでしょう。

タクシー代は一度は拒む

モテ男はデート後にタクシー代を渡そうとしてくるはず。しかしモテ男は収入があったとしても、リターンに見合わない投資をするのは好きではないので、女子の謙虚さを必ずチェックしています。

自分から金額を答えたり、あっさりともらったりしていては、モテ男からのテストには合格できません。

基本的には断固拒否して、受け取るにしても一度は拒みましょう。このタクシー代は、二回目に誘ってもらうための投資です。

元カレについて聞かれても曖昧な回答を続ける


女子は元カレについてベラベラとしゃべりがちですが、過去の彼と別れた理由などについて聞かれても、事細かな説明はしないようにしましょう。

男性は振った/振られた回数で、女性の性格を判断しようとします。振った回数が多い女性のほうが悪印象で、飽きっぽい女と思われるかもしれません。

もし振られた回数が多かったとしても、細かく話すこと自体が得策ではないので、ちゃんと話し合って別れたことなどをオブラートに包みながら話しましょう。

過去の恋愛経験の話は、女性の人間性が現れるので、簡単に公開してはもったいないです。

相手への関心をわかりやすく見せる

誘われやすくするためのコツとして、「私はあなたに興味あります=誘われても絶対に断りません」という意思を間接的に見せる方法があります。

男性は意外と傷つきやすい生き物なので、自分から誘ってオッケーがもらえるという確信がないと、なかなか自分から最初のデートに誘えません。女性経験の少ない男性は特にその傾向が顕著です。

そのためにも自分から相手に「あなたに興味があります」というメッセージを送り続け、誘わせやすい印象を相手に与えることが大切。

しかし、いきなりわかりやすいアピールをしても品のない女性と思われてしまうかもしれないので、自分の好意は少しずつ小出しにしていくようにしましょう。

外見を女性らしくする

男性は視覚的な刺激にとても弱い生き物です。普段とは違う女性らしい姿を見せた瞬間、男性はあなたを意識しはじめる可能性が高いです。

例えば、いつもはパンツ派でスカートをほとんど履かないという場合は、試しにスカートを履いてみましょう。ちょっと大胆なワンピースを着てみるのもいいかもしれません。

もちろん相手の好みなどもあるので、どのような女性がタイプかをリサーチして、理想に寄せて見せるのもよいでしょう。

さりげないスキンシップ

これも男性をドキッと意識させるのにかなり効果的です。

例えば冬の日に「寒いねー」と言いながら彼の手をさりげなく握ってみたり、彼が風邪気味な場合、「大丈夫?熱は?」というような言葉をかけつつ彼のおでこや頬に手を優しくあててみたりするといいでしょう。

こういうさりげない女性のしぐさに男性は確実にドキッとします。これもあくまでさりげなく試してみて。

LINEやメールの文面で差別化

彼からの返信に絵文字を頻繁に使って可愛くしてみたり、ハートマークやスマイルを使って女性アピールをさりげなく続けてみましょう。

例えば、彼と共通の友達にはシンプルな文面、彼だけにハートマークを使うといった「差別化」をさりげなくやり続けてみてください。「もしかして俺のこと好きかも?」と思わせたらデートに誘われる日もそう遠くはありません。

モテない女でも男性からデートに誘ってもらえるようになるテクニック5選

次に男性からデートに誘ってもらえるようになるテクニックを紹介します。

実はモテない、誘われない原因は、自分の行動を無意識に制限していることが起因しているかもしれません。

隙をつくる

まずは自分が男性からどう見られてるか考えてみましょう。

自分がもし優等生すぎる、また真面目すぎるかもと思ったら、隙をつくる努力をしてみて。たまには羽目をはずしてみてもいいかもしれません。

モテない、誘われない女性の大半は大体「男性慣れしてない」「真面目すぎる」「異性として意識されていない」の3つに分かれます。

自分がもしこの3つのどれかに当てはまるならば、自分で意識して変化を起こしましょう。

男性と接する機会を増やす

男性と接する機会が少ないからデートに誘われないという女性も少なくありません。

その場合は自分から出来るだけ男性と出会う努力をしてみて。例えば友達に誘われた合コンに出かけてみたり、大学、バイトの飲み会やパーティーにも積極的に参加したりと、交友関係を広めてみてもいいかもしれません。

男性と接すれば接するほど自然に自分の良さが出せるようになるので、男性と接する機会を出来るだけ増やすようにしましょう。

外見に気を使う

今まであまりメイクを気にしてこなかったら、自分に似合うメイクを研究してみる、新しいコスメを試してみる、今まで着たことのなかったタイプの洋服に挑戦してみるなど、さまざまな方法で自分を綺麗に可愛く演出してみましょう。

どんな女性でも必ず自分を綺麗に変身できます。そして男性は意外と女性の細かいところをみています。

これまで意識していなかった人ほど大胆に変身することで、男性の興味をひくことは間違いありません。始められるところから始めてみましょう。

笑顔を絶やさない


モテない女性の特徴に、「普段あまり感情を表に出さない女性」というものがあります。男性からしたら、いつもしかめっ面の女性は怖くてデートに誘えないそう。

男性に限らず笑顔の女性を嫌いな人はいません。いつも笑っている女の子は魅力的で、話しかけられやすくなるでしょう。

その際、出来るだけアイコンタクトも取るようにするのがポイント。今日から笑顔美人を目指してみて。

自分が夢中になることを見つける

直接デートに誘われることとは関係なく聞こえるかもしれませんが、自分が夢中になることを見つけてみましょう。

これも男性女性に限らず、何かに熱中している姿は年齢問わず輝いています。恋愛のことばかり考えていると逆にその魅力が薄れてしまう場合もあります。

もし失恋が続いてたりしたら、まずは自分に自信をつけることが第一優先です。完全に恋愛のことは忘れて、自分が夢中になれることを必死にやってみるのも1つの手。

何かの資格を取る、料理やダンス教室に通うなど、何かしら自分が好きで楽しめることを始めてみましょう。

好きなことのスキルを磨くことで、あなたの魅力に引き寄せられてくる男性がいるかもしれません。

誘われたい男性が見つからないときも

モテる女性とモテない女性はそんなに大差ありません。一番大事なことは、自分の魅力を磨くこと。さらに言えば、自分に自信を持つことも大事です。

このテクニックは男性にモテるために大事ですが、なかなかそんな相手も見つからないことも。身近で見つからない場合は、マッチングアプリで出会うという選択肢もあります。

マッチングアプリのゼクシィ縁結びは結婚準備雑誌のゼクシィが運営するマッチングアプリです。

ゼクシィ縁結び

縁結びの名の通り婚活を前提としたアプリで、価値観の合う相手と出会うことができます。

細かくプロフィールを埋めることで、男性側から声をかけてもらうことも増えます。自分で書くプロフィールの他に選択する欄も多くあるので、何を書くか悩む必要はありません。

検索機能は年収や初回デート費用の分配比などまで詳しく設定でき、自分とのマッチング率を表示してくれるので変な人にひっかかる心配も少なく安心です。

無料で登録できるので、どんな男性がいるかチェックしてみては。

ゼクシィ縁結びに無料登録

おすすめマッチングアプリBEST3

新しい出会いを見つけるのにぴったり!編集部が進める安心・出会えるマッチングアプリ。