withでのデートを成功させるコツ:メッセージを使って好感度UP!

記事の著者:Kanako

withでマッチングした人といい感じの雰囲気だと感じたら、デートに誘うというステップに進んでみましょう。

しかし、「デートしたい人がいるけど、うまく誘えない」「デートしたいけど、実際会ったら何て思われるか不安」「うまくデートできる自信がない」という方も多いかもしれません。

そこで今回は、withで出会った相手とデートするまでのコツ、デートの注意点、よくある不安ごとについて紹介します。

デートしたいけど心配ごとが多いという方の参考になると嬉しいです。女性へのアドバイスも載せているので、ぜひチェックしてください。

[無料]withで出会いを探す

目次

デートまで繋がるメッセージのコツ


デートをするためには、相手に対して会ってみてもいいかなと思ってもらう必要があります。

相手の文章のテンション・量に合わせる

お互いのテンションや連絡の頻度が合っていないと、メッセージのやり取りは苦痛となってしまいます。そのため、文量や頻度、テンションはなるべく相手に合わせるようにしましょう。

例えば、1行のメッセージに対して7行で返してしまったり、自分だけが「!」を多用してしまったりすると相手はメッセージを返すことが億劫になってしまいます。

メッセージは対面と違って文面を考える時間があるので、十分に気をつけながやり取りをしましょう。

自分の話ばかりしない

会話の基本ですが、自分の話ばかりをせず、相手の話をしっかり聞くことも大切です。

対面の会話と一緒で、メッセージのやり取りでも1人が一方的に話していると、話を聞いている方は退屈になってしまいます。自分が話過ぎてしまったと思ったら、相手の話もしっかり聞くようにしましょう。

同じ趣味・好みの話をする

好感度の高いメッセージのやりとりをするために一番の近道となるのは、話が盛り上がることです。

そのためには、好きなものの話やお互いに興味のある話をするのが一番良いでしょう。

趣味や好きなものの話をしていると、映画が好きなら映画に誘ったり、カフェ巡りが趣味ならオススメのカフェがあると言ってみたり、デートへと繋げやすいです。

自慢話・自虐的な話をしない

自分のことをアピールしたいという気持ちから、自分の自慢話をする人がいます。しかし、そういった話題は相手に敬遠される原因になりかねません。

自慢話は、聞き手と話し手の差から発生します。例えば、学歴、家、お金、旅行などです。

一方、何かと理由をつけて、自己評価を低く話すのも、聞いてる相手が反応に困りますし、明るい雰囲気にはなりません。

以下の記事では、withのメッセージのコツについてまとめているので合わせてチェックしてみてください。

  • withでメッセージを続けるコツ:メッセージ付きいいねを活用しよう!
  • withでデートに誘うタイミング


    マッチング後メッセージのやり取りを重ね、どのくらい経ったらデートに誘えばよいのでしょうか?

    送受信数合わせて5通までの段階では、若干早すぎるため、相手にヤリモクなのではという印象を与えかねません。

    少なくとも1週間は毎日メッセージのやり取りを続けましょう。そして、その後は相手のやり取りでの印象を見ながら時期を見極めるのがポイントです。

    相手が自分のことをよく話してくれたり、こちらにも関心を持ってくれているなと感じたら、デートの誘い時でしょう。

    デートの誘い方

    マッチングしても、デートをして実際に会うことができなければwithを使う意味がありません。

    1.withの好みベストを活用する

    withには好みベストという、自分の好きなカテゴリーを3つまで登録し、具体的に好きな理由まで紹介することができる機能があります。

    メッセージしている相手が登録している好みベストの項目に合わせて、好きなことや趣味を深堀し、一緒にしませんか?という流れが自然です。

    2.脈略もなく、ストレートに誘う

    いろいろと工夫して、デートに誘う方法を考えるのではなく、ストレートに〇〇さんともっとお話したいと思うのですが、今度ランチしませんか?と誘うのもありでしょう。

    ある程度の期間メッセージが続いていて、多少親交が深まった段階でなら、脈絡もなく誘ってみても成功する可能性は十分あります。

    3.女性から誘うのも全然あり

    女性の方の中には、自分から誘っても良いのかなと悩んでいる人もいるでしょう。しかし、女性から男性をデートに誘うのは全然ありです。

    いい雰囲気の人がいて、向こうがまだ誘ってきていないときは、いつまでも待つより自分から誘っちゃいましょう。

    「〇〇に行ってみたいんですけど一緒に行ってくれませんか?」と言ってみたり、「おすすめの〇〇を知っているので一緒にどうですか?」と言ってみるのがおすすめ。

    〇〇は相手の好みに合わせたごはん屋さんなどにしましょう。女性から誘われて嫌な気持ちになる男性はほとんどいません。

    デートには万全の態勢で!デート前にするべきこと3つ


    デートすると決まったら、しっかりと準備をして万全の態勢で臨みましょう。

    1.デート場所を決める

    デートする場所は事前に決めておき、予約ができる場所であれば、予約をしておきましょう。

    withではデート費用をどうするのか事前に決められますが、相手にも負担してもらう場合は、料金の安いお店を使うのがおすすめです。

    また、初回デートで道に迷ってしまう何てことがあると良くないので、一度行ったことがあるか、迷わずに辿り着けそうな場所を選択するのをおすすめします。

    2.会話が苦手な人はネタ用意しておく

    初対面の異性と話すのに自信がない人は、会話のネタをいくつか用意しておくのがおすすめです。

    会話のネタは、相手の趣味に関して話題を考えておいたり、何を質問するかを考えておくのがよいでしょう。

    例え使わなかったとしても、準備したことによって、不安を取り除いて、デートに臨むことができます。

    3.着ていく服や持ち物を確認する

    特に初めのデートでは第一印象がとても大事です。そして、第一印象は身だしなみによって決まると言っても過言ではありません。

    服だけでなく髪型などにも気を使い、相手に良い印象を与えられるような準備が必要です。頭のてっぺんからつま先まで、しっかりとチェックしましょう。

    また、持ち物にも配慮が必要です。エチケットとしてハンカチなどを持って行くほか、雨がふりそうならば傘を持って行くなど、当日の状況を見て持ち物を考えるようにしましょう。

    最初のデートのプランのおすすめ&NG


    withで会う女性とのデート場所選びは、実際に会ったことがない相手とのデートなためポイントがあります。

    おすすめはカフェやおしゃれな居酒屋

    最初のデートのおすすめ場所は、おしゃれなカフェや居酒屋です。

    ほどよく静かで、料理も少しずつつまみながら食べることができるので、会話も弾むこと間違いなしでしょう。

    NG1:20時以降の遅い時間帯

    20~21時以降に誘うなら、女性を警戒させてしまうため、なるべく避けたいです。

    最初のデートはランチなどのお昼どきか、遅くとも19時くらいがよいでしょう。

    NG2:自分で調理する必要があるお店

    最初のデートで、焼肉や鍋など自分で調理する必要のあるお店はハードルが高いです。

    会話して距離を縮めるのが目的のデートにも関わらず、お互いに気遣いしてしまい会話がぎこちなくなってしまったり、会話に集中できないことがあります。

    NG3:喧噪な大衆居酒屋

    酔った人の騒ぎ声などでうるさい大衆居酒屋もなしです。

    大衆居酒屋で女性のテンションが下がってしまう可能性もありますし、自分たちの会話が聞こえにくく、距離を縮めるためのデート場所には向いていません。

    初デートが勝負!絶対に気をつけるべき5つのこと


    デートの中でも、初デートは特に大事です。

    初めてのデートの印象がよければその後も連絡を取り、お付き合いまで繋げることができるかもしれません。しかし、印象が悪ければそのまま連絡が取れなくなってしまうことも考えられます。

    1.丁寧な口調で!

    デートで会う前は、基本的にはメッセージでの会話のみであると考えられます。口頭での会話が初めての場合は、口調に気をつけるようにしましょう。

    文章での印象と、実際に会って話した時の印象があまりにも違うと、相手は戸惑ってしまいます。基本的には、最初は敬語で話すのが無難です。

    メッセージ内でタメ口で話していた場合でも、最初は敬語で話せばそれだけで笑いが一つ生まれ、その後のコミュニケーションがスムーズに進むでしょう。

    2.待ち合わせの時間の少し前には到着!

    待ち合わせの時間には絶対に遅れないようにしましょう。しかし、遅刻はしていないとはいえギリギリに着いてしまったり、相手をあまりにも待たせることになったりしては格好がつきません。

    少し早めに待ち合わせ場所に着くようにしましょう。

    オススメの待ち方は、待ち合わせ場所近くのお店を見て回ることです。特に本屋ならば、時間を有効に使いつつ、知的な印象を相手に与えることができます。

    3.相手のスケジュールを確認

    デートの1、2日前くらいに相手に改めて予定を確認するようにしましょう。

    予定を確認しておくことで、ドタキャンを回避することができると同時に、マメな印象を与えることができます。

    4.もし女性が可愛くなかったら

    もしも写真と全く違う女性で、かつ許せる範囲ではない女性だった場合、男性はどう振る舞うべきでしょうか。

    いくら見た目が悪かったからといえ、その場で帰るのはよくありません。withで設定していたデートプランは守るようにしてあげるのが良いです。

    ただ、早めの解散や、次の約束は取り付けないというのは構わずするのが、お互いのためにもなります。

    5.お金は男性に頼りすぎないようにしよう

    女性は、デート費用を男性に頼りすぎないようにしましょう。あくまでも割り勘姿勢でいることが大事。男性がはじめから払う気でいたとしても、女性まではじめから払ってもらう気満々なのはよくありません。

    しかし、男性が出さなくていいよと言ったら、素直にお礼を言って払ってもらいましょう。「じゃあ次の時は私が」と言ってみるのも効果的。男性に次があることを意識させることができます。

    デートの後こそマメに!デート後に取るべき2つの行動


    初デートが無事終わっても、その後に相手をほったらかしにしてしまってはせっかくの楽しかった時間が台無しになります。デートが終わったら必ずアフターフォローを行いましょう。

    1.その日のうちにメッセージを送る

    デートが終わった後、その日のうちにお礼のメッセージを送りましょう。

    デート直後に「気をつけて帰ってね」といった文章を送るのがおすすめ。その後、お互いにデートの感想を言い合い、次のデートについて話すというのが理想的な流れです。

    その日のうちにメッセージのやり取りを重ねることで、その後の関係を進展させることができます。

    2.相手からの返信に注意!

    デートの後に相手からメッセージの内容やテンションに注意しましょう。

    デート後の文面には、デートが本当に楽しかったのかどうかや、次に繋げたがっているかどうかが表れます。

    デート前よりもそっけなくなったり、よりフレンドリーになったり、といった変化に敏感になることが必要です。

    相手の対応が以前よりも冷たい、返信が遅くなった場合、相手がもう一度会いたいと思ってくれている可能性は低いと考えられます。その時には、ガツガツいくのは逆効果。連絡を控えめにしましょう。

    反対に、前よりも返信が速くなったり、内容もより踏み込んだところまで話すようになった場合、積極的に話を進めて次のデートに繋げましょう!

    withのデートまとめ

    withで良い人を見つけることができても、メッセージのやり取りだけで終わらせてしまってはもったいないです。タイミングをしっかり逃さずに、積極的にデートに誘いましょう。

    デートに誘えたあとは、1回で終わらせずに2回目のデートに繋げられるよう頑張ってください。この記事で紹介したコツや注意点をぜひ参考に。また、以下に載せているおすすめ記事も合わせてチェックしてみてください。

    性格診断や恋愛アドバイスなど、withならではの機能を活用して、楽しい恋活を進めましょう。

    [無料]withで出会いを探す