恋愛にドキドキを取り戻す方法6つのコツ

記事の著者:Kanako

ドキドキしたいけど、彼氏や旦那さんとの関係もマンネリ化してきてしまったという人は少なからずいるのではないでしょうか?特に不満もないけれど、なんだか物足りない。刺激がないまますぎる毎日はあまりにも退屈です。

喧嘩もなく、落ち着いて安定した関係になることはいい事ですがあまりにもドキドキを感じていないと、マンネリ化して最悪の場合、別れることさえ想定されます。

今回は、ドキドキしたい気持ちを満たせる方法を紹介するので、ぜひ参考にしてマンネリ化した関係を改善してみてください。

恋愛依存体質が原因?ドキドキしたいのはなぜ?

毎日が退屈

退屈な毎日を送っていると、ドキドキが欲しくなります。人間は環境に慣れる生き物です。付き合い始めは何もかもが新鮮で彼と何をしていても楽しいですが、時間が経って慣れてしまうと、好きな人との時間さえつまらなく感じてしまうこともあります。

同じ風景ばかり見続けていると違うものが欲しくなるのは人間の当たり前の欲求ですが、恋愛においてはせっかく築いた安定した関係を壊してしまう要素になりかねません。

恋愛依存体質

恋愛依存体質である可能性があります。落ち着いた関係よりも、常に何か恋愛に刺激を求めてしまっていませんか?付き合っても長く続かなかったり、ダメだとわかっていても離れられなかったりする人は、恋愛依存体質かもしれません。

常に刺激を求め、ドキドキしていたいと感じる方はパートナーとの関係に注意が必要です。落ち着いた関係であっても自ら壊してしまうかもしれません。

感動が足りていない

最近感動してますか?人間は感情の生き物です。感情が動くことによって私たちは生きてることを実感します。なんとなく当たり障りない安定した関係や生活があまりにも長く続くことでドキドキしたいという欲求が生まれてきます。

面倒くさがりが原因?ドキドキしない原因4つ

ドキドキする環境がない

私たちは日頃の生活では基本的に感情を抑えて、我慢して暮らしていることが多いです。平日は家と会社の往復、週末も大体決まった過ごし方をしていていると感情が動くことはなかなかありません。同じような単調な暮らしをしているとドキドキすることもなくなるでしょう。

パートナーとマンネリ化

彼氏や旦那さんとの関係がマンネリ化していいると、当たり前のようにドキドキが無くなります。お互いを知りすぎて情はあるものの、恋愛感情はない。居心地がよすぎて何をしても退屈に感じてしまいます。

一緒にいてもつまらなくなったり、パートナーの返事もそっけなくなり、自分の相手への興味も失いつつあったりしたら注意しましょう。

面倒くさがり

自分とパートナーのどちらか、または両方が面倒くさがりやなケースもドキドキできない原因として考えられます。変わり映えのない毎日に飽き飽きしているけれども、かといって何か行動を起こすのも面倒くさいそれではいつまでもドキドキは得られません。

このタイプは状況を変えることが難しいのが問題です。

感情を共有していない

2人の気持ちが全く離れていると、ドキドキが生まれるはずがありません。共通の趣味を楽しんだり、一緒に新しいことに挑戦して見たり、一緒に映画を見てみたり、何かしら感情を共有できる時間がないと、どんどん気持ちが冷めていってしまいます。

感情を共有して、ドキドキ感を芽生えさせましょう。

視点を180°変えて、ドキドキを取り戻す

日々の生活に変化を起こす

日々の生活に変化を起こす事が大事です。繰り返しになりますが、毎日が同じリズム、同じパターンで進むことはマンネリ化へ最短経路です。パターン化した生活に少しの変化を加えるだけでも、メリハリがつき、2人の生活におどろくほどの新鮮さが戻ってくるかもしれません。

活動時間・場所を変えてみる

活動する時間帯や場所、その手段を変えてみることも有効です。例えばいつもとは違う路線で会社に向かって見たり、一駅分歩いてみたり、違う場所でランチをしてしたりすれば、視点が変わります。視点が変わることで、気持ちがリフレッシュされ、新しい発見もあるかもしれません。

新しいことを始める

新しい事を始めるのは時に勇気とエネルギーがいるものですが、好影響をもたらされることが多々あります。新しい習い事を始めてみたり、ジムに通いってみたり、もしずっとやってみたかった事があるのなら思い切って挑戦してもいいでしょう。

1人で始めるのではなく、2人で共通の趣味をはじめてみればより効果的かもしれません。

相手の見方を変えてみる

どんなに好きであっても、同じ側面ばかり見続けているとなんとなく飽きが来てしまうものです。しかし、時間が経つにつれ相手も自分も変わっています。付き合い始めた頃の魅力とはまた別の魅力が出て来始めているかもしれません。

改めてパートナーのことを見直し、新しい魅力を見つけてみましょう。

イメージチェンジする

外見を変えるのも、とても効果的なマンネリ化防止方法です。新しい髪型にしたり、メイクの雰囲気を変えて見たり、今まで来たことのない系統の服にチャレンジして見たり、外見はさまざまな方法で変えることができます。

自分の新しい一面をパートナーに見せることで、彼もまたあなたに惚れ直すこと間違いないでしょう。

初心にかえってみる

きっと、出会った頃や付き合い始めた頃はドキドキの連続だったのではないでしょうか。ドキドキしたいということは、出会った頃の気持ちに帰りたいということなのかもしれません。

付き合いが長くなるにつれて最初の出会った頃の気持ちを忘れがちですが、写真を振り返ったり思い出話をしたりして、たまには2人で昔の話をしてみましょう。

綺麗になる?!ドキドキするメリットとは

毎日が楽しくなる

ドキドキが生まれる事で毎日が充実したものになるでしょう。その幸せオーラにきっとパートナーもいい影響を得るに違いありません。

綺麗になれる

充実した生活を送っている人とそうでない人の違いは明らかで、雰囲気に現れます。ドキドキして、メリハリのある生活を送っている人は輝いていて、何か特別な事をしなくても自然に綺麗にみえるものです。

活力が湧く

いい感情も悪い感情も伝染します。毎日の生活が充実し、また自分も活き活きしてくるとさまざまな事に対する意欲が湧いてくるものです。パートナーとの関係はもちろん仕事、人間関係など多くのことにおいてポジティブになれるでしょう。

パートナーとの関係が長続きする

マンネリ化したカップルは最悪なケースとして破局も考えられます。ですが、2人で一緒にドキドキする機会をあえて作ること、また自分1人だけでもドキドキすると全体の生活にメリハリが出てきてパートナーにもポジティブな影響を与える事が可能です。

時間とともに落ち着きはもちろん生まれますが、少しのドキドキが関係が長続きさせる魔法となります。

彼をずっと夢中にさせる事ができる

自分の生活が充実すると知らず知らず綺麗になり、その変化にパートナーもすぐに気づくでしょう。ドキドキして、魅力的であり続ければ、パートナーもなんども惚れ直してくれるはずです。

まとめ

付き合いが長くなるにつれて、最初の頃のドキドキは次第に薄れて、安定した愛情へ変わっていくものです。マンネリ時期というものはほとんどのカップルが経験するものだと思いますが、それを防止する事は可能です。

せっかく出会った大切なパートナー、末長く大事にお互い愛情を保っていい関係を続けていきたいくためにも、ぜひこの記事で紹介した方法を試して新鮮な関係を続けてください。

また、もしもドキドキしたいという気持ちがどうしても満たされないのであれば、新しい出会いを見つけ始める時期であるのかもしれません。

Omiai

男性は月額1,950円から、女性は無料で使えるマッチングアプリのOmiai(オミアイ)は、安心安全のアプリであり、数多くのカップルが実際に誕生していることから、人気を集めています。

Omiaiの特徴

  • 累計会員数が360万人以上、日本初・日本最大級のマッチングアプリ
  • 恋活・婚活に真剣な人が集まっており、本人確認などを通じて安心な出会い!
  • Facebookには一切投稿されず、友人に知られることもありません
[無料]Omiaiで出会いを探す