相手に未練を残させない「彼女との別れ方」

記事の著者:Kanako

彼女が未練を残さないように別れるには、自分の気持ちをしっかり伝えることです。あいまいな態度で別れを切り出しても納得もいきませんし、未練も残ります。

奇麗に別れようなんて都合の良い考えは止めましょう。でも、今までつき合ってきた相手のこともきちんと認めるのも大事なことです。

1.まずは自分自身の気持ちに整理をつけてから

なんとなく気持ちが離れた、分かれた方がいいのかな?などとはっきりしない気持ちのまま相手に切り出しても、彼女もなんだか納得もいかないし、態度があやふやなので未練も残りがちです。

彼女も「またつき合う事があるのかも?」と元サヤを期待してしまいます。

気持ちの整理をつけ意志をはっきりと!

自分の中の気持ちの整理がついて、別れる意志がしっかり決まってから切り出しましょう。それだけで雰囲気や態度が変わるものです。

2.何故別れたいのかはっきり理由を言う

「別れたい」と言った時に、女性はまず「どうして?」と理由を聞きます。

それにはっきり答えられないと相手も納得いきませんし、未練も残ります。

きちんとした理由を話す

理由をはっきり相手に告げること。「もっと君にはふさわしい相手がいる」「自分にはもったいない」などという言葉は、奇麗に別れたい、自分が悪者にはなりたくないという男性の一方的な都合の良いセリフです。

相手に未練を残させたくないのなら絶対に言ってはいけない言葉ですね。

3.相手納得しなくても自分の気持ちは離れていることを伝える

なかなか女性が納得しない、別れるのを嫌がるというのは良くあること。

そこで、「君の気持ちの整理がつくまで待つよ」なんて猶予を与えてしまうと、彼女の気持ちに整理なんてつくわけありません。

もう終わったとハッキリ告げる

「君がなんと言おうと自分の気持ちは離れてしまっている」ことをしっかり伝えましょう。

ひどいと思うかもしれませんが、別れる時まで自分を良く思ってほしい、良く思われたいなんて考えていたら、未練の残らない別れ方なんてできません。

案外はっきり言ってもらった方が、女性は諦めがつくものです。

4.相手のことを全否定はしない

別れるからといって、今までつき合ってきた時間、一緒に過ごしてきたことを全否定するのはどうでしょうか。

むしろ、「つき合っていた間は本当に楽しかった、ありがとう」と伝えることは、相手に未練を残すことにはなりません。

付き合っていたのは過去の良い思い出

つき合っていた間のことは認めてくれている、そしてつき合っていた間のことはもう思い出であって現在進行形ではないんだとお互いに確認すること。

こうすることで、女性も気持ちを引きずることなく別れることに納得できると思います。

5.別れたあとも友達としてつき合う?

別れた後も友達としてつき合うのは、別に双方が納得しているのなら構わないと思います。

でも、元彼女が復縁を望んでいるような態度をとってきたり、もしくはそれを意識させる会話やメールを送ってきたりした時に、「そんなつもりはない」と男性側がはっきりした対応をできるかどうかです。

ハッキリした態度を取れないならNG

「そういうのは今の自分に言うのは違うと思う」「そういったことなら俺はできないよ」などはっきりした態度がとれますか?

とれる自信がないのなら、別れたあとは連絡を取り合ったりしない、友達としてもつき合わない方が良いと思います。