彼氏とのLINE・メールの頻度は週2・3回がベスト?既読無視された時の対処法

記事の著者:Kanako

彼氏とどれくらいの頻度でLINEやメールを送るのがベストなのか、という悩みを抱える女性は多いです。相手からメールが来るように誘導できるのがベストですが、なかなか難しいもの。

それに、返信が減ったり来なかったりしたら文章が多すぎたのか心配になりますよね。学生では多くの時間をLINEやメールに費やせても、社会人だと費やせる時間が減ることもあります。

そこで、今回はベストなLINEやメールの仕方を紹介します。

男性にとって、LINEの頻度=好意ではない

彼氏ができると何をしているのか誰といるのかまで気になるもの。毎日でもLINEしたいし、相手からLINEが来ないと不安になりますよね。

けれど、多くの男性はLINEやメールを毎日するのが面倒くさいと思ってしまいがちなので、LINEは要件を伝えるためのものだと理解してください。

また、相手がまめなタイプじゃないなら、好意を持っていてもLINE頻度は低いかもしれません。

そういう人の場合は無理に毎日LINEするよりも、三日に一度くらいのLINE頻度でやり取りするのが相手も自分も気楽です。

男性が考えるLINE・メールの頻度

返信が来なくても慌てずに辛抱強く待ちましょう。返信を送らない理由はいろいろあります。

社会人の彼氏の場合、仕事が忙しく連絡する時間がない場合もあります。

待てなくて、催促のLINEを送ってしまうと相手が返信しづらくなってしまいます。最低3日待ち、それでも待てなかったらその日あった当たり障りのないことを送ってみましょう。

毎日したい

お互いにLINEのやりとりをすることが苦痛でなく、むしろ毎日コミュニケーションをとっていないと不安になるというのであれば、迷わず毎日LINEしましょう。

だからといってずっとそのままで良いわけではなく、お互いに相手が毎日LINEしたがっているから仕方なく付き合っている、ということにならないよう、相手に負担になっていないかを確かめることも時には大切です。

週2.3でいい

あまり間隔が空いてしまうと寂しいけれど、毎日だとプレッシャーがかかるし、忙しくて返せなかった日に相手に罪悪感を感じてしんどくなってしまうこともあります。

また、付き合いたてで毎日LINEしていた時期を少し過ぎて、お互いに落ち着いたときに、まずはこのくらいのペースに持っていけるようにするとLINEが苦痛にならなくて長続きします。

必要な時だけでいい

一見冷めた関係のようにも見えますが、むしろ長続きするカップルほど、適切な距離感を保つことができます。

お互いにお互いの時間を大切にして、無理のない交際ができますが、彼女は実は寂しいのに、こちらに遠慮してLINEを極力減らしている可能性がないかだけ気にしましょう。

1回1回のLINEやメールでコミュニケーションをしっかり取っていけば、回数は少なくても寂しくないはずです。

忙しい時は減らす

普段はかなりLINEのやりとりの頻度が高くても、相手や自分が急に忙しくなったりして、それまでのペースでコミュニケーションをとるのはどうしてもできない時もありますよ。

そういった場合は、まず自分の都合を押し付けないように、相手の想いも考えて、LINEのやりとりの頻度を調節するといいです。

返信しなくても大丈夫、なんて添えて、相手を思いやるようなLINEを送ったりするのもいいですね。

彼氏の仕事や状況でLINEの頻度が変わる

彼氏の年齢や社会人か学生かどうかなどで、LINEやメールに対する考え方や忙しさも変わります。

また、遠距離恋愛の方はなかなか会えないのでLINEやメールは大切なツールになってきます。職業別に分けたので参考にしてみてください。

社会人の場合

理想は毎日連絡を取りたい方が多いようです。しかし、仕事やプライベートで忙しいときは週4~6程度に減らすと相手のためにもなります。

特に、相手が20代や30代の場合は仕事に慣れておらず、忙しい時期と言えるのでLINEの頻度は減ってしまいがちですなので、寝る直前の日付が変わるか変わらないかぐらいのときにLINEするといいでしょう。

しかし、40代以上になると、一人暮らしや仕事にも慣れてきて寂しくなる方もいるので一日に数回はLINEをしても良いでしょう。

また、仕事中に意味のないことを短文で何度も送ることは控えることが大切です。相手の状況をよく確認して、迷惑にならないLINEが愛情の一つです。

中高生の場合

中学生や高校生は相手にかまってほしくて一日に何度もLINEをしてしまいがちです。しかし、長続きするカップル程LINEの内容は簡潔で頻度は少なめです。

多すぎると束縛感を感じてしまい、重いと言われてしまいます。長続きさせるためには友達感覚で会話しましょう。

遠距離恋愛の場合

遠距離恋愛はすぐに会うことができないので連絡が少ないと不安になる方が多いでしょう。カップルによってベストな連絡頻度は変わるので、事前に話し合っておくことが大切です。

毎日連絡を取ると安心しますが、それが重荷になることもあります。お互いの信頼関係が出来上がっていれば週1回でも十分だと感じる方もいます。そのときの状況に合わせて相手を思いやることが大切です。

彼氏が既読無視している時の対処法

即レスはやめよう

彼からLINEが来ると嬉しくなってすぐに返信したくなる気持ちは分かりますが、ここはちょっと我慢。男性は自分とペースのあう女性に好意を持ちやすいと言われています。

できれば彼の文章量と同じくらいの分量。彼と同じくらいの感覚を開けて、返信するのが良さそうです。そうすれば、彼はあなたとLINEしていると心地いいと思ってくれるでしょう。

生活リズムを合わせよう

あなたは時間を気にせずLINEを送っていませんか?相手が仕事をしている時間や夜中にLINEを送ってしまっては返信の確率は下がってしまいます。

相手が返事をしやすい22時頃や、通勤中に読んでもらえそうな時間などを見計らってLINEを送信してみましょう。 

その際は長いLINEを避け、軽く楽しげな文章にしましょう。会話をするように、ぽんぽんとリズミカルにやり取りできるといいですね。

彼氏からくるLINEが面倒な時の対処法

彼氏からのLINEでの連絡は、本来であれば嬉しいものですが、その人の性格や状況によっては、面倒だと感じてしまうこともあります。

相手のことを嫌いになったわけではないけれど、LINEの対応が面倒くさいという時の対処法を紹介。

スタンプを活用

面倒だけど返信しないと角が立つというときは、スタンプを活用しましょう。

会話の時に相槌を打っているようなイメージでしょうか、ひとまずスタンプだけでも返信をしておけば、話を聞いてはいるという印象を相手に与えることができます。

無料のものでも返信に使えるスタンプは多くありますので、面倒だと感じたときぜひ活用してください。

まとめて返信

人によっては、細切れにズルズルと続くLINEの返信が面倒だと感じる人もいます。

そういったときはある程度彼氏からのLINEを溜め、時間があるときに纏めて返信をしてしまいましょう。

敢えて彼女側から返信の頻度を少なくすれば、彼氏も面倒だと感じていることを察してくれるはずです。

直接伝える

一番有効な方法は、面倒であることを直接伝えてしまうことです。

ここで大切なのは、あくまでLINEが面倒なだけで、あなたのことが嫌いなわけではないということもきちんと伝えること。

そうしなければ喧嘩に発展してしまう可能性があります。

LINEでの連絡だけが恋人の仲を取り持つ手段ではないので、きちんと伝えれば彼氏側も理解してくれるでしょう。

彼氏のLINEの返信が遅いときの対処法

焦らずに待つ

LINEの返信が遅いからと、彼氏を急かしてしまうような行為はNGです。

男性というのは不思議なもので、急かされると一気に気持ちが萎えてしまうもの。

余程緊急の用件であるときはもちろん別ですが、それ以外であれば気長に返信を待ってあげましょう。

寂しいということを伝える

彼氏からのLINEの返事が遅いことに不安や不満があるという人は、返信を急かすのではなく、あくまで「寂しい」ということをアピールしましょう。

急かされるとうんざりしてしまいがちな男性も、彼女の寂しいアピールには弱いもの。

どちらも返信を促している行為には変わりありませんが、ただ返信を急かせるだけとは随分と男性側の印象も異なります。

彼とのLINE・メールの頻度に悩んだ時は

LINEやメールで連絡を取り合うベストな頻度は、カップルによって異なります。大切なのは、連絡を取り合う際にお互いが無理をしていないか、ということです。

彼の仕事や生活のペース、理想の連絡頻度を知ったうえで、お互いにとってちょうどいいバランスを見つけましょう。

とは言っても、彼からなかなか連絡が来ないと不安になってしまいますよね。

「彼氏に既読スルーされる」「ずっと未読のままなことが多い」といった悩みを持っている方は、LINEアプリから利用可能なLINEトークCAREで相談してみてはいかがでしょうか?

1分100円~カウンセラーに直接話を聞いてもらうことが可能。トークルームでやり取りをするチャット相談と、通話機能を使った電話相談の2つの方法から選択できます。

彼氏との関係について少しでもモヤモヤしている方は、ぜひ一度試してみてください。

LINEトークCAREで今すぐ相談