合コンに割り勘に対する男性の本音とは:男女で異なる考え方!

記事の著者:なかのみ

「合コンするときには、男性側がおごるのが当たり前」そんな風に考えている女性は多く、多くの合コンの場合において、男性が率先してお会計をする傾向にあります。

しかし、たまに合コンのお会計が割り勘になる場合も。そうなった時、「もしかして男性側はあまり女性陣に気がないのかな?」と悩む方もいるでしょう。

そこで今回は、合コンの代金を割り勘にする男性の本音について解説していきます。また、奢ってくれる場合の男性の本音や、女性側の本音についても解説するのでぜひチェックしてください。

合コンの支払いに対するイメージ

合コンでは支払いを割り勘にするべきか、奢るべきかについては、様々な意見があります。それぞれが、支払いに対してどのようなイメージを持っているのか見ていきましょう。

割り勘派

合コンで割り勘にするべきという人は男性に多いです。割り勘派という女性ももちろんいますが、奢ってくれるならそっちのほうが良いと思っているため、断固として割り勘が良いという人は多くありません。

割り勘派の男性の意見としては、「負担があまりにも大きすぎる」「社会人同士・同い年なら平等に割り勘するのが普通」というものが挙げられます。

中には、可愛い子がいなかった場合や楽しくなかった場合は割り勘、というシビアな考え方の人もいます。

奢る派

合コンで奢りたいと考えている男性の多くは、女性にお金を出させたくないという人や、気前よく見せて格好つけたいという人。

合コンメンバーが可愛かった、気になる子がいたという場合でも、男性の奢りたいという気持ちは高まります。また、合コンが盛り上がって楽しかったときも、男性はお金を出すことに抵抗がなくなります。

他にも、仲良くしておけば今後も合コンで可愛い子を紹介してもらえそうだからという考えから奢る男性も。つながりを持っていれば、何か自分にメリットがあるかも、と今後のことを見据えて投資をしています。

女性は、男性に奢ってもらいたいと考えている人がほとんどです。中には、奢ってもらう前提で合コンに参加している人も。

合コンの割り勘に対する男性の本音

女性からすると、合コンにおいては男性が奢ってくれることを期待してしまう人も少なくないでしょう。男性が合コンで割り勘を提案してくると、少しがっかりしてしまうという人もいるかもしれません。

少しでも男性の気持ちを理解するためにも、合コンで割り勘に対する本音を見ていきます。

1.割り勘しないのが当たり前というような雰囲気だった

「男が奢って当然!」「なんでおごってくれないの?」などというような雰囲気を出してくるがめつい女性には、どんな男性もおごってあげようとは思いません。

「割り勘なんてありえない」という女子の考えこそが、男子からしたらありえない。

男性陣におごってほしいなら、あえて控えめな態度を出すほうが効果的と言えます。

2. 場の雰囲気が盛り上がらなかった

合コンの場が盛り上がらないと、割り勘になることが多いです。

「この子たちとの合コンはつまらなかったな…」と思ったら、再び合コンをしたいとは思わないですよね。そのため、男子もわざわざ見返りのない投資活動はしません。

逆に、女子たちの雰囲気がかなり良いと次に繋げるチャンスだと感じ、自発的に奢りたくなります。

そのため、合コンの場が盛り上がっていないな、と感じたら、盛り上がるように会話を振ってみてください。そうすることによって、「この子たちとの合コンは楽しいな」と感じさせることができたら、男性陣がおごってくれるかもしれません。

3. 合コンには来ているものの、ただ飲みたいだけだった

合コンに来ている男子の中で、「出会いを探したい!」というよりも、みんなでただ楽しく飲めればいいと思ってる男子は意外と多いもの。

その日限りでいいと思ってる、合コン付き合いの場合だと、必然的に割り勘になってしまいます。

そのような相手には、あえて「奢って~」と冗談ぽく言ってみるのが効果的。それでもおごってくれなかったら、次回からその人との合コンは控えてください。

4. 媚びすぎる女子には割り勘にしたくなる

本人は全く気付いていないのかもしれませんが、かなり媚びすぎる女子に奢りの文字はありません。

媚びて気に入られようとしているのが見え見えだからです。男子は、今後なにか買わせられるような気がして気が引けてしまいます。

先ほどもご紹介したように、男性からの奢りを期待しているのなら、あえて控えめな態度を出して可愛い女子を演じるのも手です。

5. ホントにお金がないから奢りようがない

全額払ってあげたいのはやまやまだけど、そこまでの負担を背負えるほどお金に余裕が無いという場合もあります。

一人が金欠だと、みんな公平に割り勘にしようという流れが出来るというわけです。男性側に全額負担する余裕がない場合、割り勘あるいは女性は少額となることも。

合コンはお金がかかるものなので、金欠男性にはきついもの。男性側の財布事情も理解してあげる必要があります。

6. お金のトラブルを避けたい

男性の中には、合コンのときに格好つけて奢ったら、それ以降も奢らなきゃいけないのではないかと恐れている人も。

もし次に女性と二人で会った時に割り勘にしたら、「なんで今回は奢ってくれないの?あたしが出すの?」と女子に言われたり思われてしまうのではと考えています。

はじめに奢ってしまうことで、それが当たり前というような流れを作らないためにも、割り勘を提案すると言えます。

7. 体目的

「体目的で合コンに来ている」というのは、案外多い男性陣の本音。真剣な出会いはあまり求めておらず、「どうせ体目的だから奢ったりするのはもったいない」という考えています。

体目的の女性に対しては、あまりお金を使いたくないと考えている男性は少なくありません。体目的の男性は損得で考えていることも多く、気になった女性とのワンチャンを狙ってあえて奢る場合もありますが、誘えそうな女性がいなかったらお金を出したくないと考えているのです。

いつも割り勘の男子に遭遇したら、相手に下心がないか疑うことも必要です。もし下心がありそうだと感じたら、次回からの合コンは呼ばないように。

8. 同い年にはおごらない

同い年だと割り勘をする人が多いです。相手に対する気持ち次第かもしれませんが、基本的に同い年は友達の感覚が強いので、気軽に割り勘制度を使います。

また、同い年なのに男性がお金を出すのは不公平ではないかと考えている男性も。働いている社会人同士なら、男女関係なくお互い出し合うのが普通だと考えています。

同い年の合コンや年下との合コンはこの傾向が強い場合が多いので、どうしてもおごられたいなら年上との合コンに参加するのが得策です。

9.女性の反応を見ている

女性が支払いに関してどのような感覚を持っているのかを知るために、あえて割り勘にするという男性もいます。割り勘にしようといったとき、女性が嫌がる素振りを見せたり、態度が変わったりするかどうかを見ているのです。

金銭感覚が合うかどうかは非常に重要なことなので、気になる女性がいてもまずは様子見。割り勘に関して何も嫌がらず、当たり前のように受け入れてくれる女性に対して男性は好感を持ちます。

嫌がったり、不機嫌になる女性はあっさり恋愛対象から外れてしまいます。

合コンで奢ってくれる男性の本音

次に、男性が合コンで奢ってくれるのには、どのような本音が隠れているのか見ていきます。

1.可愛い子、気になる子がいた

合コンメンバーが可愛かった、または気になる子がいたという場合、奢ってあげたくなる男性は多いようです。女性にお金を出させたくないと考えている人や、格好つけたいと考えている人もいます。

女性にケチだと思われたくないと考えている男性は少なくありません。改めてデートに誘いたいと考えているときは、奢ることでアピールすることも。

2.盛り上がって楽しかった

合コンが盛り上がって楽しかったら、男性はお金を出すことに抵抗がなくなるようです。楽しそうだったのに割り勘を提案されたという場合は、楽しかったのは女性陣だけで、男性陣は退屈していたのかもしれません。

楽しい時間を過ごしたら財布の紐が緩んでしまうことは、女性にもよくあることです。

3.チャンスがありそう

男性が奢るのは、落とせそうな女性がいたからという場合以外にも、仲良くしておけば今後も合コンで可愛い子を紹介してもらえそうだからという場合も。

交友関係が広い女性やコミュニケーション能力が高い女性など、つながりを持っていれば何か自分にメリットがありそうだと考えて奢っておくという考えの男性もときどきいるようです。

今後のことを考えて、あらかじめ投資しているのでしょう。

合コンでの割り勘に対する女性の本音

合コンで奢ってもらえることを期待している女性は少なくありません。そこで、割り勘に対しての女性たちの本音を見ていきます。

1.割り勘はありえない

合コンで全額奢るなんて無理、という男性の本音とは反対に、合コンで割り勘なんてありえないという女性の本音。

そもそも男性に奢ってもらうつもりで出席したという人は、割り勘だと聞いて一気に冷めてしまうこともあります。相手が年上や収入が良い男性の場合、こんくらい奢ってよと思うことも。

割り勘でも、100円単位や10円単位まできっちり分けて請求されると、ケチな男性だという印象を受けてしまいます。

2.脈なしだった

合コンの支払いが割り勘であった場合、男性は楽しくなかったのだろう、良いと思う人がいなかったのだろうと察してしまう女性もいます。

女性の中には、割り勘か全額奢りかで、男性陣も楽しんでくれたのか、脈アリなのかを判断しているという人も。

3.少額なら良い

奢ってくれないことには多少がっかりしながらも、全額は奢ってくれなくてもいいから男女7:3くらいにして欲しい、と考えている女性は多いです。

多少の支払いはしょうがないと思っている女性は少なくありません。しかし、きっちり割り勘よりも、女性の負担を減らしてほしいのが正直なところです。

だいたい3000円から4000円が、出してもいいかなと思える金額のボーダーラインになります。