帰って来ない旦那の本音:連絡がない時に妻ができる対処法!

記事の著者:Kanako

以前はどんなに仕事が忙しくても帰ってきてたのに、気付けば何日も旦那が帰って来ない!という人はいるのではないでしょうか。

本来ならば、仕事終えて安心できる我が家に帰りたくなるはずの旦那ですよね。温かな御飯に笑い声が飛び交う家族の会話が待っていると思うのではないのでしょうか。

しかし、それは夢であり、理想の世界かもしれません。そのためか、家庭よりも仕事場にいるほうがリラックスできるという声もチラホラ…

そんな自宅拒否症の旦那が現在増えています。あなたの家庭はどうでしょうか?旦那さんが帰ってこない本音を知っておきましょう。また、対処法も紹介します。

帰って来ない旦那の本音

なぜ旦那さんは帰ってこないのでしょうか。その原因について紹介します。

居場所がない

「実際に家に帰っても自分の居場所がない!」と思う旦那さんが多いようです。子供部屋はあるけれど、旦那の部屋はありません。書斎を持てるような家庭はごく一部の話です。

リビングはテレビをつけてドラマ鑑賞やゲームで子ども達が賑やかにしていて、キッチンは奥様のテリトリーで踏み込めません!結局、旦那さんは帰ってきても居場所がなく、肩身の狭い思いをしています。

料理が口に合わない

よく胃袋を掴むことで結婚は実ると言われます。

最近は共働きで時間がないから手抜き料理にはなっていませんか?さらに、子供がいれば子供中心の食生活になってしまいます。

旦那さんのことを思ってカロリーコントロールの薄味メニューを出しているとは思いますが…付き合っていた頃は一生懸命に手料理を振舞い、旦那さんの食べたいものを出していませんでしたか?

結婚すると時間に追われる毎日に料理に手をかけられません!それなら牛丼屋や定食屋さんで一杯やりながら食事を楽しみたいと思ってしまうようです。

料理がイマイチと感じてしまえば旦那は帰ってこなくなります。

落ち着かない

とにかく落ち着かない。

「テレビの音がうるさい」「子供の声が賑やか過ぎる」など、第三者から見たら、楽しいはずの光景でも旦那さんには苦痛の状況でしかないのです。

ゆっくり音楽鑑賞やビデオ鑑賞、読書を楽しみたいと思ったり、趣味の時間に没頭したりとプライベートの時間を費やしたいと感じています。

奥さんは日中や旦那さんが帰宅するまで自由タイムですよね?旦那さんは自由タイムがないことが現実かもしれません。そうすると自由タイムを求めて、自宅に即帰るよりも時間つぶしする旦那が急上昇するわけです!

奥さんが冷たい

夫婦も長年一緒にいると会話も少なくなるものです。

奥さんが働いている共働きだと同じように疲れています。子供がいれば育児に疲れて旦那に気をつかうことができません!

冷たくしているつもりはないけれど、会話が素っ気無くなり、旦那さんにかまってられない…と思うときもあるでしょう。旦那さんは奥様が思うよりも子供なのかもしれません!

実は話したくて仕方ない、かまってほしいという気持ちでいっぱいなのです。奥さんが冷たいという家庭に帰ってくるよりも仲間と過ごすことのほうが幸せに感じてしまうでしょう。

他に寄りたい場所がある

家庭よりも大事な場所がある可能性が大いにあります!

スナックやキャバクラなど意中女性がいるパターンや趣味を没頭できる自習室、ネットカフェなどあげられるでしょう。もしくは、気が合う仲間が集まる居酒屋や知人宅という可能性もあります。

自宅よりも寄りたい場所(人)があるから、旦那は帰らないのでしょう。

帰って来ない旦那への対処法

帰ってこない旦那さんにどう対処するのがいいでしょうか。旦那さんの態度をみて見極めましょう。

帰宅時間が遅いのであれば

もしかしたら何か不測の事態が起こったのかもしれません。「どうして帰ってこないの?」とキツイ言葉を投げかけるのではなく、
「何かあった?」と連絡をしてみてはいかがでしょうか。メールやLINEでも構いません。

一日経ってしまったら

職場に連絡が出来る状況であれば、職場の人に聞いてみるのも一つの方法です。恋人ではなく家族なので、職場の人に不審がられることはありません。

職場の人に旦那さんの所在が確認できているのであれば、無事であることは確かめられます。もし連絡がとれたのなら、理由を聞くのは仕事が終わった時間帯にしたほうがいいでしょう。

仕事の手を止めてしまうのはよくありません。まずは”無事だった”という満足感だけ味わうようにしてください。仕事のトラブルで連絡できなかったのだとしたら、逆に旦那さんをイラつかせてしまうかもしれませんよ。

数日帰ってこなかったら

自分や旦那さんの身内の人に相談してみるのもいいでしょう。まずは一番話しやすい人で構わないです。

もしかしたら何かしらの相談をしているかもしれません。でも、相談の事実がわかっても責めないでくださいね。関係がよけいにこじれてしまいます。

もし捜索行動をとらなければならなくなった場合でも力になってくれるでしょうから、勇気を出して確認してみましょう。

旦那が日常から帰りたくなる環境を作る

温かい空気を作る

家に帰りたくない環境を作ってはいませんか?少し考えてみましょう。

旦那さんが帰って来た時、笑顔で「おかえり」を言っていますか?外では色々と気疲れや肉体疲れをしている旦那さんです。でも笑顔で妻が迎えてくれたら気分もホッとすることでしょう。そんな温かい空気があれば自然と帰りたくなるものです。

気をぬける場所を作ってあげるのも妻の仕事ではないでしょうか。

料理を作って家で待つ

共働きの家庭が多い中、「料理は女の仕事ではない」と思う人もいるかもしれません。

ですが、旦那さんの心をつかんでおくのに効果的なのはやはり”手料理”だと言われています。レストランのシェフ並のレベルでなくてもいいのです。高価な物でなくてもいいのです。

食べたいものを聞いたり、好きなものを作れば旦那さんは満足してくれます。”妻の料理が食べたい”と思ってもらえる環境を作っておくことも大切なことではないでしょうか。

ただし、味に文句をつけられてもそれは好みなのですから頭ごなしに怒ってはいけません。

キツイ態度で接しない

「帰宅恐怖症」というものをご存知でしょうか。妻の態度や暴言に恐怖を感じ、自宅へ帰ることが苦痛になってしまったり、帰れなくなったりする症状だそうです。

こうなりがちな男性は真面目な人、我慢強い人、平和主義の人。そうさせてしまいがちな女性は、大きな声で怒鳴る人、一言いうと数倍にして返す人、否定しかしない人です。

自分がそうなっていると思ったらしっかり話し合いの場を持つようにしてください。

旦那が一人で過ごせる場所や時間を作ってあげる

たとえ結婚していても、一人になりたいと感じることはあるでしょう。職場や家庭で、常に人と接しているのであればなおさらです。

そこで、例えば旦那が家に帰ってきて、そのまま自室にこもってしまっても、無理に声を掛けたりせず、一人にしてあげるなど、一人で過ごせる場所や時間を作ってあげましょう。

もし、旦那の自室がないのであれば、自分が1人で何処かに出かけて、旦那を1人にしてあげるのもよいでしょう。

好きなことをして過ごす

旦那のためにあれこれするのもよいのですが、旦那のためにそこまでしたくないという人もいるのでは。

そんな場合は、待っている時間を有意義に使ってみましょう。例えば、映画やドラマを見て過ごす、あるいは、趣味や自己啓発に時間を費やすなど。

旦那に振り回されてイライラするよりも、自分のために何かした方が、自分のためにもなり、旦那の帰りが遅くてもイライラすることは少なくなるはずです。

自分のために贅沢をする

旦那の帰りが遅い日が続くようであれば、ちょっと贅沢をしてみましょう。例えば、一人でちょっと贅沢なランチをする、あるいは欲しかったモノを購入するなどです。

人に愚痴を言ってすっきりする

愚痴を話す相手は同じ境遇にいる人に限ります。そうでなければ、不満をぶつけてみても気持ちをわかってもらえず、共感を得ることができないからです。

同じ境遇の人と話すことで、共感を得ることができ、気兼ねなく不満を笑い飛ばすことができます。

仕事で遅い場合であれば、旦那を応援する

もし、仕事で遅いのであれば、旦那の帰りが遅いことに不満を漏らすのではなく、いつも応援していること、そして感謝を伝えることが大事です。

男性という生き物は、すごく単純にできています。もし、そんな気持ちを伝えられたら、仕事を早く切り上げて家に帰りたいという気持ちになるはずです。