婚約破棄から復縁する方法7つ:冷却期間が必要!直接話すのは逆効果?!

記事の著者:Kanako

一生を誓い合い、今後の甘い生活を想像しながら準備を進めているとき、いきなりの婚約破棄。

幸せの絶頂から奈落の側に突き落とされるその時は、普通の恋愛での失恋の比ではありません。相手を信じられなくなったり、心にぽっかりと穴が開いた気分になってしまいますよね。

今回は、突然婚約破棄を告げられて複雑な心境にいる人に向けて、復縁に通じる方法を7つ紹介します。

婚約破棄に至る理由

結婚破棄に至る原因は人によって様々ありますが、今回は3つ代表例を紹介します。

婚約中の相手の浮気

婚約をしたことで、相手の中には「もう彼女は自分のもとから離れていかない」という妙な自信や安心感が生まれます。

そこで結婚式準備や新生活に向けた準備をしていく中ですれ違いが起きた際、浅はかな考えで男性は浮気に走ってしまうのです。

結婚準備の中で不安に…

結婚に向けた準備は想像以上に大変です。ご両親への挨拶や式場選び、結婚式に向けた話し合いなどやらなくていかないことが山積み。

その中でなかなか積極的になれず、あなたとの温度差を感じて急に冷めてしまうことがあります。

金銭感覚に関する不満

婚約をしていざ結婚を考えると、それまでは意識していなかった結婚式の予算や新居の家賃、生活費なども考えるようになります。

それらを具体的に話す中で、相手との金銭感覚のズレを感じると、この先一緒に生活していくことに不安を感じてしまうのです。

婚約破棄から復縁を成功させる方法

1.婚約破棄の原因を冷静に考える

婚約破棄されたということは相手から「この人と一生は過ごせない」と判断されたということ。

これまでの恋愛期間を思い返して、なにか思いやりに欠けた点はありませんでしたか?金銭面でも生活感に欠けた面がありませんでしたか?

思い当たる節があればもう一度会って素直に自分の欠点に対して謝り、改善する誓いを立てることです。

婚約破棄された時にパニックになって相手にすぐ復縁を迫るのは逆効果。しっかりと時間をかけて自分の行動を省みることが大切です。

2.手紙で愛情の深さを伝える

一方的に婚約破棄されてもそれでも相手のことが忘れられないのであれば、自分の愛情の深さを手紙にして送りましょう。メールより直筆の文書の方が効果的です。

自分だけでなく相手も、自分のことを駆け引きなく純粋に愛情を注いでくれる人はそう現れないはず。手紙を送ることで、あなたを人生の中で貴重な存在だと気づかせることができるかもしれません。

変な見栄を張らず、率直に自分が抱いている気持ちを書きましょう。復縁を願うストレートな想いをつづった文章は、相手の心にもまっすぐに届くはずです。

3.相手の友人に話をしてもらう

本人同士より意外と友人の方が躊躇なく自分の気持ちを伝えるられるもの。

一度相手の友人に話をしてもらい、何が婚約破棄へと導いたのか、決意させたのか、解決方法はないのか、話を聞いてもらいましょう。

相手もあなたと直接だと言いにくいことも、友人であればオブラートに包まず率直な理由を言ってくれるはず。

それを教えてもらい、改めて自分なりに婚約破棄を告げられた理由を考えてみましょう。そうすることで、きっと復縁への糸口が見えてくるはずです。

4.冷却期間を作り、もう一度話し合う

一度距離を置いてみてください。1か月、半年など人によりますがその期間は決して連絡を取ってはいけません。

いままで一緒に過ごしてきて、その相手がいなくなるとお互いに何となくぽっかり穴が開いてしまった気分になるもの。

ましてや一度結婚を考えていた相手となれば、その穴は簡単に埋められるものではありません。

冷却期間はあなたとの楽しかった時期を思い起こさせ、「もう一度」という気持ちにさせるかもしれません。

連絡を取りたくなってしまう気持ちも分かりますが、相手が自分を必要だと思ってくれる日を信じて待ちましょう。

5.周りの人相談してみる

周囲の人に復縁したいことを相談するのも一つの手です。一回落ち着いてアドバイスを聞くことによって、冷静に行動できるかもしれません。

なかなか周りに復縁したいことを打ち明けられない場合は、電話占いで相談するのがおすすめです。LINEトーク占いは、個人情報を明かすことなく電話で相談することができます。

「相談したいけど知っている人には話したくないな…」という方にぴったりです。

とにかく誰かに聞いてもらいたいという人は一度電話相談をしてみてもいいかもしれません。

LINEで今すぐ相談[スマホのみ]

6.縁結びの神社にお参りに行く

真剣に悩んでいる人にとっては「神頼み」も一つの方法。縁がなければ何をやってもだめなんて思わず、希望を持ってお参りに行ってみてください。

お参りの一つの目的は、心を落ち着けること。こんな時は慌てて行動を起こしてもロクなことはありません。ストーカー行為に走ったり、なおさら相手が逃げてしまうような結果になってしまいます。

心落ち着けて希望に向かう手段としておすすめします。旅行も兼ねて、できれば全国的に有名な遠方の神社が気分のリフレッシュにもなるのでいいでしょう。

7.捺印した婚姻届を渡す

これはあくまで最後の手段です。他の方法を試してどうしても無理なら、という場合であって、最初からこの方法をとるのはおすすめできません。

一昔前のトレンディドラマのような話ですが、一か八かやってみてもいいでしょう。

「いつまでも待っているから」という短い手紙も忘れずに。そこで相手はほろっとするか、尚更離れていくかは賭けになります。

直接渡すと相手にとってその瞬間はちょっと重いですからできれば友人に頼むか郵送にしてくださいね。

婚約解消した相手と復縁する方法まとめ

いくつかの方法をご紹介しましたが、正直一度破棄された婚約はなかなか元には戻らないもの。

それよりも、家族ぐるみで付き合い、準備してきた縁談を一方的に破棄するようなそんな人と、たとえ復縁しても本当にうまくいくのか、自分自身もよく考えてみてください。