旦那を大好きと感じる6つのポイント

記事の著者:Kanako

みなさんも大好きで常に一緒に居たくて今の旦那さんと結婚しましたよね?

恋愛中に抱いていた”好き”という気持ちは毎日一緒にいることで新鮮さを失ってくるものです。でも、ふとした瞬間に「やっぱり好きだな」と思うことがあるはずです。
世の妻達はどんな時に「好き」と改めて思うのでしょうか。

 姿が見えない時に探してくれる時。

仕事から帰ってきた時に、姿が見えないと名前を呼んで探してくれます。

ベランダにいる時はベランダまで来て「ただいま」を言ってくれた時なんかはキュンとしてしまいます。

私のことを考えてくれてると思う瞬間。

ちょっと重いものを運ぶ時「こっちのほうが軽いからこっちおいで」「後ろ向きは歩きにくいから」と言ってくれる時は優しいな、と思います。

「○○ちゃんはこっちのほうが好きでしょ」と言われた時なんかは”私のことをわかってくれてるな”と幸せな気分になります。

家の中でも、「この段差は危ないなぁ」と段が目立たなくなるよう修繕してくれたり、「料理は火を使うから暑いでしょ」

とキッチンに扇風機を取り付けてくれたり。

私の為に何かしてくれた時には”好き”を再認識してしまいますね。

一緒にテレビを見て笑いあえる時。

価値観が同じというのは誰もが理想とするポイントではないですか?

特に「楽しい!」「面白い!」と思う瞬間が同じというのは楽しさ面白さも倍増するものですよね。

一緒にテレビを見てる時に、一緒に笑い出し、顔を見合わせて笑って会話している瞬間は本当に幸せで

「この人が旦那さんでよかった」と思います。

考え込んでいる時に「どした?」と声をかけてくれる時。

ボーっと立ちつくしていたり、何かを見ながら考え込んでいたりする私の姿を見つけると

「どした?」と声をかけてくれます。

少し離れている時なんかは傍に寄って顔を覗き込んで声をかけてくれます。

こんな瞬間には”気にかけてくれてるんだなぁ”と幸せな気分になります。

就寝中、夜中に目覚めてゴソゴソしている時に目覚めると、「イヤな夢でも見たのか?」と

ギュッと抱き寄せてくれることもあります。

とても安心できる瞬間ですね。

二人で歩く時私が車道側に立ったらそっと反対側へ回してくれる時。

なにげに歩き始めた時、私が車道側にいたら腰や背中に手をまわして反対側へリードしてくれます。

“守られているなぁ”と実感できる瞬間ですね。

頼りにしてくれてるなぁと感じる時。

とっても便りになる旦那さんですが、「ちょっと手空く?」「今忙しい?」「これどうすればいい?」と

反対に頼りにしている瞬間も愛おしくなります。

「やっぱり○○ちゃんがいないとダメだなぁ」と言われた時には”好きーーーっ”と抱き着きたい気分になります。

何年たってもこの幸せが続けばいいな、と思います。