片思いの相手からの脈なしサイン13選:男性の仕草や行動で見極めよう

記事の著者:Kanako

好きな人ができると毎日が楽しくなるものです。ちょっとした仕草や言葉、視線にも敏感になってしまうでしょう。

願い叶って両思いになれれば最高ですが、もしかしたら盛り上がっているのは自分だけで、ただの片思いで向こうは脈なし、なんてこともあり得ます。

実は、片思いだった場合、相手のLINEや仕草、言動にはさまざまなサインが表れると言われています。

今回は、片思いの相手からの脈なしサインをいくつかご紹介していくので、気になる彼の気持ちが気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

目次

LINEが素っ気ないのは脈なしサイン

男性は、気になる相手からのLINEであれば、必ず返信します。さらに、もし好意をもっていれば相手も嬉しいので、気持ちの入ったメールを送ってきます。

しかし、返信があったとしても、「そうだね」「わかった」「了解」「OK]など一言のみだったら、脈なしと考えていいでしょう。

また男性は、興味のない人には、文字ではなく、スタンプだけで返事を済ます人も多いようです。まったくその気がない相手だとそのまま返信しないこともあるんだとか。

もしこれらに当てはまるようならば、残念ながらあなたの片思いかもしれません。

自分の話ばかりする

男性は、相手が気になっていたり、興味があればもっともっと色々なことを知りたくなります。

もし片思いではなく両想いだった場合、「~はどうなの?」「~だった?」と質問してくるでしょう。

逆に興味がない相手だと、自分のことを話す傾向にあります。自分のことを話していても、すぐに話題を変えたりするようであればあまり期待できません。

またあなたに恋バナをしてくるのであれば、それも脈なしサインかもしれません。気になる人の前では、男性は恥ずかしいので恋バナはしない人が多いです。

脈なしの場合は約束をしてくれない

「今度~に行こう」と言って「そうだね」と返事はしてくれたものの、いざとなると「忙しい」「その日は都合悪い」「また今度」などと約束ができないことが何度もあればただの社交辞令で言った言葉に過ぎないのかもしれません。

本当に行く気があれば、「今は忙しいけど、いついつなら大丈夫」と肯定的な返事をしてくれます。何度も断られるようであれば脈なしの片思いの恋の可能性が高いです。

2人になりたがらないのは片思いの証拠

気持ちがあれば2人きりになりたいのが恋愛の始め。

しかし個人的に誘っても、大勢で会いたがったり、2人になることを避けているようだと脈なしの可能性が高いです。

好きな相手なら迷わず応じますが、断るようだと別に好きな相手がいて、誤解をされたくないのかもしれません。

覚えていない

好きな人のことならどんなに小さなことでも覚えますよね。今までに何度も会っていたり、お互いのいろんなことを話したのにそのことを全く覚えていない男性は、脈なしといえます。

相手が好きな女性ならば、以前会ったときの内容も覚えています。また、共通の話題や女性が興味を持ちそうな会話を自分から進んで持ち出してくるものです。

忘れているのではなく、相手に興味がないために覚えようとしていなかったと考えるほうが妥当かもしれません。

1日デートをしたのに、次の約束が入らない

丸1日のデートであなたを恋愛対象にならないと判断した場合、相手は次のデートの約束をしないでしょう。

そういうときは、あからさまに電話やLINEの態度がそっけなくなるものです。

デートのあとでコミュニケーションに何か違和感を感じたのなら、脈なしの片思いだったと考えた方が良さそうです。

デートを重ねても進展がないのは脈なし

何度か2人きりで食事やお出かけをしているのに、無難な内容ばかりで会話が進展しない場合があります。

たとえお互いの恋愛に対する考えを語る場面になったとしても、その会話は自分と彼の想いの確認作業ではありません。徐々にそんな相手と時を共にしていることが虚しく思えてきます。

片思いをしているうちに、「私はあなたにとってなんなの?」と辛くなってしまうので、気持ちを整理して脈ありか脈なしか、直接聞いてみるものいいかもしれません。

話しかけても冷たい

片思いの相手に話しかけても、相手の返事は「へぇ」や「うん」などのそっけない返事で返ってきていませんか?

どんなに会話を広げようとしても相手がそっけなければ、それ以上の関係性にすることは不可能です。冷たい返事は脈なしといえるでしょう。

いい女友達アピール

もし今までデートを複数回していたとしても、一緒にご飯や遊びに行ったからと言って、脈があるかどうかは分かりません。

会話の中に「Aちゃんって女の子らしいよなーお前はそんなんじゃないもんなー」など、「君とは友達として!」などの言葉を言われたら、片思いの恋として諦めた方がいいかもしれません。

足の向きで脈なしかチェック!

会話では上手にマイナス感情を隠し、上手くやっていく人もいます。なので、話が盛り上がってるからと言って必ずしもあなたといて楽しいというわけではない可能性も。

そんな時は、相手の足先の向きを見てみてください。自分とは違う方向を向いている、足がその場を去ろうとする際の位置になっている、といった場合は要注意。

本当は興味がない、その場を去りたいけれど、無理してあなたに合わせている可能性が高いです。

好きな人と話している時だったら、なかなかそのような気持ちにはならないですよね。

そのため、これらのサインが出ていた場合、あなたのことは興味がなく、脈なしと考えるのが妥当ではないでしょうか。

ボディタッチを嫌がられるのは脈なしかも

ボディタッチは、相手に気を許しているか、もしくはそうでないかを確認する事が出来ます。

その事を踏まえると、脈なしの人にボディタッチを許すというのは、余程フレンドリーな人を除いては考えにくいです。

例えば、話す時の距離感であったり、相手からのボディタッチの回数、いかに相手へ自分が触れる事が出来ているか、近づけているかを把握してみると相手が自分に対して脈はあるのか、どうか、見えてくるはずです。

極端に嫌がられるのであれば、脈はない可能性が高いので、不用意にボディタッチをし過ぎないよう注意しましょう。

また、あまりにも不自然なボディタッチは、たとえあなたのことが嫌いではなくとも不快な気持ちになってしまう男性もいるかもしれません。

自然なボディタッチのコツを掴みたいという方は、以下の記事をチェックしてみて下さい。

休日の日を教えても反応がない

「来週の日曜日はお仕事休みなんだけど、暇だなー」と言って「そうなんだ」と返事はしてくれるものの、その後、特に何の誘いもなく、会話終了。

このように、休日の日を教えているのにも関わらず、相手からお誘いの反応がない場合は、脈なしサインの可能性が高いです。

ちなみに「あー。その日は予定入ってるな。来週の日曜日はどう?」などと、肯定的な返事の場合は脈ありサインの可能性が高いです。

お金かして!と言ってくる

これは男女関係ないことですが、お金にはシビアでなければ人間関係をうまく続けることができません。

好意を抱いている相手から、「今月ピンチだから悪いんだけどお金少し貸してくれないかな?」なんて言われたら、即お断りと共に彼への気持ちも考えなおした方がよさそうです。

恋愛対象の女性に借金を申し込むでしょうか?あなたから借りたお金は、ギャンブルや他の女性とのデート代などに使われているかもしれません!

あなたの好意的な気持ちが利用されていることもあるので、要注意です!

目が合わないのは片思いかも

男女関係なく、好きな人はついつい目で追ってしまうもの。今までの恋の中でも、好きな人を目で追っているうちにうっかり目が合ってしまった、なんて経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

これを逆手に取れば、もし好きな相手と目がよく合うようならば、お互い好きで目で追いかけ合っている結果だと言えるでしょう。

逆に、好きな相手となかなか目が合わず、合ったとしてもそっけない態度をとられてしまったら片思いかもしれません。

脈なしの片思いはやめて、新しい出会いを

Omiai

片思いも最初はドキドキして楽しい面が多いですが、長くなると辛く気持ちも滅入ってきてしまいます。

脈がなく先行きが見えてこないなら、思い切って新しい出会いに踏み切ってみませんか?そんな人には、マッチングアプリがオススメです。

男性は月額1,950円から、女性は無料で使えるマッチングアプリのOmiai(オミアイ)は、安心安全のアプリであり、数多くのカップルが実際に誕生していることから、人気を集めています。

Omiaiの特徴

  • 累計会員数が360万人以上、日本初・日本最大級のマッチングアプリ
  • 恋活・婚活に真剣な人が集まっており、本人確認などを通じて安心な出会い!
  • Facebookには一切投稿されず、友人に知られることもありません
[無料]Omiaiで出会いを探す