爬虫類顔の女性とは?特徴や芸能人も紹介!

記事の著者:Kanako

「爬虫類顔」という言葉をご存知でしょうか。言葉は知っていて、なんとなくどういった顔か分かるけれど、具体的に知っている人は多くないかもしれません。

爬虫類顔はミステリアスな印象を与えることが多く、一風変わった魅力的な顔といえます。

今回は、爬虫類顔の女性の特徴について紹介します。例として芸能人を挙げるので、ぜひ参考にしてみてください。

爬虫類顔の女の特徴

爬虫類顔と言われる女性にはどのような特徴があるのでしょうか。

両目が離れている

爬虫類顔の女性の特徴として、最もいわれるのは目が離れていることです。他の人と比べ、印象に残りやすいことも。

その理由は、目が人の印象を大きく左右するパーツであるからでしょう。

両目が離れている人は、横顔に印象が残りやすく、横顔美人な方が多いという特徴もあります。

爬虫類顔の女性の目の特徴ですが、目が真ん丸と大きい人もいれば、切れ長のすっとしたきれいな目をしている人いたりと様々です。

鼻筋が通っている

爬虫類顔の女性の特徴として、鼻筋が通っているという特徴があります。鼻筋が通っている爬虫類顔の女性は美人な顔立ちをしている人が多いです。

切れ長の目に鼻すじが通っている爬虫類顔の女性は、ミステリアスな雰囲気を持たれることが多い傾向にあります。

大きな口

目と同じく人の印象を左右しやすいパーツが口です。爬虫類顔の女性は口が大きいという特徴も。

口が大きい特徴がある爬虫類顔の女性が笑うと、大きい口がさらに大きくなります。大きな口で笑う爬虫類顔の女性が好き、という男性は少なくありません。

逆三角形の輪郭

爬虫類顔の女性の特徴として、目次に挙げられることが多いのが輪郭です。全体的に丸っこい顔、顎が尖った逆三角形など、顔の輪郭によって人の印象は大きく左右されます。

爬虫類顔の女性は、顎がシャープな逆三角形の顔。そのため爬虫類顔の女性は、シャープでかっこいい印象を受けることが多いです。

細くしなやかな体つき

爬虫類顔の女性は、細めの女性が多いです。細い体付きで、しなやかなラインの女性が多いのが特徴となります。

爬虫類に分類される生き物はトカゲやヘビですが、どちらも丸っこいラインというよりは、細いラインです。そのため、細身の女性というのも特徴として挙げられます。

爬虫類顔の女性芸能人は?

次に、爬虫類顔の特徴に当てはまる女性芸能人について紹介します。

どの方も有名なので、イメージしやすいのではないでしょうか。

安藤美姫

元フィギュアスケーターとして知られる安藤美姫さん。安藤美姫さんは、芸能界で最も特徴的な爬虫類顔の女性と言えるのではないでしょうか。

小顔で輪郭は逆三角形、目はやや中心から離れています。そして、口が大きいという爬虫類顔の特徴も持っています。口が大きいというのが、安藤美姫さんから受ける印象として残っている方も多いはずです。

真鍋かをり

元グラビアアイドルで、現在はマルチタレントとして活動している真鍋かをりさん。真鍋かをりさんも爬虫類顔の女性といえるでしょう。

中心からやや離れている目、輪郭はシャープで横顔が美しいのが特徴。爬虫類顔の特徴でもある大きな口も持っています。

先ほど紹介した安藤美紀さんと真鍋かをりさんは顔立ちや雰囲気がよく似ているのではないでしょうか。

菅野美穂

女優として活躍している菅野美穂さん。菅野美穂さんも爬虫類顔の女性と言えるでしょう。

先ほど紹介した2人ほどは目が中心から離れてはいませんが、シャープな顎のライン、大きな口という爬虫類顔の特徴を持っています。

菅野美穂さんといえば、大きな口を開けてモノマネされることが多い印象です。

安藤美姫さん、眞鍋かをりさんとはまた違ったタイプですが、菅野美穂さんも爬虫類顔の女性に該当します。