チラ見してくる男の心理と対処法:恋愛感情を持たれているかも?

記事の著者:Kanako

周りの男性からチラ見されるようなことがあると気になるものです。恋愛的な意味での好意を持たれている場合もあるでしょうし、もしかすると全く違う意味でチラ見してきているのかもしれません。

チラ見してくる男性の心理とはどのようなものなのでしょうか。心理を知ることができれば、恋愛を有利に進めることができる可能性もあります。

チラ見してくる男の心理

恋愛感情を持たれている

まず一つ目の心理として考えられるのは、やはり恋愛感情を持たれているということです。恋愛的に意識している相手のことは、やはり目で追ってしまう、事あるごとに見てしまうというのが普通でしょう。

見ないようにしようと思いつつも、つい見てしまうのが恋愛をしている人の心理というものです。もし目が合ったときにあからさまに目をそらされたり、赤面されるようなことがあれば、好意を持たれている可能性が十分あります。

別の意味で気になる部分がある

チラ見する心理は、何らかのことが気になる心理から来ます。恋愛感情を持たれているわけではないのなら、別の何かが気になるのでしょう。

例えば、知り合いや元カノに顔がよく似ていたり、持ち物で気になるものがあったりなど、彼的につい見てしまう気になる部分があるのかもしれません。

確かめてみれば、意外過ぎる理由でチラ見されていることもよくありがちです。チラ見=恋愛感情を持たれているとは限りません。

周りの人を目で追う癖がある

単純に周りの人を目で追う癖があるという人もいます。見て何をしようと思っているわけでもなく、チラ見することには実際ほとんど意味はないのです。

ただ単純に周りの人のプライベートが気になる、興味本位からその人のことを知ってみたいなど、つい癖的に見てしまうのでしょう。

見られている側としては「何か意図があるの?」と勘ぐってしまいがちですが、実際のところほとんど何の意味もなくただ癖があるだけという場合もあるのです。

チラ見してくる男性と親しくしたい場合

アイコンタクトを送ってみる

チラ見してくる男性から恋愛感情を抱かれているとして、自分もまんざらでもないと思えるなら、チラ見してくるのを利用してこちらからも脈ありサインを送ってみましょう。

アイコンタクトをして、こちらからも好意をアピールしてみるのです。もし恋愛感情を抱かれているのなら、脈ありサインを送ったことで一気に関係が深くなる可能性は高いでしょう。

目が合ったときに微笑んでみる

相手に好意的な印象を抱いてもらうために、目が合ったらにこっと自然に微笑んでみて。そうすることで、相手はドキッとしてあなたをより意識するようになります。

微笑みかける相手を1人に絞らないと、誰にでも同じ対応をしていると思われてしまうので、注意しましょう。

チラ見してくる男性が嫌な場合

相手の視界に入らない場所に移動する

視線を感じたらまずは、相手の視界から入らない場所に自然に移動してみましょう。あまりにもひどい場合には、友達に相談するなどして、見てくる相手から隠してもらうのも一つの手です。

視線から逃げる際は、相手が追いかけてくる可能性があるので人が多いところに行くのがおすすめ。

なぜチラ見するのか聞いてみる

恋愛感情ではない気がするのなら、いっそのことなぜチラ見してくるのか理由を聞いてみましょう。あまりにもチラ見される頻度が高ければ、自分自身も気になって仕方がないはず。

もし聞きづらいなら、飲み会などの場を利用して話しやすい状況を作ると良いでしょう。聞いてみれば、意外と大したことではない理由だった…という場合もあります。