付き合う前のLINEのベストな内容と頻度を紹介!

記事の著者:Kanako

気になる男性とLINEを交換したらすぐにでも連絡をとって仲良くなりたいものです。

しかし、あまりにも頻繁に連絡を取りすぎるとうざがられるし、だからといって、連絡をほとんどしないというのもそのまま途切れてしまい、次にLINEするタイミングを逃してしまいます。

では、気になる男性とお近づきになり、付き合うところまでもっていくには、どれくらいの頻度で、どのような内容のLINEを送ったらいいのでしょうか?

付き合う前のLINEのベストな頻度

気になる男性とLINEをするときはどんなことに注意したらいいのか紹介します。

特に、LINEの頻度はとても重要です。多すぎても、少なすぎてもだめです。

相手の返信を待ちながら、LINEするタイミングを探っていきましょう。

相手のペースに合わせる

最初は、相手がすぐ返信してくるタイプなのか、時間差でゆっくりなタイプなのか探りながら返信しましょう。

また、相手の忙しい時間帯が昼間なのか、夜なのか、聞いておくといいかもしれません。ゆとりのある時間帯にLINEすることによって、会話が弾む可能性が高くなります。

また、朝は忙しいので、なるべく控えましょう。もし、朝にメールする場合は、「おはよう」や「今日も頑張りましょう」などシンプルな一言でとどめておきましょう。

最初は週2、3回の頻度で

毎日、LINEをしたい気持ちも分かりますが、まずは週に2、3回の頻度でメールするようにしましょう。

なるべく、シンプルで短い文章がおすすめです。さらに疑問形を入れると相手も返信しやすくなります。1回のメールのやり取りは、2、3回で終わらせるのがベストです。

男性からの返信が毎回コンスタントにあるようでしたら、少しずつメールの回数を増やしていきましょう。

気づくと、毎日連絡を取り合う仲になっているかもしれません。

長期的なスパンで考える

すぐにでも仲良くなりたいと焦らないで、まずは彼との関係を長期的に考えて余裕のある対応を心がけましょう。

ついつい焦って、お見合いみたいに質問攻めでは相手も疲れてしまいます。また、彼女ぶって毎日メールすることも要注意です。

常にほどほどの距離を保って、たまには連絡しない日を作ることも大切です。いつも連絡が来ていたのに、急に来なくなると男性もあなたのことを気になり始めます。

彼の方から連絡が来たら脈ありです。

しかし、3日たっても返信が無かったら、さりげなく別の話題でまた連絡をとってみましょう。彼の返信がほとんど無かったり、そっけない感じだったら、残念ながら脈なしかもしれません。

付き合う前のLINEのベストな内容

LINEする内容は自分の思うままにするのではなく、相手のことを考えた内容にしましょう。

さらに、自分に関心を持ってもらえるように心がけましょう。もしかしたら、彼の方からデートのお誘いがあるかもしれません。

自分の話をする

相手に質問するにしても、まず自分の方から情報をオープンにしましょう。自分の家族の話や友達、会社の話など、プライベートな話をすることによって相手も心を開いていきます。

最後に「〇〇さんはどう思いますか?」など質問して、彼のこともいろいろ聞いていきましょう。

お互いのことが分かっていくと、次回会うのが楽しみになります。

共通の話題を探す

お互いに質問していくと、何となく二人の共通の話題が見つかっていきます。好きな映画の話やスポーツ、趣味の話など、もし共通のものが見つかったら、その話を積極的にしていきましょう。

また、共通のものが無かったとしても、彼の好きなものに興味をもって、挑戦してみるのもいいでしょう。

同じ趣味を持つことで、一緒に出掛けるきっかけを作ることもできます。

料理の写真

手料理の写真を送ることは男性はそんなに嫌だとは思いません。

豪華でおしゃれな料理を作る必要はなく、ごく普通の家庭料理のようなものが好感度が高いです。

結婚して奥さんが日常で作るような料理は、彼の将来の家庭像を膨らませます。

ただし、毎日毎日ブログのように料理の写真を送っても、ただのうざい女としか見られませんので気を付けてください。

行きたい場所について

「テレビで観たんだけど、、」「友達が行って良かったみたい」などと付け加えて、旅行の話や、行ってみたい場所の話をしましょう。

二人で行きたい場所の話をすることで、一緒に行っているような想像が沸きます。

お互いに行きたい場所があれば、彼もデートに誘いやすくなります。