いい匂いのする女性が気を使っていること:香水やシャンプーを定期的に変える!

記事の著者:Kanako

女性なら、いい匂いのする女性として男性を魅了したいところです。いい匂いがしたから、というのがきっかけで男性が女性を好きになることは、実は少なくありません。

いい匂いがすることは、女性の大きな魅力になるのです。では、いい匂いがすると言われる女性は、普段からどんなことに気を遣っているのでしょうか。

今回は、いい匂いのする女性が気を遣っていることについてご紹介していきます。匂いで周りの男性をメロメロにしたい女性はぜひ以下のポイントを実践してみてください。

匂いケアは欠かさない

当然のことですが、いい匂いのする女性は、自分の匂いケアを普段から欠かさないものです。

出かける際に香水をつけるのはもちろんのこと、汗をかいたとき、匂いの強いものを食べたときなどは体臭・口臭に対するケアを必ずしています。間違ってもお風呂に入らずに出社するようなこともありません。

特に口臭に対するケアは人一倍気をつけているでしょう。ニンニクや唐辛子など、そもそも匂いの強いものはあまり口にしないものです。

そして、一般的な香水の継続時間は長くても7時間前後です。自分の使っている香水がどれくらいで匂いが消えるのかを意識し、匂いが消える頃にはつけ直すなどの意識は常に持っています。

逆に匂いに対する印象の残りにくい女性は、普段から香水をつけていなかったり、朝香水をつけたらそのまま…という人が多いのですが、いい匂いのする女性は、とにかく四六時中、自分の匂いに対する意識を高く持っているのです。

好まれやすい香りをつけている

いい匂いがすると言われる女性は、人から好まれるような香水やシャンプーを使っていることが多いです。石鹸系やフローラル系、柑橘系の香りは特に好む人が多いと言いますし、男性ウケも良いでしょう。

周りから好まれやすい香りをつけていれば、匂いが印象に残りやすくなります。逆に癖のある匂いの香水をつけている女性や、逆に香水の匂いがきつすぎる女性は、匂いに対して嫌な印象がつきやすいという特徴があります。

いい匂いのする女性を目指すなら、使う香水・シャンプーを選ぶところから気をつけたいところでしょう。

匂いをさり気なく自分からアピール

実はいい匂いのする女性は、さり気なく自分から匂いをアピールしに行っているところもあります。例えば男性の前でさり気なく髪をいじってにおいをチラつかせてみたり、男性の近くに行った際は少し近寄って匂いをかがせてみたりなどのアピールです。

特に男性は、女性の匂いに対して鈍感な人も多いので、近くに寄らなければ匂いに気づかないことも多いでしょう。

いい匂いのする女性は、自ら匂いのアピールをしているからこそ、「あの人からはいい匂いがする」という印象がつきやすくなるのです。

もし意中の男性が職場などにいるなら、自分から積極的にそばに行って、シャンプーや香水の匂いをアピールしてみると良い効果を得られるかもしれません。

定期的に香水やシャンプーを変える

定期的に自分の香水やシャンプーを変えることも、実はいい匂いをアピールするのに重要なのです。

匂いというものは、いつもかいでいれば正直慣れてしまうものになります。匂いに慣れてしまえば、特に匂いにあまり敏感でない男性を意識させるのは難しいでしょう。

ですが、いつもと違う匂いをかげば、さすがに匂いに気づく人も多いです。そのためいい匂いのする女性は、定期的に使うシャンプーや香水を変化させ、「あれ?香水変えた?」と周りに気づかせます。

そのような行動を普段から徹底していれば、自然と周りはいい匂いのする人として認識するようになるでしょう。いい匂いのする女性を目指すなら、香りが良いと感じた香水やシャンプーには常に目を光らせておき、気に入ったものは積極的につけるようにしていくと良いでしょう。