思いっきり泣ける不倫の歌10選:もう心が折れてしまいそう…という人へ

記事の著者:Kanako

世間一般的に許された恋ではない不倫、浮気ですが、いけないと分かっていても恋心を押さえることができないという人は少なくありません。

今回は許されない恋に苦しんでいる人にぜひ聞いて欲しい不倫の歌を10曲紹介していきます。

不倫、浮気をしている人の心に刺さるフレーズの不倫の歌が多くなっていますので、聞かれるときは泣いても大丈夫なところで聞くことをおすすめします。

心が折れそうな人ら聞くべき不倫の歌

JUJU「この夜を止めてよ」

一つ目に紹介するのは、JUJUの「この夜を止めてよ」です。

「愛してるっていうあなたの言葉は、さよならよりも悲しい」というフレーズで曲が始まるのですが、この最初のフレーズでぐっと来る人は多いでしょう。

「声をひそめながら二人だけの秘密をひとつづつ増やすたび作り笑い心で泣いてる」こちらのフレーズにも強く共感する人は少なくないのではないでしょうか。

JUJUのバラードは切ない歌声で歌い上げるため、その歌声に涙する人も少なくありません。

今の関係に耐えられなくなってしまった人はこの曲で思いっきり泣いてみましょう。

JUJU 「Distance」

二つ目に紹介するのは、JUJUの「Distance」です。

不倫、浮気ソングを歌わせたらJUJUの右に出るものは居ないでしょう。

「終わりにしたほうがいいって頭でわかっても心が言うことを聞かなくて」共感する人は多いのではないでしょうか。

加藤ミリヤ「Aitai」

三つ目に紹介するのは、加藤ミリヤの「Aitai」です。

不倫、浮気をしている人にとって切なくなるフレーズが多く、聞くのが辛いという人も少なくありません。

「一番に愛さなくていいからお願いそばにいさせて」「抱きしめて嘘でも」このフレーズに辛いと感じる人は多いでしょう。

失恋をして女性からも多く支持されている切ないバラードです。

EXILE「Ti Amo」

四つ目に紹介するのは、EXILEの「Ti Amo」です。

「帰る場所がある あなたのこと好きになってはいけない わかってた初めから」好きになってはいけない相手…、分かっていてても恋心を止めることができないため不倫、浮気に走ってしまう女性が多いのです。

「誰ひとり傷つけない恋を人は愛と呼ぶけどこの罪を背負いながら生きてく覚悟はできてる」など、不倫、浮気をする覚悟を決めた女性に共感を呼ぶ曲ではないでしょうか。

倖田來未「愛を止めないで」

五つ目に紹介するのは、倖田來未の「愛を止めないで」です。

男女の不倫をテーマにした映画「セカンドバージン」の主題歌になった曲で、不倫、浮気をしている人の気持ちに寄り添う曲となっています。

「何度だって私あなたに恋をするでしょう 届かない現実でも私の目にはあなたしか映らない」届かない恋…、切ないです。

CHIHIRO「好きになっちゃいけない人」

六つ目に紹介するのは、CHIHIROの「好きになっちゃいけない人」です。

「この恋が何か壊すかもしれないよ 最も私が一番の確率で傷ついちゃいそう」というフレーズがあるのですが、不倫や浮気はその家庭や恋人関係を壊してしまう恋愛となります。

このフレーズにあるように、傷つくのは自分、不倫や浮気で幸せになった人は少ないですが、好きになった方が負けということでしょうか。

ZARD 「永遠」

七つ目に紹介するのは、ZARDの「永遠」です。

こちらの曲は社会現象にもなった不倫映画・ドラマ「失楽園」の主題歌となった曲です。不倫をテーマにした曲の代名詞と言っても過言ではありません。

「すべてを手に入れることが愛ならばもう失うものなんて何も怖くない」というフレーズは、まさに「失楽園」そのものでしょう。

DREAMS COME TRUE『やさしいキスをして』

八つ目に紹介するのは、DREAMS COME TRUEの「やさしいキスをして」です。

「報われなくても結ばれなくてもあなたはただ一人の運命の人」というフレーズがあるのですが、結ばれなくてもという部分に不倫や浮気の切なさが詰まっています。

「今日という一日が終わるときにそばにいられたら」というフレーズも切ないです。

HY「NAO」

九つ目に紹介するのは、HYの「NAO」です。

切ないバラードが多いHYですが、不倫、浮気の気持ちを代弁してくれている曲といえばこの曲となります。

「言葉ひとつそれだけでいいのにどちらとも言わないあなたを 離したくはない離れたくもない 他の誰かいても」こちらのフレーズに共感し涙した女性は少なくないでしょう。

テレサ・テン「愛人」

最後に紹介するのは、テレサ・テンの「愛人」です。

「愛人」というタイトルから見ても分かるように不倫、浮気ソングとなります。

「あなたが好きだからそれでいいのよ たとえ一緒に街を歩けなくても この部屋にいつも帰ってくれたら私は待つ身の女でいいの」このフレーズもまた不倫
をしている女性の胸にささるはずです。