上目遣いをされたときの男性心理:効果的なタイミングを紹介!

記事の著者:2014893

マイナビウーマンのアンケート調査によると、女性の上目遣いにドキッとすると答えた男性はなんと6割近くもいます。

身長差による上目遣いや、酔っ払った時の上目遣いに思わずドキドキしたという経験を持つ男性も。

女性の上目遣いには、男性に好意を抱かせやすくする効果が期待できます。常に上目遣いを意識するのではなく、ここぞというときにするのがより効果的でおすすめです。

上目遣いは定番だけど効果的!

上目遣いは、時代を問わずモテるテクニックの定番。自分を可愛く見せるために、気になる男性にはよく利用しているという女性も少なくありません。

上目遣いをすることによって、小顔効果や可愛い印象を与えることができ、男性に守ってあげたいという心理を働かせることが可能です。

正面から見つめるのももちろん魅力的ですが、上目遣いをすることによって甘えられているというドキドキを男性により強く感じさせます。

上目遣いをされた男性心理

上目遣いをすることによって視覚的に可愛らしさを感じさせることができるだけでなく、心理的にも大きな効果を与えることが可能です。

自分より下から女性に見上げられることによって、男性は支配欲が満たされます。男性の支配欲は、言葉に現れるというよりも脳が本能的に察知することが多く、上目遣いをされることによって、今まで気にならなかった相手が気になってしまうことも。

そのため、男性にお願いがある場合や気になる男性に意識を向けてもらいたい場合などは上目遣いをしてみるのがおすすめです。

上目遣いの効果的なタイミング

意中の人に振り向いてもらいたい、上目遣いで意識してもらいたいと思う場合、上目遣いをどのタイミングで行うかは非常に大切。

ここぞというときに使うことで、自然と可愛く見せることができます。

身長差を利用

身長差がある場合は、男性の顔を見上げることで自然と上目遣いになります。身長差による上目遣いは、わざとらしくならずナチュラルなので、男性から変に思われることもありません。

離れた距離からよりも、少し近づいて見上げることがポイント。身長差があまりないときは、階段やエスカレーターを利用してみるのもおすすめです。

お願いするときや甘えるとき

お願いするときや甘えるときに上目遣いをされると、男性は守ってあげたい・頼られたい欲がくすぐられ、ついつい女性の頼みを聞いてあげたくなります。

上目遣いによって上から目線にならず、へりくだっているようにも感じるので、より好意的に受け取りやすいです。

また恋人同士の場合、キスをおねだりするときに上目遣いをするのも効果バツグン。

酔っ払ったとき

酔っ払ったときの上目遣いにドキッとしたという男性の声はたくさん。酔っ払っていつもより頬が赤くなっていることや目が潤んでいることもあり、色気を感じさせることができます。

また、二人っきりのときにしてみることで効果は倍増。普段と違う雰囲気に、もしかして自分に気があるのかもと意識させることが可能です。

好き嫌いが分かれるから注意して!

上目遣いを利用することで、男性に視覚や心理的に可愛らしいと思わせてくれる効果を発揮します。しかし一方で、可愛く見せるという上目遣いそのものが苦手、嫌いと思う男性も少なくありません。

そうした男性に上目遣いをすると、逆効果になってしまうことがあるので要注意。上目遣いを成功させるためには、タイミングと誰に行うか、そして、わざとらしくないことが重要です。

やりすぎやわざとらしさは相手に引かれてしまうのでほどほどにしましょう。

おすすめマッチングアプリBEST3

新しい出会いを見つけるのにぴったり!編集部が進める安心・出会えるマッチングアプリ。