男性が考える愛おしい女性の特徴5選:愛してるとは違う?

記事の著者:Kanako

男性から愛おしいと言われると、何となく大切にされているという特別感を感じます。

人はさまざまな個性を持ちあわせていますが、愛おしいと思わせることができる女性は、恋愛が長続きすると言われています。

そんな、愛おしいと感じる女性にはどのような行動や態度があるのでしょうか。

今回は愛おしいと思われる女性の特徴を紹介していきます。

愛おしい女性の特徴

愛おしいと愛しているは意味が違います。

愛おしいとはかわいく思っている、会いたいなどのニュアンスで使われますが、愛してるは好きの最大表現で使われます。

そんな可愛い、会いたいと思われる可愛らしい女性の特徴を紹介していきます。

外見が可愛らしい

美人系よりも童顔で可愛らしい系の人のほうが、愛おしい印象が強いです。美人タイプの女性も素敵ですが、プライドが高そうというイメージを持たれてしまうことがあります。

愛おしいと感じるのは、外見だけではなく、ちょっとした動作なども含まれ、おっちょこちょいな事をした時、照れ笑いなどを見ると、男性は胸がキュンとしてしまいます。

またスラリとした長身の女性よりも、背が低い女性の方が愛おしいと思われることは多いようです。

笑顔が愛おしい

笑顔が素敵な女性を見ていると心が和みます。口を開いて笑うだけではなく、満面の笑みのような口元を上げて笑う女性は魅力的です。

明るく元気に毎日を楽しく過ごしている女性は表情も柔らかくなります。

笑顔を向けてくれる女性は、男性からの印象も良く、愛おしいなと思われやすいです。

素直な態度

何かしてもらったら「ありがとう」、間違ったことをしたら「ごめんなさい」と素直に言葉にできる女性も愛おしいと思われやすいです。

人に感謝したり、謝ることはためらいがちであり、なかなか言葉で言い表せないことがあります。

愛おしい女性は、何も考えず自然に言葉に表現できるものです。

何かに夢中になっている

男性は、何かに集中している姿を見て愛おしく感じることがあります。熱心に仕事をしている姿や勉強に励んでいるなど、一途な姿は魅力的です。

本人は意識していなくても、普段から真面目に仕事をこなしている女性の熱心な姿を見て、心を打たれるのです。

スキンシップが上手

適度なボディタッチでコミュニケーションが取れたり、会話をしながら相手の腕などに軽く触れるなど、自然にできる女性は愛おしい女性の特徴です。

相手に触れられることで、忘れられない存在になりやすく、いつの日か愛おしいと感じるようになるのです。印象に残りやすい女性は、タイミングや相手の様子を見ながらボディタッチができるのです。

愛おしい女性になるには

ではどのようにすれば、男性に愛おしいと思われるのでしょうか。

愛おしいと思われる方法を紹介します。

表情豊かにする

喜怒哀楽が豊かな女性は愛おしく感じます。楽しい時は思いっきり笑ったり、悲しい時は泣く、怒った表情などコロコロ変わると忘れられなくなります。

顔の表情と合わせて手など動作を大きく見せるのも効果的です。

やり過ぎると面倒な女性と思われてしまうので注意しましょう。

ポジティブ思考になる

自分を否定的に考えていると表情にも表れてくるものです。ネガティブ思考の人は表情も曇りがちで魅力的ではありません。

何事も前向きに考えることで、自信が持てるようになり、生き生きした愛おしい表情に見えます。

おねだり上手になる

愛おしい女性を目指すのであればスキンシップは欠かせません。

相手に触れすぎると不快感を与えてしまうので、会話のタイミングや立った時など違った動作を狙ってさりげなくタッチするようにしましょう。

また、男性が手を繋ぐのを待っているのではなく、自分の方からおねだりするように可愛らしく手を繋いでも良いか聞くのも効果的。

聞くときは、恥ずかしい表情を浮かべるのがポイントです。

やきもちを焼く

やきもちは使う場面によっては、悪い印象を与えてしまう恐れもあるので、注意しながら使い分けるようにしましょう。

男性に対してやきもちを焼くことがあったら、少し不機嫌気味にやきもちを焼くと効果的です。

ただし、本気でやきもちを焼くと相手が不快に感じてしまうので、軽めにやきもちを焼くようにしましょう。

ありのままの自分を出す

誰かの真似をしたり、無理をしていると相手に伝わるものです。自信がないと言って人の個性を真似ると自分らしさが失われてしまいます。

人には個性があり、いつもの自分を出すことであなたの魅力が発揮され、輝いてみえます。

自分らしさを出しましょう。