デートをキャンセルされた時の上手な対応!相手の気持ちを考えよう

記事の著者:1902087

気になる相手とのデート、大好きな交際相手とのデートが、思わぬトラブルでキャンセルしなくてはならないことがあります。

相手もどうしても外せない用事やトラブルでキャンセルしてしまった場合、あなたの返信によっては好感度が大幅に下がってしまうかもしれません。

急にデートをキャンセルされた場合、どのようなの返信の仕方が正解なのでしょうか。

今回はそんな、急にデートをキャンセルされたときの返信の仕方を紹介します。

デートをキャンセルした相手の気持ちを考える

急にキャンセルされたデートの返信をする上でもっとも重要なポイントが、相手の気持ちを考えることです。

相手がデートをキャンセルするのは、

・急に仕事が入ってしまいデートにいけなくなってしまった
・上司の誘いを断りきれずいけなくなってしまった
・相手の周りで不幸があった
・体調不良やケガのためいけなくなってしまった

このような理由で、デートをキャンセルすることが多いです。

まずは相手の気持ちを汲み取ってあげることが大事。自分に置き換えて考えてみることで冷静に対応ができるでしょう。

仕事関係が原因でキャンセルされた場合

急な残業でデートをキャンセルされてしまったり、上司の誘いを断れずキャンセルされてしまった場合、多くの女性が相手を責めてしまいます。

「仕事と私どっちが大事なの?」という極論をあげる女性もいるので、トラブルになりやすい問題です。

この場合、相手は仕事であることをきちんと理解して対応しましょう。

自身の立場になれば、仕事を選ばざるを得ないことが理解できると思うので素直に受け入れてあげることが大事です。

「大変だと思うけど、お仕事頑張ってね」といったような応援する文章で返信してあげると、相手の気持ちも凄く楽になりますし、きちんと考えてくれる人だなという好印象を与えられます。

生きていく上で仕事や接待はとても大事なことなので、決して自分と仕事を引き合いに出すことはやめましょう。

相手の周りで不幸がありキャンセルされた場合

相手の周りで不幸があった場合は、デートをキャンセルした相手を責めることはしないでしょう。

この時一番大事なことは、自分よりも相手の気持ちを中心に考えてあげる事です。

相手の心を気遣い、無理をしないように優しく対応してあげましょう。

デートに関しては気にしなくて大丈夫と伝え、それよりも「あなたは大丈夫?」と気遣う内容を送ることが大切です。

辛い時に支えてあげることで相手からの信頼や信用も強いものになりますし、自分が辛いときに支えてもらえるようになります。

体調不良やケガのためキャンセルされた場合

相手の体におこったトラブルの場合、第一に体のことを心配してあげましょう。

好きな相手とデートをするためにも、長く一緒にいるためにも、体が元気でなくては元も子もありません。

病気や体調不良の場合はどんな食品が体にいいかなど、調べた内容を返信に添えてあげると、「心配でわざわざ調べてくれたんだ」と好印象を与えられます。

どちらも安静を促し、相手の家に自由に行き来できる関係であれば、お見舞いにいってあげるのも良いでしょう。

返信するときに伝えると好感度があがる言葉

「デートすごく楽しみだった!」という言葉が大切。

素直に、あなたとのデートはいつも楽しみにしていると伝えましょう。

人によっては嫌味に聞こえてしまう場合もあるので、楽しみにしてたのになぁと少し砕いて言うと誤解を生まずに済みます。

「次楽しみにしてるね!」といった内容も、好感度あがること間違いなし。注意しなければならないのは、相手の周りで不幸があったときは使用してはいけないことです。

デートをキャンセルされたときの返信まとめ

上手な対応や返信をしていく上で、相手の気持ちを考えることが基本です。

キャンセルされて悲しい気持ちになっても、相手の気持ちを尊重して我慢しましょう。

その分次のデートで少しわがままを聞いてもらったり、長い時間一緒にいてもらうのも一つの手ではないでしょうか。

うまく立ち回り、よりよい関係を築き上げていきましょう!