失恋で食欲不振になる原因と対処法:うつ状態になりかけているかも…

記事の著者:Kanako

失恋の食欲不振になった経験がある人も多いのではないでしょうか。たかだか失恋、されど失恋。恋人に振られる、好きな人に振られるなど、失恋の仕方もいろいろありますが、だいたいの人が食欲不振になると言います。

今回は失恋で食欲不振になる原因とその対処法を紹介していきます。

失恋による食欲不振の原因と影響

失恋による食欲不振の原因はストレス

失恋をしたことがある人であれば、それがどれだけの精神的ストレスかお分かりでしょう。ショックで立ち直れず、何日もしくは何ヶ月も好きだった人や元恋人のことを引きずってしまいますよね。

新しい恋を探さなくちゃ!と即座に切り替えられないのが、人間の性というもの。

この切り替えのうまくいかなさも、食欲不振も、全てストレスにより自律神経がダメージを受けていることが原因です。

食欲不振はうつを引き起こす

失恋による自律神経へのダメージを甘く見てはいけません。自律神経は大きなストレスだけでなく、日ごろの小さなストレスなどでも細かく細かく傷ついているものです。

ちょっとした仕事のミスや、友達との喧嘩でも食欲がなくなることはありませんか?失恋による自律神経へのダメージは、その数倍、あるいはもっと大きなものだと思ってください。

自律神経へのダメージがあまりに大きいと、人は簡単にうつ状態になってしまいます。

つまり、失恋による食欲不振はうつを引き起こす原因にもなりかねないのです。うつで食欲が無い人の話を聞いたことは無いでしょうか。その人と同じ状態になっているのだと思ってください。

食欲がない時の対処法

自律神経を回復させる

自律神経のダメージは、食事をとらないとなかなか回復しません。神経も体の一部ですから当たり前のことなのですが、じゃあ食事をしようと思ってもそう簡単にはいかないはずです。

対処法として、まず自分がどのくらい食べられないのか知ること。いかにもご飯らしいご飯が食べられないとか、おやつくらいのものなら食べられるとか、そういった自分の状態を把握することで、それに適した対処法を行うことができます。

食べやすい物から食べる

まずドリンクしか飲めないような場合なら、重湯や葛湯、スムージーや野菜ジュースなど、ドリンクで栄養をとることを心がけてください。甘酒やゼリードリンクなんかもいいでしょう。栄養をとって自律神経の補修が出来る体に戻すことが大切です。

おやつのようなものなら食べられるという時は上に上げた飲み物いがいにも、栄養バー系の食べ物をおやつとして食べるといいでしょう。これも栄養を手っ取り早くとるための工夫です。そうして食べているうちに、食欲が戻ってくると思います。

タンパク質の摂取を心がける

少量ならご飯も食べられるという時は、野菜だけでなくお肉などでたんぱく質もとってください。あまり胃にもたれるようなら、牛乳や豆乳から慣らすといいでしょう。次に野菜の量を徐々に増やしていけば、いつの間にか食欲も戻っていると思います。

食欲不振の時は出来る限りで栄養のために食べることを心がけ、体調不良をいち早く改善させることが重要です。

高カロリーすぎるものは太る原因になりますが、栄養バランスを心がけた、食べられる限りの食事をすることで、無理なく食欲を戻していくことが出来ます。

失恋による食欲不振が改善したら…

Omiai

すぐには難しいですが、上記の原因を理解した上で紹介した対処法を試すうちに、食欲不振は改善されるはず。体調が戻ってきて新しい恋を始める活力も湧いてきたときには、マンチングアプリを使って失恋の辛さを吹き飛ばす幸せな恋を探しましょう。

男性は月額1,950円から、女性は無料で使えるマッチングアプリのOmiai(オミアイ)は、安心安全のアプリであり、数多くのカップルが実際に誕生していることから、人気を集めています。

Omiaiの特徴

  • 累計会員数が360万人以上、日本初・日本最大級のマッチングアプリ
  • 恋活・婚活に真剣な人が集まっており、本人確認などを通じて安心な出会い!
  • Facebookには一切投稿されず、友人に知られることもありません
[無料]Omiaiで出会いを探す