5月23日がキスの日:イベントや由来も紹介!

記事の著者:Kanako

5月23日は何の日だか知っていますか。実は、「キスの日」にあたると言われているのです。5月23日…と聞いて「キス」を連想する人は少ないでしょうから、なぜキスの日なのか気になるところでしょう。

今回は、そんな5月23日のキスの日について、由来や開催されているイベントについて解説していきたいと思います。恋人がいる人は、彼とキスの日を楽しく過ごすことができたら、より素敵なものでしょう。ぜひキスの日について理解を深めてみてください。

5月23日はなぜキスの日なのか

5月23日がキスの日だとされているのは、この日が初めて日本映画でキスシーンが公開された日だからなのです。映画のタイトルは「はたちの青春」で、1946年5月23日公開の作品です。

それまでは日本映画でキスシーンは一つもなく、衝撃的で一世を風靡したと言います。この作品を観ようと、多くの人が映画館に詰めかけたそうです。

日本記念日協会には登録されていない記念日なので民間で広まった記念日の一つですが、キスの日は恋人同士にとってキスを楽しめる素敵な日として、実は昔から親しまれているのです。

世界キス・デーは7月6日

5月23日がキスの日とされているのは日本だけの話です。由来が日本映画の公開日にちなんでいるのでそれも頷ける話でしょう。

ちなみに世界キス・デーは7月6日とされています。この由来は、19世紀末のイギリスにさかのぼります。

この日はイギリスにおいて、愛が生まれた証としてキスをすることがふさわしいものとされた日にあたります。国連も国際的な祝日として認めてるのです。

日本が5月23日をキスの日としているように、他の国は別の日をキスの日にしていることが多いです。例えば韓国の場合は6月14日、アメリカは4月13日、9月8日がキスの日になっています。

キスの日のイベント

キスの日は公的な記念日ではありませんが、特に若者を中心とした民間では広まっている記念日の一つになります。このキスの日にちなんで、イベントを行っている企業はいます。

例えば青山にあるクラブ「EDION青山」では、キスの日にちなんだ面白いイベントが2015年に開催されていました。訪れた人同士で、アクリル板越しにキスできるというイベントです。

アクリル板は透明な板なので、まるで本当にキスしているような感覚を体験できるのが面白く、若い男女同士で盛り上がったそうです。当日はビュッフェなどの美味しい料理もあり、キスの日にちなんだパーティーとなっていたのです。

キスの日の過ごし方

恋人がいる人は、ぜひキスの日にちなんで二人の仲をさらに深めていきたいところでしょう。

しっかりと決められた記念日ではないとはいえ、キスの日なんてカップルのためにあるようなものです。これに乗っからない手はないはずです。

では、キスの日の過ごし方にはどんな方法があるのでしょうか。

存分にキスを楽しむ

お互いにキスの日であることを知っているなら、ぜひキスの日こそ存分にキスを楽しめると良いでしょう。

ファーストキスの思い出や、印象に残っているキスのことを話しながら、一日の中で何度もキスをするというのも素敵なものです。キスは恋人同士にとって愛を確かめ合う時間なので、この日を境に二人の仲はさらに深まるはずです。

知らない彼にとろけるようなキスをプレゼント

キスの日を知らない人は多いでしょう。彼がキスの日を知らないのなら、あえてこちらからキスのプレゼントというサプライズを仕掛けてみるのも面白いかもしれません。

何も知らない彼氏に、いつもとは違う濃厚なキスや、ムードたっぷりのとろけるようなキスをプレゼントしてみましょう。

突然のことで驚く彼に今日はキスの日だと伝えてみれば、彼は喜んでくれること間違いなしです。

キス専用美容液ヌレヌレ