「ヤマアラシのジレンマ」とは:恋愛の心理や解決法を紹介

記事の著者:Kanako

「ヤマアラシのジレンマ」という言葉を知っていますか。人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の登場人物である赤木リツコが台詞の中で引用した言葉として知っている人が多いかもしれません。

その引用元は、ドイツの哲学者・ショーペンハウエルの寓話に出てきた言葉です。少し哲学的な言葉ですが、その意味や心理はとても分かりやすく、実は恋愛においてカップルが陥りやすい現象の一つなのです。

今回は、そんなヤマアラシのジレンマの意味や恋愛心理、そして陥ったときの解決法を紹介していきます。

「ヤマアラシのジレンマ」の意味

ヤマアラシとは体中にハリのようなトゲを持った動物です。2匹のヤマアラシは体をくっつけてあったまろうとするものの、お互いのトゲが刺さり、「近づきたいのに傷つけ合ってが距離が縮まらない」というジレンマを抱えることになります。

これは「相手を求める気持ち」と「相手を拒絶する気持ち」の二つがせめぎ合っているジレンマにも言い換えることができるのです。

こんな現象、どこかで経験したことはありませんか。そう、恋愛において恋人同士が距離を縮めようとする際、ちょうど良い距離感が分からず結果として傷つけ合ってしまう心理と同じなのです。

恋愛心理におけるヤマアラシのジレンマの例

「距離を縮めたいのにお互いに傷つけ合ってしまう」そんなヤマアラシのジレンマですが、実際に恋愛ではどんな現象が例として挙げられるのでしょうか。

ここではよくある具体例を紹介します。

本音を言いすぎることで傷つけ合う

付き合ってすぐに本音の言える近い距離で接することは難しいものです。しかし徐々に距離が縮まってくれば、最初に比べて相手の欠点を直接指摘したり、冗談交じりに相手を非難するようなことも言えるようになってきます。

ですが、本音をぶつけることにも限度があります。本音でぶつかり合うことができれば確かに距離は縮まりますが、本音がすぎれば相手はショックを受けるでしょう。

このように距離を縮めようとした結果、傷つけ合うほどまで近づいてしまった状態、これこそがヤマアラシのジレンマです。

干渉しすぎるせいで傷つけ合う

二人の距離を縮める際、どこまで相手のプライベートに踏み込むか、ということも重要です。

お互いに相手を知ろうとして踏み込みすぎてしまい、相手に拒絶されてしまうこともあるでしょう。どんなにラブラブな恋人同士とはいえ、プライベートの境界線はあるものです。

干渉しすぎるせいで嫉妬したり、束縛したりなどのトラブルに発展する場合も多いでしょう。近づきすぎたせいで逆に相手がうっとうしくなってしまうという現象も、ヤマアラシのジレンマの一例です。

ヤマアラシのジレンマの解決法

では、ヤマアラシのジレンマを解決するためにはどうすれば良いのでしょうか。大事なのは、やはりお互いにとって一番心地良いと感じる距離感を模索することでしょう。

2人の距離を縮めるためには時間が必要です。いきなり本音をぶつけたり、過剰に干渉したりすれば、相手はひどく警戒します。

「これくらいなら相手を傷つけないだろうか…」と、慎重にちょうどいい距離を探ると良いでしょう。

ヤマアラシのジレンマに陥らないために

ヤマアラシのジレンマに陥ってしまう大きな原因はお互いの距離感にあります。

恋人同士といえど、お互い他人です。2人が心地よい距離感を保ちつつ、距離を詰める際は時間をかけて徐々に近づくと良いでしょう。

少し面倒臭く感じるかもしれませんが、それくらい人と人が心を通わせ、ちょうど良い距離感をつかむというのは難しく厄介なことなのです。

その認識さえ持っていれば、ヤマアラシのジレンマに陥ることは少ないでしょう。