「惚れた弱み」とは?心理と対処法まとめ 

記事の著者:Kanako

「恋愛は先に好きになった方が負け」そんな言葉を一度は皆さん耳にしたり、口にしたことがあるでしょう。

自分の方が想いが強く、「相手に対して何でも甘やかして、わがままも許しがちになってしまう」そんな関係になってしまってはいませんか?好きな人とは対等な立場でいることが望ましいです。

今回は、「惚れた弱み」を抱えている人の心理と対処方法について詳しく紹介します。

惚れた弱みとは

恋人とは、きっかけや状況はもちろん、関係性や交流の取れる場所など、出会い方は多種多様で、さまざまなストーリーを経てお付き合いに発展したことでしょう。

しかし、自分から先に相手を好きになった人、最初はそうでも無かったのに、交際中に想いの強さが逆転してしまった人は、相手のことが大好き故に不安を抱えしまいます。

その不安は大きく分けると「相手に嫌われてしまうのが怖い」「愛情を感じられていない」の2つです。

ここからは、惚れた弱みから不安になってしまう人の心理を紹介していきます。

相手に嫌われてしまうのが怖い

常に「もしも相手に別れを告げられてしまったら」と不安を抱きながら恋愛をしている人は意外と多くいます。

起きていない「もしも」の想定のせいで、思うように行動したり、言葉に出来なかったりして、本来の自分らしさを失っていませんか?

「わがままを言ったら幻滅されてしまうんじゃないか」「向こうの気持ちはとっくに離れているんじゃないか」なんて考えながら恋愛するのは疲れてしまうことでしょう。

また、必要以上の不安と気遣いは、上下関係を築き上げてしまいますし、折角互いに好き合ったからこそ恋人関係になっているのに、いつの間にか「交際してもらっている」状態になってしまいます。

自分に自信がないと、こういった考えに至ってしまうのです。自分なんて、と考えている人はすぐにその考え方をやめるべきです。

大好きな相手が自分を選んだという事実を思い出しましょう。自分を否定するということは、相手の選択を否定することにも繋がってしまうので、できるだけ相手の気持ちを信じましょう。

愛情を感じられない

自分ばかりが好きで相手からは全く想われている気がしない、相手が素っ気ないと感じている人は、相手の普段の発言や性格を思い出してみてください。照れ隠しだったり、不器用なだけで愛されているサイン、見落としていませんか。

考えても思い浮かばないという人は、きちんと自分の気持ちを伝えて、相手とコミュニケーションを取りましょう。一方的に好きと伝えるわけではなく、今の自分の気持ちを正直に打ち明けてしまうのです。

注意として、愛情を伝えてくれないからといって、感情的に相手を批判することだけは避けましょう。

あなたを大好きだからこそもっと分かり合いたい、気持ちをたまには口にして欲しい、といったような前向きな言い方で表現することをおすすめします。

惚れた弱みを乗り越えるには

気持ちにゆとりを持たなければ、相手の気持ちが入り込む隙が無くなってしまいます。

あなたが思えば思うほど、相手があなたに気持ちを伝えるタイミングやチャンスが減っていくのです。無意識の内に自らを下げて、自分で格差を作り上げてしまっていませんか?

考えを改めることが難しいという人は趣味やスポーツ、自分磨きに時間を費やして、自己評価を高められるようにしてみましょう。

没頭している内に自分も成長出来て、相手からの連絡を待たなくて済むようになるかもしれません。