ガツガツしすぎ?!デートのお誘いを断られる女性の特徴5つ

記事の著者:Kanako

今の時代、デートは男性から誘うもの…というばかりではありません。

気になる人がいたら、自分からどんどん声をかけていく女性も多いですよね。

でも、勇気を振り絞って気になる男性をデートに誘ったのに、断られてしまった…という悲しい経験はありませんか?

その理由はいったいなぜだったんでしょう?

今回は、デートのお誘いを断られがちな人の特徴を考えてみました。経験がある女性は自分の身を振り返りつつ、ぜひ参考にしてみてくださいね!

1. 過去のデートがつまらなかった

相手の男性と、過去にデートしたことがあった場合。

そのデートが「つまらなかった」と思われていたとしたら、また無駄な時間を過ごすような気がして、男性はもう一度デートをしたいとは思わないでしょう。

そのイメージを払拭できるように、次に誘う時には新しい提案ができると成功率が上がります!

また、どんな会話をすれば盛り上がるかなどを考えてから、デートに臨む必要もありそうですね。

2. タイミングが悪い

デートにネガティブな印象はないのですが、単純に、誘うタイミングが悪くて断られてしまう場合もあります。

このケースは、次に誘えばうまくいく可能性があるので、一度だけで誘うのをあきらめてしまうのはもったいない!

いつだったら予定が空くかをさりげなく聞いてみて、その時期を狙って誘うようにしてはいかがでしょうか?

3. ガツガツ感が隠しきれていない

いくら好きな彼とデートがしたいとはいえ、女性があまりにもガツガツした雰囲気を出して誘ってしまうと、男性は引いてしまいます。

女性から誘うのもメジャーになっているとはいえ、男性はやっぱり女性をリードすることに喜びを感じるし、頼られたいと思っているもの。

デートに誘う時は、あくまでかわいく控えめに、が鉄則でしょう。

また、男女間のやり取りは駆け引きが大切です。緊張したり浮かれていても、頑張って平静を装いましょう。

4.壁を感じさせてしまう

自分からデートに誘っているのに、静かな雰囲気からか、男性に「壁を作っている」と思われてしまう女性もいます。

あまり仲良くなかったり、社交的ではない女性が相手だと、「どうしてデートに誘われたんだろう?」と疑問に思ってしまう男性も多いのです。

また、世間一般にミステリアスな女性が好かれる傾向にあることから、そういうキャラクターを演じている女性もいます。この場合、女性本人は壁を作っているつもりはなくても、周りからは近寄りがたく思われているのかもしれません。

デートに誘う時は、壁を作るのはよくありません。むしろ、相手の壁を壊すくらいの勢いが必要ではないでしょうか。

5. お金がかかりそうなイメージ

身に付けているものが、いつもブランド物や高価な洋服ばかりの女性は、私生活全般がお金がかかっていそうなイメージがありますよね。

その印象から、誘われた男性は「この子とだと、お金のかかるデートをしなくちゃいけないのかな?」と不安に思ってしまうもの。

デートに誘ったのが女性だとしても、デート代を負担するのは男性であることが多いため、警戒して断ってしまうことも多いです。

この場合は、男性に全額負担させないことを暗に匂わせたり、行くスポットをあらかじめ決めておくと、相手も安心して誘いに乗ってくれるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?

せっかくデートに誘いたいと思った男性が現れたなら。上にあるような理由で、チャンスを逃してしまうのはもったいないですよね?

誘う前に自分のタイプを分析して、ぜひ慎重に計画を練ってみてくださいね!