恋愛における反動形成とは?原因と対処法も紹介!

記事の著者:Kanako

好きな人にだからこそ、そっけない態度を取ってしまうことがあります。反動形成とは、自分の意思とは反対の嫌われてしまうような行動をとってしまうことです。

今回は、反動形成について原因と対処法を紹介していきます。

天邪鬼が辛い、という方や、好きな気持ちと正反対の行動をとってしまい悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

反動形成では抑制心が作用

「反動形成」という言葉だけを見ると、堅苦しい印象を持ちます。反動形成とは、好印象を抱いている相手に対して本心を隠そうとする心理が働くことです。好意を抱いているのに、あえて嫌いだと思わせるような行動をとってしまいます。

反動形成とは、自分の気持ちや欲求に対して抑制しなければならない、という抑制心が過剰に作用して起こるものです。

また、相手に嫌われてしまうかもしれないという恐怖心がある場合、嫌われるようなことを先に行ってしまえば大丈夫だと思う節も。嫌われる行動を自らとることで、恐怖心を打ち消そうとしている場合が多いでしょう。

反動形成の原因は恐怖心

反動形成は、「相手にどう思われるのか分からなくて怖い」「好意を抱いているのに、自分の行動によって嫌われるのが怖い」という場合に強く作用します。先に率先して嫌われるような行動をとってしまうことによって、後に嫌われることを回避しているのではないでしょうか。

人間関係でも恋愛でも、本心で言っているわけではないことがすぐにわかります。そのため、わざと憎まれ口をたたいたり、自分の意思と反しているような言動や行動を行っている人は、反動形成だと見分けられるでしょう。

本当の気持ちを認めることが怖いと思っているので、本心を聞き出すのは非常に難しいです。しかし、根気強く付き合っていくことによって、相手を知ることができるようになるはず。

まずは、相手の行動をしっかりと見極めることから始めましょう。そうすることで、相手が反動形成なのかどうかが分かります。

反動形成の人の恋愛は分かりやすい

反動形成の人はまず、気になる相手には気を引こうと意地悪をしたり、喧嘩になりそうな言動をします。また、話しかけられても無視したり、興味のなさそうな態度を取ることも。

初めのうちは、そういった相手との恋愛は非常にやりづらく、悩むことも多いでしょう。しかし、相手を観察したりリサーチすることによって、対策を練ることができます。

自分が反動形成だった場合はまず、気持ちを素直に認める所から始めましょう。素直になることは、反動形成の人には非常に難しいはずです。

しかし、素直になれるよう努力すれば、恋愛を成功に導くことができます。まずは自分の気持ちと正面から向き合い、素直な気持ちで相手とも接するようにしましょう。

反動形成の対処法は落ち着いた態度を取ること

近づきたいと思っている相手が反動形成の行動をとっている場合は、あなたが過剰に反応すると逆効果です。

まずは無視まではいけませんが、相手の反動形成には全く気にしていません、といった態度を取りましょう。

反動形成の人の行動を少しずつ制限できるよう、相手を受け止め、精神を強く保ってみてはいかがでしょうか。次第に相手も素直になっていき、自分もその気持ちに応えることができます。

自分の反動形成を直したいと考えている方は、まずは相手に嫌な態度をとったり物事を強く言わず、落ち着いた状態を保つようにしてみましょう。

素直になることを心がければ、相手も歩み寄ってくれるはずです。