レディーファーストな行動6選:女子が思わずきゅんとする!

記事の著者:2014893

男性がさりげなくエスコートしてくれたり、何も言わずに会計をしてくれるなど、女性を優先する行動をレディーファーストといいます。

レディーファーストはすべての男性が行ってくれる行為ではありません。また強要するものでもなく、男性側が自然に行うもの。

気になる相手には積極的に試してみて。

女性がきゅんとするレディーファースト6選

車道側を歩いてくれる

女性は、男性がさり気無く車道側を歩いてくれることにあこがれを持っています。少女漫画などでも王道のシチュエーション。

ここでのポイントは、あくまでもさり気なく誘導してくれる点です。女性に押し付けるわけではなく自然に行ってくれることで、女性はきゅんとするもの。

またこの時、水たまりや自転車などの障害にも対応してくれると、その男性がだんだん気になってきます。

エスカレーターでの立ち方

最近はスマホを持って歩くことも多く、丈の短いスカートを履いていると盗撮される危険も多いです。

さり気なく後ろに立って、女性を危険から守れる男だとアピールするチャンスです。

やってみたいけどやり方がわからないという人は、乗るときは女性の後ろに、降りる時は女性より前に乗ると自然に見えるので、チャレンジしてみて。

食事時のスマートな会計方法

レディーファーストの定番行為。

食事が終わり、店を出る雰囲気になると、多くの女性は1度化粧室に行きます。

女性と出る際の会計では気を遣わせてしまうので、女性が席を離れた際に、男性がさっと会計を済ませてくれるとポイントが高いです。

気づかれないように会計を済ませておいてくれる行為は、女性にとっても好印象を持ってもらえます。

車のドアを開けてくれる

押すタイプのドアや車に乗る際、丁寧に押してくれたり、わざわざ開けてくれる男性は多くありません。

日本ではそういった習慣がないため、なじみがありませんが、中にはそういった行動をしてくれる男性もいます。

気恥ずかしい気持ちなりますが、女性として扱ってもらえることに幸せを感じることが多いです。

食事の時に椅子を引いてくれる

2人で食事に行く際、お手洗に立ちやすい場所に座らせてくれる男性は多いです。

さらに上級者ですと、椅子を引いて座らせてくれる男性もいます。椅子を引いてくれるという行為は、レストランでは最上級のエスコート。

そういったマナーをさり気無くこなしてくれる男性はなかなかいないので、実際にやってもらうとドキドキするものです。恥ずかしくてできないという人も、1回こらえてやってみて。

重い荷物を持ってくれる

一緒にショッピングデートをしていると、女性が購入したものが思いのほか大きかったり、量が多い場合があります。

無視するのではなく、率先して「持とうか?」と言ってくれる男性は魅力的。女性は荷物を持ってくれるという行為というより、自分を気遣ってくれたことに喜びを感じます。

レディーファーストしてもらった女性が喜ぶ理由は、相手が自分を気遣ってくれたことが嬉しいと感じるところが大きいです。

おすすめマッチングアプリBEST3

新しい出会いを見つけるのにぴったり!編集部が進める安心・出会えるマッチングアプリ。