出会いが多いバイト先とは?大学生におすすめな出会いの場を紹介!

記事の著者:brule

アルバイトは、男女の出会いの絶好の機会です。

女子大に通っている女性など、男性が少ない環境にいる場合、アルバイト先で出会って付き合っているケースも多くあります。

アルバイト先と一口に言っても、カフェやカラオケ、居酒屋など様々。人数や男女比などにより、出会いが多くあるアルバイト先とそうでないアルバイト先があります。

「なかなか良い出会いがないから、男性と出会える機会を増やしたい」と感じている場合には、出会える可能性の高いものから優先的に探してみましょう。

出会いが多いアルバイト先

1.飲食店

やはり、アルバイトと言えば鉄板なのが飲食店。「過去に飲食店のアルバイトをしていた!」という方も多いはず。

飲食店のアルバイトは、基本的に店員同士の協力が必須です。そのため、他のアルバイトと比べると店員同士で話す機会が圧倒的に多くなります。

そのため、他の店員と仲良くなりやすく、働いていくうちに親しくなって恋愛に発展するケースが多いです。

若い人が多いバイト先の場合、飲み会などのイベントが多く開かれ、仲良くなれる可能性もあります。

2.カラオケ店など自分の趣味に合ったお店

カラオケ店や本屋、漫画喫茶、ゲームセンターなどのお店でのアルバイトは、お互いの趣味を知りやすいため、出会いにおすすめ。

カラオケ店では好きな音楽について知ることができたり、漫画喫茶やゲームセンターでは好きなアニメや漫画作品を知ることができます。

趣味が共通している場合、話が盛り上がり仲良くなりやすいです。そのため、趣味の合う人同士で付き合える可能性も高くなります。

しかしここで注意すべきなのは、あまりにも女性/男性向けの趣味の場合、異性が働いている人数が少ないかもしれないということ。

自分の趣味があまりにも女性/男性向けのものだった場合は、他のアルバイト先を探してみましょう。

3.塾講師

賢い人と付き合いたい場合、塾の講師のバイトをやってみるのがおすすめ。

塾講師は生徒に勉強を教えるという職業柄、働いている人の学歴層も比較的高いです。そのため、自分の学歴よりも頭のいい人と付き合いたい場合には、塾講師を始めてみましょう。

しかし気を付けておきたいのは、塾講師は飲食店などに比べると他の人との協力が少なく、個人の作業が多いということ。休憩時間やふとしたタイミングで自分から話しかける勇気が必要になります。

そのため、「自分からぐいぐい話しかける自信がある!」という方に、特におすすめです。

4.コールセンター

コールセンターは登録者が多く、様々な人と出会えるのが特徴。

研修がしっかりあるので、そこで同期の人と仲良くなることが多いです。またクレーム対応の愚痴を言い合うことで、連帯感が生まれることもあります。

5.コンビニエンスストア

コンビニに関しては、働く店舗によって世代に偏りがあり、当たりはずれがある場合も。

いざ働いてみて同年代の異性が少なかったり、お母さん世代ばかり、というようでは出会いを楽しめないでしょう。必ず面接に行く前に、下調べをしましょう。

大学近辺のコンビニでは、同年代の異性が働いている場合が多いため、出会いの場として特におすすめです。

6.スポーツジム

スポーツジムはインストラクターやお客さんとの距離が近いことから、恋愛関係に発展することが多いです。

基本的にスポーツが好きな人が集まるため、趣味や話も合うことが多いのも恋愛に繋がる要因でしょう。同じ時間帯にいる相手に挨拶するところから始め、徐々に会話に繋げることで自然に恋愛に発展することがあります。

ジムの行っているプログラムに参加するのも、同じ人と定期的に会えるのでおすすめです。

バイト先の気になる相手にアピールするには?

1.通勤前後のおしゃれに気を遣う

バイト中は制服に着替えてしまい、女性の場合髪の毛を結んだりして、なかなか100%の状態で自分を見せることができません。

そこで大事になるのが通勤前後の服装。バイト終わりに相手に「おっ!」と思われる服装をすれば、そのギャップにドキッとさせることができるでしょう。

2.仕事は前向きに取り組む

どれだけ外見が良くても、仕事に一生懸命でない人は良い印象を持ってもらえません。

前向きに頑張っている人は誰の目にも魅力的に映ります。仕事に明るく前向きに取り組むことで、「あの子頑張っているな」と一目置いてもらえるようにしましょう。

3.時には仕事で甘えてみる

どれだけバイトで頑張っていても、分からないこと、できないことは出てきます。

そんな時には、ここぞとばかりに気になる相手に頼ってみるものおすすめ。男性女性問わず、頼られると嬉しいものです。

探しているものがどこにあるが分からない時、お客さんの対応に困った時など、それを口実に相手を頼ってみましょう。

4.他のバイト仲間とも仲良くなる

いざというときに頼りになるのは、同じバイト仲間です。

好きな人の相談をしたら、気を利かせて二人にしてくれたり、バイト仲間みんなで遊びに行く口実を作ったりしてくれることもあります。バイト仲間で仲良くなっておくのは結構重要なポイントです。

5.シフトを合わせる

バイト外での関わりよりも、バイト中に関わる時間のほうが多いはず。そんなときは、少しでも長く同じ時間を過ごせるように、シフトを合わせてみましょう。

自然と話す時間も増えて、2人の距離は縮まりやすくなります。

6.仕事の相談で連絡をとる

連絡先の交換をするときは、シフトや仕事の相談といった名目から始めましょう。

最初は仕事上の相談から、だんだんと日常の話をするようになれば、自然な流れで会話ができるようになるはずです。

日常的な会話から気の合う趣味が見つかれば、遊びに行く約束までこぎつけることもできるかもしれません。

7.休憩中に仲良くなる

バイト中はあまり話せなくても、休憩中は会話のチャンスです。一緒にお昼を食べたり、他愛もない話をすることで2人の距離は一気に縮まるでしょう。

日常の様子やお互いの趣味のことなど、積極的に話してみてください。

休憩中、相手が疲れている様子であれば無理に話しかけず、疲れている相手を休ませる気遣いもポイントアップです。

番外編:大学生がバイト以外で出会うなら

1.サークル

大学生の出会いの場といえば、何と言ってもサークル。

学部や学科が違っても、同じサークルに入っていることで顔を合わせる機会が増えます。インカレサークルに入れば、他大学の人との出会いも期待できるのでさらに出会いの可能性はアップ。

同学年や先輩に囲まれ、サークル後の食事や飲み会、イベントなどで話す機会も増え、その中に「この人!」と思える存在がいるかもしれません。

またサークルの場合、部活とは違って複数のサークルに所属することが可能。今までやったことのないスポーツや楽器であっても、興味がある場合には複数に手を伸ばすのもおすすめ。

もし自分の行く大学に知り合いなどがいるのであれば、どんな雰囲気か事前に聞いておくと良いでしょう。

2.ゼミ・研究室

ゼミや研究室では、同じ教授のもとで同じ勉強をすることになるので、深い関わりを持てます。

特に、人見知りで「合コンもできれば参加したくない」という女性にはおすすめです。

基本的に同じメンバーなので、あまり無理のある付き合い方にならず、落ち着いた恋愛に向いています。また、上下の学年と合同でゼミを行う大学もあるので、年上や年下とのつながりを築くことも可能です。

3.友達の紹介・合コン

合コンは彼氏・彼女を作る絶好の機会です。もし、その時のメンバーに「この人がいい!」と思う人がいなくても、そこで人間関係を築いておくことで次の出会いにつながることもあります。

出会いを増やして人脈を広げる意味でも、合コンに参加する意味はあると言えるでしょう。そのときメンバーが、誘う人を変えて別の合コンを開催する時に誘われることもあります。

4.電車の中やイベント会場

いつも同じ電車に乗ってくる人やライブで偶然知り合った人など、予想もしていないところに出会いはあります。

就活のイベントなども実は出会いの場。インターン先で彼氏ができたという人も、大学生の中にはたくさんいます。大学生活を充実させながら、出会いとしても活用してしまいましょう。

5.趣味の教室

大学生活だけ送るのはもったいないので、自分の趣味や特技の教室に参加してみるのも手です。

会費などはかかってしまいますが、自分の好きなことをやれる時間を設けられるだけでなく、同じ趣向の人が集まる場でもあるので、気の合う人が見つかりやすいでしょう。

大学生との出会いだけではなく、社会人との出会いも見つかるかもしれません。今人気なものでは、ホットヨガの教室がおすすめ。男女共同のスタジオもあり、健康に気を使った素敵な相手と出会える可能性も広がります。

6.ボランティア活動

大学では、ボランティア活動の募集がたくさんあります。

年齢や性別や地域などにまったくとらわれない募集なので、とても出会いの範囲が広がるでしょう。

ボランティア活動は、就活の際にも役立つのでやっていて損はないはず。少し不純な理由かもしれませんが、ボランティアは人が集まることに意味があるので、気軽に参加してみましょう。

7.お店の常連になる

大学生になると、地元だけでなく色々な地域に行く機会が増えるでしょう。行動範囲が広がるということは当然、足を運ぶお店の種類も増えます。

高校生では行けないようなお気に入りのお店を見つけて通いつめ、お店の店員さんと仲良くなってみることもおすすめ。

お酒を飲める年になったら、おしゃれなバーに通ってみるのもいいでしょう。自分よい少し年上の相手との出会いが期待できます。

8.同窓会に行ってみる

同窓会は、小学校・中学校・高校とその時にはあまり接点がなかった人と再会できるのでおすすめ。

仲がよかった人と再会するのもいいですが、あまり話さなかった人と大学生になった時に改めて話をしてみると、実は気が合う可能性もあります。

成人式の時期に同窓会が開かれることが多いので、遠くから帰省する人もそうでない人も、気合を入れて望みましょう。

9.大学のイベントに参加する

大学には学祭だけでなく、自治会が開催しているハイキングやボーリング大会など、様々なイベントが開催されています。

こういったイベントに参加することで、出会いの機会はどんどん増やすことができるでしょう。

10.マッチングアプリを利用する

外に出て新しい出会いを探すことに少し疲れてしまった場合は、マッチングアプリを利用するのもおすすめ。

多くの人と効率よく出会えるマッチングアプリなら、同世代の大学生だけではなく、社会人の年上男性や国を超えた出会いがあります。

趣味などで条件検索をすれば、自分と似ている価値観を持つ相手と出会うことも可能です。

スキマ時間を上手に使って、安心して出会いを見つけたいという方は登録してみましょう。

[無料]ペアーズで出会いを探す

バイトで出会いを増やす方法まとめ

飲食店やコンビニ店などでは、同年代が働いていることが多く、数多く選択肢があるアルバイト先の中でも特に出会いの場としておすすめ。

大学生の場合にはバイトだけでなく、出会いの機会は学校内や校外活動など様々なところにあるので、常にアンテナを張るようにしましょう。