結婚したいけどお金がないときの対処法:結婚前から2人で話し合おう!

記事の著者:Kanako

「大好きな恋人と一緒にいたい・・・」交際が続くにつれ結婚について考えるようになりますが、貯金が全然なくて不安ということはありませんか?

実際にお金がないカップルは結婚できるのでしょうか。

今回は、結婚式や手続きをする上での対処法についてまとめました。

結婚にかかる平均費用は400万以上

結婚が決まったら、まずどのくらいの費用がかかるのかを知らなければいけません。

両親の顔合わせや結婚指輪に婚約指輪、結婚式など結婚にかかる費用は多く、平均で400万以上と言われています。

恋人がいて結婚したいと考えていても、20代のうちに十分な貯金ができてないという人も多いです。

新婚旅行に海外を選ぶ人も増えていて、平均以上のお金が必要になることもあります。所得の問題などもあり、若い世代の人たちが満足のいく結婚をするのは困難なのが現状です。

また、お互いの貯金を出し合って結婚することになった際にトラブルのきっかけにもなります。結婚費用が原因で破談になった・・・なんて悲しいことが起こらないよう、2人でどうするかを決めましょう。

お金がないときに結婚するためのやるべきこと

結婚資金用の貯金口座を作る

結婚したいのにお金がないとなったらその瞬間から貯金を始めれば、まだ間に合います。2人で貯める貯金口座を作りましょう。

定期預金をしても良いし、月○○円と決めて毎月の給料とボーナスを貯金しても良いです。将来子どもができたときのためにも、貯金を習慣づけておく必要があります。

貯金の際は、だいたいの結婚費用を算出した後に何か月後にどれくらい貯めるのかを具体的に計画しておきましょう。

むやみに貯金するのではなく、今の生活水準を維持しつつ現実的に可能な金額を設定しておくことが貯金成功の秘訣です。

低予算の結婚式を計画する

結婚において最もお金がかかるのが結婚式です。おめでたい式ですので、安く適当に済ませるというよりは手作りなどにこだわった結婚式を計画してみましょう。

ブーケやウェルカムボード、披露宴会場の飾りなど、最近ではDIYで作る結婚式も人気があります。夫婦で楽しみながら作れる点も魅力です。

また、ゲストに技術系の仕事をしている人がいれば依頼するのも良いです。その際、お金はしっかり払う必要がありますが、「手伝ってほしい」という名目であれば快く了承してくれるでしょう。

新居の引っ越し費用を抑える

貯金が十分にない場合、結婚した際の新居について見直してみましょう。

マンションや一戸建てを考えているなら、貯金が貯まるまでは賃貸住宅に住むなど住み始めるのを遅らせることで大幅に結婚費用を軽減できます。

また、同棲中のカップルならそのまま引っ越すまで住み続けることもおすすめ。子供ができるまでは引っ越さないなど、新居の計画はそのまま進めていけばトラブルになることも少ないです。

両親・親戚に工面してもらう

自分たちのお金だけではどうしても足りないとなった場合、借金をする前に両親や親戚に相談してみましょう。

「結婚費用として○○円借りたい、月に○○円返します」と、計画的に返せることをしっかり話せば工面してくれることもあります。

だからといって、お金があるのに全額出してもらうことは避けましょう。両親としては嬉しい出来事なのでつい甘やかしてしまう人もいますが、これからは2人の人生です。

出せる範囲は自分たちで出すよ、とはっきり伝えることが大切。

まとめ

今回は、お金はないけれど、やっぱり結婚はしたいと考えている方のための対処法をご紹介しました。

夫婦になればこれからもっと色々な問題が出てきます。その時にちゃんと解決できるよう、結婚前からコミュニケーションをとって絆を深めていきましょう。