重くならない好きの伝え方:伝えるタイミングがカギ!

記事の著者:Kanako

好きな人や彼氏ができると、好きな気持ちがあふれ出してしまうものです。

好きだと伝えることは悪いことではありませんが、伝え方によっては重く捉えられてしまうこともあります。

一度でも重い女と判断されてしまうと、彼との恋愛も長続きしない可能性がでてきてしまうものです。なぜなら、重い女は男性からは基本的に、面倒くさいと思われてしまうことが多いからでしょう。

大好きな彼にそう思われないようにも、今回は重くならない好きの伝え方について紹介します。重くは思われたくないけど、好きだと伝えたいという女性は必見です。

恋人未満の場合

好きな相手がまだ恋人未満の相手の場合、好きだという思いを伝えなければ前には進めません。

だからと言って、好きの伝え方を誤ると重い女認定されてしまい、彼女になることもできずに終わってしまうのです。

そうならないためにも、恋人未満の男性への好きの上手な伝え方を紹介します。

重いと感じる好きの伝え方

まずは、どういう好きの伝え方が重く感じられてしまうのかについて説明します。恋人未満の男性ですと、ただの友人であったり、はたまたセフレの関係であったりと多種多様でしょう。

友人関係である場合は、好きな気持ちを伝えても重くは捉えられないことが多いです。むしろ相手を意識させるためにも気持ちをストレートに伝えることは大切でしょう。

ただし、振られているのに何度もしつこく好きと言ったり、LINEなどで好きを連呼したりすると重い女認定されてしまいます。

セフレ関係の場合は、好きな気持ちを隠して行為に及ぶことが多いですが、行為中は盛り上がるためにも好きという気持ちを伝えやすいでしょう。

行為中ならまだ問題はありませんが、行為後の好きは、男性にとってはストレスに感じることも多いようです。セフレからの進展を望んでいる場合は避けた方が良いでしょう。

重くならない好きの伝え方

では、どうすれば重くならないのかについて説明します。重要なのは気持ちを伝えるタイミングです。

友人関係であれば、二人で会った帰りなどの夕方~夜にかけて好きを伝えると、相手は重い女だとは思わずに意識し始めるはずです。

会ってすぐは、好きな気持ちを抑えて、あくまで友人として見ている雰囲気を装いましょう。何度も好きと伝えている場合も同様です。

好きを伝えるタイミングが良ければ、何度も流されていた告白もいつか実ることでしょう。

セフレ関係であれば、セックスをする前の段階で好きを伝えることが重要です。行為中も良いですが、行為中だとムード作りの一環として流されてしまう場合があります。

行為前のゆっくりした時間に伝えることで、彼も恋愛対象としてあなたを意識するきっかけになるでしょう。

恋人の場合

恋人の場合は、好きという気持ちを堂々と伝えることができます。それゆえ、度が過ぎて重い女認定されてしまう女性も少なくありません。

相手が恋人であっても、相手の気持ちに寄り添って好きの気持ちを伝えましょう。

重く感じる好きの伝え方

恋人が相手だった場合は、どういう好きが重いと感じられてしまうのか説明します。

まず、相手が仕事や趣味での作業を行っているときに好きと伝えるのはNGです。なぜなら、男性は自分のプライベートな時間を大切にするので、そのときに彼女が邪魔をしてしまうと不快に感じてしまうからです。

同棲中のカップルは特に気を付けましょう。彼の邪魔をすることは重い女認定の第一歩です。

次に確実に重い女だと思われてしまう伝え方を紹介します。それは「好きだから~してあげる」という言いかたです。

好きだから尽くしていることをアピールしたい気持ちは分かりますが、言葉も相まってその行為自体が重いと受け取られてしまうでしょう。

おせっかいと好きの気持ちが合わさると、確実に重い女になってしまいます。

重くならない伝え方

恋人に重いと思われないためにも、伝え方には注意しましょう。意識するのはタイミングです。

まず、彼が自分のプライベートな時を過ごしているときは避け、デートや食事などで彼女自身に時間を割いているときに伝えるのが最適です。

彼もその時間はあなただけを見ているので、好きだと伝えられると素直に嬉しく思います。

そして、一番相手が喜ぶ好きの伝え方は、相手に何かをしてもらったときに「ありがとう」の言葉とともに伝える「好き」の言葉です。

「~してくれて、ありがとう。大好きだよ。」と伝えるだけで、あなたへの愛情がアップするでしょう。

まとめ

以上、重くならない好きの伝え方を紹介しました。

好きな人がいる人は、付き合っている場合もそうでない場合も、この記事を参考にして相手に好きを伝えてみてください。