モテない大学ランキング:理系男子と高学歴女子はモテない?

記事の著者:SARAS婚活編集部

大学生にもなれば、親元を離れて一人暮らしをしたり、バイトをしてお金をためたり、自由な時間も増えます。そんな自由な時間は、彼氏や彼女と過ごしたいと思う人も多いです。

しかし、彼氏彼女をつくるためには、まずは出会わなければなりません。大学生が出会うためのイベントとして気軽に開かれるのは合コン。

しかし、モテない大学に通っていることで、合コンで相手をしらけさせてしまうことも。

そこで今回は男女別でモテない大学をランキング形式で紹介。実際にその大学と合コンしたことある人や、その大学に通っている人も要チェック。

モテない大学:男子編

第3位:芝浦工業大学

東京の私立工業大学である芝浦工業大学が3位にランクイン。工業大学というだけあって、大学内の女子率は低く、ほとんどの男子学生は大学の外での出会いに期待するしかありません。

しかし、工業大学の女性が無縁そうなイメージの低さから、モテない大学認定されてしまっているみたい。大学内に女性が少ないことから、身だしなみに気を遣う男子学生が少ないのも原因の1つ。

また、文系の女性からすると「工業大学って機械?難しそう」と、合コンする際にも抵抗をもたれています。芝浦工業大学の男子学生は気を落とさず、女性に好かれる服装や会話内容を研究すべき。

第2位:電気通信大学

第2位は東京の理系国立単科大学である電気通信大学。またまた理系の単科大学がランクイン。電気通信大学は、名前の通り電気や通信などと言った分野を学ぶ大学。

卒業後はIT関連の職に就く人も多いので、女性にとっては魅力的とも思えますが、こちらの大学は芝浦工業大学よりも女子率が低く、大学内での出会いは難しい模様。

さらには、大学での授業や課題の多さから、女性との出会いや自分の身なりに気を遣う時間は少ないです。

このことから、電気通信大学は他大学の女性にモテない大学として認識されているようです。

しかし卒業後は女性からの評判も良いIT関連の職や、大企業への就職などが待っています。電気通信大学の学生は気を落とさず、卒業後の出会いに期待。

第1位:東京工業大学

第1位はまたもや東京の理系国立単科大学である東京工業大学。高学歴として有名な東京工業大学がワースト1位にランクイン。

まず先ほども書いたように、工業という言葉に対して女性はあまり良いイメージをもっていない可能性があります。難しそうで、相手の大学の話になった時に理解できないと思い込んでいる女性は多いものです。

さらに、高学歴とはいっても知名度が東京大学よりは低いのが現状。なおかつ文系の女性はあまり名前を意識したことがないため、高学歴であることすら知らない場合も。

それでも、東京工業大学が魅力的な大学であることは事実。女性に対してアピールをするときは、あまり気を落とさずに積極的にコミュニケーションをとるのがベター。

理系大学はモテない?

このように見てみると、男子の場合は理系大学がモテない傾向にあります。そもそも大学内に女性が少なく、外の女性は「理系は難しい・とっつきにくい」と感じているのが原因として挙げられます。

さらに、文系よりも課題や研究などで自由な時間がとりにくいのも女性からすると、自分に時間をつかってくれないように感じてしまう理由。しかし理系大学出身の人は、就職後は高給取りになることが多いです。

特に電気通信大学や東京工業大学は国立大学でもあり、受験のために時間を割いていて、女性慣れしていない人も多いはず。就職を機にイメージチェンジを測れば挽回することはできます。

女性の皆さんも理系だからと言って偏見はもたずに、将来を見据えた出会いを見つけるのもおすすめ。

モテない大学:女子編

第3位:東京工業大学

男子のランキングでも1位であった東京工業大学が1位にランクイン。東京工業大学は女子率が低いため、女性は大学内ではモテるのですが、外に出るとあまりモテません。

東京工業大学の学生は研究や実験などで、私立文系大学の女子大生と比べると自分のオシャレにかけられる時間は少ないです。それゆえ、外に出るとそちらの女子大生の方がモテてしまいがち。

また、高学歴×理系ということもあり、偏差値がそこまで高くない大学であったり、文系の男子大学生は委縮してしまうのも事実。自分より頭が良い女性に、抵抗感を持つ男性は少なくありません。

しかし、大学内での出会いはいくらでもあるので、東京工業大学の女子学生はあまり気を落とさずに大学内で素敵な異性を探すのがおすすめ。

第2位:お茶の水女子大学

第2位は東京の国立女子大学である、お茶の水女子大学がランクイン。こちらは女子大学ということもあって、大学内での出会いには全く期待できません。

また、高学歴として有名な大学なので、他大学の男性は委縮してしまうのが原因。お嬢様学校というイメージもハードルを上げてしまっている模様。

しかし、お茶の水女子大学は、早稲田や慶応、東京大学など、その他の高学歴大学とのインカレサークルなどで出会いがあります。

多くの男性にはモテなくても、高学歴の一部の大学からは評判なので、モテないとはいってもあまり悲観する必要はありません。

第1位:東京大学

第1位は東京の国立大学、東京大学。東京大学というと、日本で一番偏差値が高い有名な大学。

先ほども述べたように、男性は自分より頭の良い女性に対して委縮してしまいます。それが東京大学が1位となった原因。

大学内での出会いは多いはずですが、単位をとるのに精一杯で恋愛どころではない人も。東大生は男性との出会いの場では、あまり大学名を口にしないのが無難。

高学歴女子はモテない?

このようにランキングを見てみると、女子は高学歴の大学がモテない傾向にあります。男性は自分が上に立ちたいと思っている人が多いため、このような結果に。

しかし、恋愛に学歴は関係ありません。もしも相手の学歴を気にして恋愛に踏み込めない男性がいたら、他の部分で女性らしさや献身的なところを見せるのが必須。

モテない大学まとめ

Omiai

男子は理系、女子は高学歴がモテないというデータがありましたが、各大学にも魅力的な人が沢山いるのは事実。ランキングにとらわれずに、自由な出会いと恋愛を見つけることをおすすめします。

大学や学歴にとらわれずに恋愛ができる人を見つけたいという方は、マッチングアプリがおすすめ。男性は月額1,950円から、女性は無料で使えるマッチングアプリのOmiai(オミアイ)は、安心安全のアプリであり、数多くのカップルが実際に誕生していることから、人気を集めています。

Omiaiの特徴

  • 累計会員数が360万人以上、日本初・日本最大級のマッチングアプリ
  • 恋活・婚活に真剣な人が集まっており、本人確認などを通じて安心な出会い!
  • Facebookには一切投稿されず、友人に知られることもありません
[無料]Omiaiで出会いを探す

おすすめマッチングアプリBEST3

新しい出会いを見つけるのにぴったり!編集部が進める安心・出会えるマッチングアプリ。