共依存恋愛になっていないか判断するチェック項目と対処法まとめ

記事の著者:Kanako

共依存恋愛という言葉を知っていますか?共依存恋愛とは、恋人に依存しつつ、実はもう片方も相手に依存している状態のことを指します。人によって程度の差はありますが、共依存度が高くなると、お互いに監視したり、ひどいときには暴力沙汰になることもあり大変危険です。

多くの人はそんな状況から抜け出したいと感じているものですが、それを共依存は一度陥ってしまうと克服するに時間がかかります。

そこで今回は、共依存恋愛の特徴ついて紹介します、自分が当てはまっていないか、ぜひ参考にしてみてください。

共依存になっていないかのチェックポイント

必要とされることがうれしい

依存しやすい人は「他人が自分を必要とする=自分は生きている価値がある」という思いが根底にあるので、自分の存在価値が、あくまで他人基準になってしまいがち。

自分に自信が持てない

共依存に陥りがちな人は、自尊心が低い傾向にあるため、自分を過小評価してしまう傾向があるようです。「私なんか」と思っている人は、もっと自分を褒めてあげるようにしましょう。

相手に必要とされることが全て

相手に必要とされていることが、すべての目的になっている人もいます。恋愛以外も友だちと遊んだり、勉強したり、一人旅をしたり、やることは様々ありますが、相手以外の存在がまったく目に入っていないのが特徴でもあります。

思い込みが激しい

好きな人ができるとこの人が私の運命の人!と思い込んでしまう人も危険です。相手に自分の理想を押し付け、相手の気持ちはお構いなしになってしまうため、独りよがりな恋愛になってしまいがちです。

友達の意見に耳を貸さない

「別れたほうがいい」「距離を置いた方がいい」など、あなたのことを思っている友だちの声に耳を傾けず、悲劇のヒロインであることから抜け出そうとしない人は、恋愛依存症になっていると言えます。

共依存恋愛になったときの対処法

恋愛以外に楽しめることを探す

共依存になっている女性は、1日中、頭のなかが恋愛でいっぱいになっているのが特徴。このような女性は音楽や映画、ゲームなど、少しずつ楽しめることを見つけていきましょう。

外に出るチャンスがなくても、オンラインゲームなら家にいながら、同じような趣味を持つ仲間との交流もできるでしょう。

何でもいいので夢中になれるような、好きなことを見つけることが大切です。少しずつでも楽しいことが増えてくと、恋愛に依存する気持ちがだんだん冷めてくるはず。

楽しい時間を増やすことで、ひとりでいても心が安定してくるのが克服の一歩です。

綺麗になるように努力する

自分の容姿に自信がないと感じている女性は、彼を逃したくないと思って共依存になりやすいです。もしも自分が太っていると感じたり、肌につやがないと感じたら綺麗になるように努力してみましょう。

一人の力では難しいので、人の力を借りることが必要になります。スポーツジムに行ったり、おしゃれな美容室に行って髪型を変えて、プロにメイクしてもらったりするのもいいでしょう。

スタイルがよくなり、見た目が変わってくると、笑顔も増えてきて自分に自信がつきます。自分に自信がつくと人との接し方も変わってきて、彼へ依存する気持ちが少なくなってくるでしょう。

おわりに

共依存恋愛の人は、自分でその状態に気づいているパターンと、何も気づいていないパターンがあります。自分で気づいている人は、今の状態を改善する方法を考えましょう。

気づいていない人は、なかなか現在の状況に目を向けるのは難しいので、いきなりすべてを克服するのではなく、少しずつ行動を変えるよう努力してみて下さい。