「ただの友達」から告白されたときの対処法:自分の行動が勘違いさせてるかも

記事の著者:Kanako

男女間に友情は成り立つのか?という考え方は人それぞれです。友情が成り立つと思っている人は、男女の差なく付き合いをするため、ただの友達でも親密に接してきます。一方で男女の友情は成り立たないという考えの人は親しくすることは友情ではなく、恋愛感情となってしまいます。

そのため、大きな勘違いが生まれやすくなるのです。ただの友情と恋愛の境界線は何でしょう。友達同士にも嫉妬という感情は湧いてきます。どこがどう違うのかはとても難しい問題です。人によりその解釈が違うということを頭に入れておかなくてはならないでしょう。

ただの友達と恋愛対象の違い

男女間で「好き」というと恋愛感情を想像してしまいます。しかし、友達として「好き」ということもあるのです。ここのところが微妙で、時には友情が壊れてしまうこともあるのです。友情と恋愛感情の違いはダイレクトに言えば、そこに性的欲求があるか無いかではないでしょうか。

友達には性的なものを感じません。それがあるか無いかを感じ取ることは毎日会っていてもなかなか分かりずらいものがあります。勘違いをする方もされる方も悪気はありません。また、友情が途中から愛情に代わる場合もあるからです。

ただの友達に勘違いされたときの対処法

友情しか感じてない男性に恋愛感情を向けられた時には戸惑うことでしょう。好きだけどそれは恋愛とは違う感情だからです。このような時にどうしたら良いか誰でも悩むことでしょう。

はっきりと真実を言う

ただの友達として大事だと思っているならば、本当のことをはっきり言うことが相手に対する思いやりです。変にごまかしたり、うやむやにしてしまうことは相手を傷つけてしまいます。自分は友達として大事に思っていることを真剣に伝えましょう。

希望を持たせることはしない

はっきりと、ただの友達と恋人の境界線を儲けましょう。相手はあなたに恋心を抱いているわけですから、不用意なスキンシップはしない、二人きりでどこかに出かけないことです。一緒に行動する時には数人の友達と一緒に出掛けましょう。

きっちりと相手にわかるように友達なんだというアピールをすることです。絶対に希望を持たせるような言動や行動は慎みましょう。

友情が壊れるのを恐れない

どうしても友情を壊したくないという気持ちから、はっきりとした態度が取れない人がいます。しかし、それは互いに傷つく結果にしかなりません。友情が壊れるのを覚悟してはっきりとただの友達であると伝えましょう。

ただの友達が勘違いしやすい態度

あなたに対して恋愛感情を抱いた原因は彼に対するあなたの態度にあるかもしれません。自分に好意以上のものを持っているのじゃないかと思わせるような態度をしていないかチェックしてみましょう。

甘えた態度

何かをしてもらう時に甘えた態度でいつも接していたりしませんか?そのようなことをすれば相手は自分を頼りにしてる、異性として気があるのではないかと勘違いをしてしまいます。

ただの友達として関係を築いていきたいなら何か頼みごとをするにしても、甘えた態度ではなく普通に頼みましょう。

二人行動が多い

どこかに行くときに、いつも彼だけを誘うようなことは避けるべきです。二人きりになりたいと思われてしまいますし、自分に恋愛感情を持っていると勘違いされてしまいます。

特にただの友達とでは行かないような雰囲気のある場所やカップルが良くいく場所での二人行動は辞めた方が良いですね。

過剰なスキンシップ

必要以上にスキンシップをとることは相手に勘違いされる要因にもなりかねません。周りから見てもイチャイチャしているように見られてしまいます。周りが勘違いするようであれば、相手も勘違いしやすくなります。

ただの友達としていたいなら、適切な距離を取りましょう。

ただの友達に勘違いされる原因を作らないこと

何もなければ相手も勘違いして友達以上の感情は持たないでしょう。付き合いの中で恋愛感情になってしまうような原因が必ずあるのです。そこを気をつければよいのですが、なかなかうまくはいかないものです。

もしも勘違いされてもはっきりと自分の本当の気持ちを相手に伝えることが大事です。