彼氏がいつもデートに遅刻してくるときの対応:自分が遅刻したときの謝り方も紹介!

記事の著者:Kanako

デートに遅刻してくる彼氏にはどう対処したらいいのでしょうか。いつもは好きな彼でも、デートに毎回遅刻してくると寂しい気持ちになります。大切にされていないのかも、楽しみじゃないのかなとか、いろいろ不安にもなってしまうことでしょう。

その場合どう対処したらよいのでしょうか。そして自分も遅刻してしまうことはあると思います。そのときのフォローの方法や謝り方はどのようにしたらいいのでしょうか。

ここでは、デートに遅刻してくる彼氏への対処法や、自分が遅刻したときのフォロー・謝り方を紹介します。

デートに遅刻してくる彼氏への対処法は?

デートによく遅刻してくる彼氏にはどのように伝えたら効果的なのか紹介します。

冷静になって自分の気持ちを諭すように伝える

男性に効果的な伝え方は「遅刻されて寂しかったから次からは時間どおりに来てね」など諭すように伝えるようにすることです。

寂しかったというあなたの気持ちを、怒らないで落ち着いて相手に伝えると、「申し訳ないことをした」「心配をかけてしまったな」と罪悪感を覚えて反省してくれるでしょう。

世間体の観点から伝える

男性を叱る場合は、常識的に考えてNGなのではないかという観点から伝えることも効果的です。男性という生きものは、世間体を非常に気にするので、この言い方が効くでしょう。

待ち合わせによく遅刻をするということが常識と照らし合わせてどうなのかという観点から冷静に伝える方法です。

あなたが遅刻したときはどうフォローしたらいい?謝り方は?

彼がデートに遅れてくると寂しい気持ちになるように、遅刻してしまうことは、相手にいい印象を与えません。しかしどうしても間に合わないという事態は、あなたにも起こってしまうことがあります。

遅刻したときのフォローだったり、謝り方に誠意があれば、信用や、信頼を失わずにすみます。あなたが遅刻したときはどうフォローしたらいいのかとそのときの謝り方を紹介します。

遅れてしまうことを事前に連絡する

遅れてしまうことが分かった時点ですぐに、彼氏や待ち合わせの相手に連絡をしましょう。連絡をしないままで遅刻をした場合は、相手の怒りを買ってしまいます。いくら遅れてしまうことを言いずらくても、遅れてしまうがわかった時点で、連絡を入れておくことが大切になります。

「急いでいたから、連絡できなかった」では、相手を心配させ、わざとなのではという疑念さえ感じさせてしまいます。事前に連絡を知れておくことは大切なフォローになります。

待っている相手のところに走って向かう

遅刻してしまった場合、相手が見えたら、待っているところまで走って向かいましょう。

もし相手が遅れているのにゆったり歩いていたら、腹立たしく感じてしまいませんか?あなたが遅れたときにも、それは当てはまります。姿が見えたら走って向かう配慮も必要になります。

まず申し訳ないという気持ちを伝える

まず、遅れたことを相手に謝りましょう。そのときに、電車の遅延や、正当な理由がある場合でも、心からそう思っていない、口だけであるような謝り方は禁物です。

どのような理由があったにせよ、相手を待たせてしまったことに変わりはありません。そのことに対して、真摯に謝りましょう。申し訳ないというお詫びの気持ちをもって相手に謝罪すれば、きっとあなたの気持ちは伝わるはずです。

デートに遅刻されたとき、したときの対応まとめ

今回は、デートに遅刻してくる彼氏への対処法・自分が遅刻したときのフォローや謝り方について紹介しました。

遅刻はどうしても仕方のないこともありますが、してしまってもされても対処法を間違ってしまうと後味が悪くなってしまいます。遅刻したときは、この記事を参考に彼をフォローしてみてください。