彼氏が約束を忘れる:デートをすっぽかされないために事前にやること

記事の著者:Kanako

せっかくのデートにおしゃれをしてきたのに待ち合わせの時間になっても彼氏がこない。電話したらデートの約束をしたこと自体を忘れてたなんで場合、あなたはどんな気分になりますか?

友達に約束をすっぽかされても悲しいのに、それが彼氏ならなおさらです。もしかしたら、悲しいを通り越して怒りが湧き出てくる人もいるかも知れません。

今回は彼氏に約束をすっぽかされない対処法を見ていきましょう。物忘れが激しい彼氏をもつ人はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

男性は約束を忘れてしまうもの?

色んなことに注意を向けられる女性と違い、男性はそもそも自分が興味のあることにしか意識が向かない性質をもっている人が多いのです。

そのため、自分から率先してやりたいと感じたことは忘れませんが、興味がなかったりすることに対してはあまり積極的に行動しないのです。

彼から誘ってきたデートは忘れないのに、女性から誘ったデートはあまり乗り気がないときいは、顔に出てしまう男性も多いようです。

彼氏が約束を忘れないようにする5つの対処法

約束をしたその場で予定を入れてもらう

彼氏がデートの予定を忘れてしまうことを防ぐには、予定の日時や待ち合わせ場所が決まった時点で手帳やスマホなどのスケジュールに予定を書き込んでもらいましょう。

デートの予定も大切ですが、仕事の予定など忘れてはいけない予定はめんどくさがりの彼でも必ずどこかにメモしているはずです。

予定をすっかり忘れてしまい他の予定を入れてしまったなんてことも防げるので忘れっぽい彼にはその場でのメモを忘れずに。

前日にリマインドする

待ち合わせ当日に出先で連絡がつかないなんて最悪なことはないですよね。これは彼から一切連絡がなかった時に、最終手段でできる未然にドタキャンを防ぐ方法です。

「明日のデート楽しみにしてるね」などとさりげなく確認をしてみて、彼氏の反応を待ちます。連絡がくれば心配する必要はありませんし、一切返信がなければデートの予定を忘れている可能性があるでしょう。

罰ゲームを用意しておく

彼女とのデートだとしても長い付き合いだと、甘えてしまって遅刻したり、気分が乗らなければ断ったりする人もいるかもしれません。そんな時はあらかじめペナルティを二人の間で決めておくのもいいでしょう。

遅刻したらランチをおごるだとか、予定をすっぽかしたら欲しいものを買ってもらうなど、彼が守らなきゃと感じるくらいのレベルにしておくことで、ドタキャンなどは減るかもしれません。

待ち合わせを彼の家にする

待ち合わせの場所が時間が潰せる場所ならまだしも何もない場所で何もすることもなく待つのはとても苦痛ですよね。

そんな時は待ち合わせの場所を家にすることでその「無駄な時間」を過ごすことは回避できるでしょう。お互いに一日オフの場合は前日にどちらかの家に泊まりに行くことでもいいでしょう。

先の約束はできるだけしない

数日前にした約束であれば忘れることはほとんどなくても、1ヶ月以上前に約束したことは意外と忘れてしまいがちです。

そんなデートのドタキャンをなくすために、忘れっぽい彼とのデートはできるだけ予定は先延ばししない方がいいでしょう。

長期の旅行などは前もって準備が必要ですが、日帰りの予定なら最低でも1ヶ月以内の予定にしてみましょう。

彼氏が約束を忘れる時の対処法まとめ

彼氏がデートの約束を忘れない対処法を見ていきましたがいかがでしたでしょうか。どんなに完璧な彼氏でも一度や二度予定を忘れてしまうこともあるでしょう。

悪気がなく忘れっぽい男性もいるので、お互いにいい関係でいられるように、前もって確認することが気まずくならない秘訣です。忘れっぽい彼氏をお持ちのかたは実践してはいかがでしょうか。