全性愛(パンセクシャル)とバイセクシャル(両性愛)の違い

記事の著者:Kanako

最近はよく聞くようになった言葉の一つに「パンセクシャル」というものがあります。これはセクシャリティーを分類した時の一つの言葉ですが、日本語に訳すと「全性愛」となります。

全ての性を愛する人をパンセクシャルと呼ぶようですが、世界に性別は大まかに男女しかありません。男女どちらも愛せる人を「バイセクシャル」と呼びますがパンセクシャルとパンセクシャルの違いはどこにあるのでしょう。

パンセクシャルとバイセクシャルの違い

以前は性別に関して細かく分類されていませんでしたが、LGBTに対する理解が広まると同時に多様な性に対する理解も深まってきました。

バイセクシャルとは?

バイセクシャルとは男性でも女性でも同じように性的に興奮でき、両性に対して恋愛感情を持てる人を指します。

多くの人はどちらか特定の性に対して性的な愛情を示しますが、これは異性愛や同性愛の人のことです。しかし、バイセクシャルの人はどちらでも人として魅力があればそれが男性でも女性でも恋愛対象になるという事です。

つまり男女問わず、どちらでも恋人にすることが出来るのです。ここで重要なのは男性か女性かの人という事です。同一性障害の人や中性(Xジェンダーの一つ、男女の中間地点の性を指す)の人は除外されます。

自分が心も体も男性の人や女性の人に限られていることがポイント。これがバイセクシャルと呼ばれる人の定義です。

パンセクシャルとは?

パンセクシャルの場合は全ての性の人に対して魅力を感じ、恋愛対象として見ることが出来る人になります。つまり同一性障害でも中性でも関係なく、人であるならば全部OKという事です。

どんな人も恋愛対象になりえるのが「パンセクシャル」。性的な魅力よりも人間としての魅力に魅かれる人たちです。

セクシャルティーは変わらないのか?

自分はこの分類だから男性を愛するとか女性しか愛せないというものは一生変わらないものなのでしょうか?実際、今までは異性に興味があったのに現在は同性にしか興味がわかないという人もいます。

必ずしも分類したからといって一生そのセクシャリティーのままとは限りません。特に最近は思い違いの人も出てきて問題になるケースもあります。自分は同一性障害だと思い込み性転換手術をしたのに、その後やはり元の性に戻りたいというものもあるのです。

人は特別な存在になりたいという願望もありますし、みんなと同じになりたいという気持ちもあります。その感じ方で気持ちだけが先行して実際の自分と違う行動をしてしまう事もあります。

自分を決めつけることは時に危険を伴います。自分のセクシャリティーがどれに当てはまるかを決めつける必要はありません。誰を好きになるかはその時にならないと分からないものです。

パンセクシャルという全性愛であるならばその時にどんな性の人に恋をしても良いのですから、大雑把に言えばすべての人にはパンセクシャルの素質があると解釈もできます。

分類が差別を生み出すこともある

全人類がみな同じ人間であるという定義であれば、性別を分類する必要はないのですが、やはりこの世には差が存在します。その差があることは問題ではないのですが、それに対して優劣をつける人が出てくることが問題と言えます。

パンセクシャルでもバイセクシャルでも人を愛することが出来る人たちであることは確かです。人を愛する自由があればこのような分類も不要になります。理想の世界にはまだ道半ばの現状だと言えます。