不倫相手との出会い方:職場以外にも出会いは多くある

記事の著者:Kanako

相手が結婚しているとわかっていても、気持ちが抑えられなくなって始まってしまう不倫関係。そんなに簡単に不倫などできるわけがないと思っている人も多いかもしれませんが、意外と隠れて不倫している人は多いです。

以下のようなきっかけで出会い、不倫関係に発展したという人が多いです。

仕事関係の相手

不倫関係に発展しやすい出会いの場所ナンバーワンは、職場。

仕事仲間として毎日顔を合わせていて、仕事のことでなんでも話せる頼れる相手にプライベートの相談をしたりするようになり、だんだんと気持ちがその相手に向いてしまう可能性があるでしょう。一度お互いの気持ちがわかってしまったら、そこから発展することは簡単。

奥さんに「仕事仲間と飲み会に行ってくる」というのも嘘にはなりませんし、仕事と言われたらそれを信じないわけにはいかないでしょう。このように不倫関係を維持させるのは簡単な反面、その分社内にバレた時などのリスクも高いです。

昔の恋人

結婚した後に思わぬところで昔の恋人と再会したというきっかけで、不倫に発展してしまうケースもあります。昔の楽しかった頃の思い出などに花が咲き、付き合っていた頃の感覚やドキドキ感を味わいたくて、ついノリでホテルになんてことも十分にありえるでしょう。

昔の自分を知ってくれているという居心地の良さと、お互いが大人になって相手の知らない部分もある緊張感が相まって、気持ちが盛り上がってしまうのです。

同窓会で再会した旧友

昔の恋人と同じように、何年も会っていなかった同級生と同窓会などのきっかけで、不倫関係が始まることもあります。

仲の良かった友達と意気投合したり、当時片思いしていた人に再会したり、なんとも思っていなかった同級生に告白されたなどときっかけはさまざまですが、地元や同じ学校だったなどの共通点はそれだけで話が盛り上がり、心を開くきっかけになるのです。

趣味の場

趣味で始めた習い事などをきっかけに、出会いが始まるケースもあります。

スポーツジムで顔を合わせたり、最近ではクライミングや、SNSやトレッキングなどの体を動かすコミュニティなどを通して、知り合う男女も多いでしょう。同じ趣味が合えば、話も盛り上がりますし、そこから仲良くなり、恋愛に発展することはよくあることです。

出会い系サイト

顔見知りだった人に恋を抱くことが多いかもしれませんが、最近ではSNSなどの普及により、顔も知らない人とやりとりをして、会ってみて気が合えば始まる恋愛も多いようです。なんの接点もない相手というのは、ある意味自分をさらけ出せる相手なのかもしれません。

家庭の愚痴を言っても誰に広まることもありませんし、お互いが好みのタイプであれば、体だけの関係を保って、会いたい時だけ会うなんていう付き合い方もできるでしょう。