不倫のメールやLINEは不貞行為の証拠?連絡時の注意点

記事の著者:SARAS編集部

昔は直接会う以外では電話が主な連絡手段でしたが、現代社会ではメールやLINEなどが主流です。不倫においても、メールやLINEでやり取りする人は少なくないでしょう。

しかし、メールやLINEは他人に見られたり、会話内容が流出してしまう恐れがあります。メールやLINEが不貞行為の証拠になるのかどうか、気になる人はチェックしてみてください。

不倫のメールやLINEは不貞行為の証拠になるのか

明らかに不貞行為をしていたと推測できるものは、不倫の証拠となります。

不倫をしているのか曖昧な会話内容では証拠になりませんが、内容によっては配偶者に離婚を要求し、不倫相手に慰謝料を請求することもできる、重要な証拠であると言えます。

好き、愛しているだけでは不貞行為にはならない

例えばメールやLINEで、相手に「好き」や「愛している」、「会いたい」というような会話内容を送っても、単語のみでは状況や本人の考えを推測するのは難しいとされ、不貞行為にはあたりません。

一方で言葉のみのやり取りでも、配偶者にとって結婚生活における平穏を侵害する行為であり、違法性があると判断された場合は、不貞行為とみなされ、法律によって罰せられることもあります。

肉体関係があると強く推察できる場合は不貞行為にあたる

例えば、不倫相手の家に宿泊していたり、旅行などに出掛けて共に宿泊したなど、肉体関係があると強く推測されるような場合は、不貞行為と判断される可能性が高いでしょう。

明らかに肉体関係があると推測できるようなやり取りや、宿泊したと読み取れるような会話は避けるべきであると言えます。

不倫における連絡の注意点

仕事で辛いことがあったとき、孤独を感じる夜、彼に連絡したくなるのは自然なことです。

しかし、メールやLINEで連絡する場合には十分な工夫しないと周囲にバレてしまい、最悪の場合、離婚や慰謝料を求められるリスクも。

メール・LINEに写真を添付しない

不倫相手と2人で撮った写真をメールやLINEで送るのはおすすめしません。2人で写った写真は、相手の配偶者に見つかってしまった際に不倫の証拠になってしまいます。

そのため写真をメールかLINEで相手に送るのは極力控え、できれば自分だけの思い出に留めましょう。

周囲にバレないように工夫する

メールやLINE上での不倫相手の表示名を、本人とは全く違うものに変更したりして、不倫相手だとわからないように工夫しましょう。

不意に誰かに不倫相手とのやり取りを見られたとしても、バレるリスクを減らすことができます。

直接会うほうがリスクは低い

メールやLINEは会わずに、好きなタイミングでやり取りができるため非常に便利です。一方で、何らかの拍子に会話内容が流出したり、他人に見られてしまうリスクもあります。

そのためメールやLINEでの連絡は最小限に留め、なるべく直接会って話すようにしましょう。

まとめ

不倫相手とメールやLINEなどでやり取りをする際には、言葉のみのやり通りでも違法性があると判断された場合は不貞行為とみなされ、法律によって罰せられる可能性があるというリスクを十分に理解しましょう。

メールやLINEでの連絡はしないに越したことはありません。