不倫相手と結婚して幸せになる人・後悔する人

記事の著者:SARAS編集部

ドラマや映画では、既婚者同士の恋愛は「禁断の恋」としてロマンチックに描かれます。一方で、現実はシビアな場合が多く、深入りする前に手を引けばよかったと激しく後悔する人も多いとか。

不倫関係から再婚に至った夫婦は、どれくらいの割合でうまくいくのでしょうか。気になる人はチェックしてください。

不倫相手との結婚で幸せになる人

離婚弁護士相談広場による調査では、不倫相手と再婚した夫婦の8割は、数年後に倦怠期を迎えたタイミングでどちらかが不倫をし、うまくいかなかったという結果が出ています。

一方で、約2割の夫婦は不倫関係から始まり、再婚して幸せになっていることも確かです。

幸せになっている夫婦には、いくつかの共通点があります。不倫相手との再婚を考えている人は参考にしてみて。

もともと夫婦の仲が冷めきっていた

既婚者の家庭が冷めきっていたことが原因で始まった関係であれば、うまくいく可能性があります。

世の中には心が離れていてもやむを得ず、かたちだけの夫婦として籍を残している人たちがいるのも事実です。

表面上では不倫と言われてしまいますが、元の夫婦間での関係が終わっているようであれば、再婚したとしても長続きする可能性があります。

離婚してから結婚するまで期間を空けた

不倫の恋愛関係は普通の恋愛とは違い、特殊なものです。禁断の恋としてお互いに盛り上がってしまいがちですが、時間が経つうちに、気持ちもだんだんと落ち着いてくるでしょう。

離婚が成立してからお互いが堂々と一緒に居られるようになっても、再婚を急がずに関係性を深めていけるカップルは、夫婦になっても長く続く可能性が高いと言えます。

不倫相手との結婚で後悔する人とは

再婚をしてから数年後に倦怠期を迎えると共に、どちらかがまた不倫をし、うまくいかないことが多い約8割の夫婦。

後悔することになった夫婦には、いくつかの共通点があります。不倫相手のために配偶者との離婚を考えている人は参考にしてみて。

刺激を求めて不倫をしてしまった

不倫相手との再婚がうまくいかない理由のひとつとして、家庭がうまくいっていながら、不倫関係をもってしまったというケースがあります。

再婚したとしてもまたその生活に慣れてくれば、外に新しい不倫相手を見つけるでしょう。一度不倫をした人は、同じことを繰り返す可能性が高いと言われています。

このタイプの人は常に新しい刺激を求めてしまう傾向にあり、恋愛や結婚が長続きしないことが多いです。

結婚ではなく恋愛向きだった

不倫中にお互いが運命的なものを感じても、不倫の関係では限界があります。昼間に堂々と会うことはできず、会う時間も限られてくるので、長く一緒に居続けることができません。

再婚して一緒にいる時間が増えることで、浪費癖や家事が全然できないなど、不倫関係では気づかなかったマイナスの部分が浮き彫りになり、冷めてしまうことも多いとか。

まとめ

不倫相手との再婚しても、約8割がうまくいかないという結果が出ています。不倫という、普通の恋愛では味わえないドキドキ感が、冷静さを失わせている可能性もあります。

一度落ち着いて、再婚して幸せになれる相手なのかどうかをよく考え、決断することが幸せになるためのカギといえるでしょう。