「男子と話せない」3つの原因と克服法

記事の著者:1149109

「男子と上手に話せない」という悩みをもつ女子は、けっこう多いものです。
中学生や高校生という思春期真っただ中の女子にとっては、男子と話せないということが、心の負担となり、学校に行くのも憂鬱に感じてしまうこともあります。
また、大学生や社会人になっても、男性と話をするのが苦手な女子もいるでしょう。
世の中の半分は男子です。その半数の人たちと話ができないとなると、悩める本人にはとても深刻な問題です。
今回は、男子と話せないと思い悩んでいる方に、その原因と対処方法を紹介します。

「男子とうまく話せない」理由・原因

決して、特別意識している相手というわけでも無いのに、男子というだけで気軽に話をできなくなってしまうあなた。
そんなあなたの力になるべく、その理由と克服方法を解説していきます。

うまく話せない1番の理由は「緊張感」

うまく話せない1番の理由として考えられるのは、「緊張しているから」です。
これは、相手を特別な異性として認識しているかいないかは別としても、起こり得ることでしょう。
自分ではあえてそう意識していなくても、「よく思われたい」「嫌われたくない」という自意識からくる緊張感であると考えられます。

自分に余裕が無い

緊張感の他にも、男子とうまく話せない理由に、自分自身に余裕がないということが考えられます。
「余裕」を「自信」に読み替えてもいいかもしれません。
「可愛くないから」「面白い話なんてできないから」などの様々な理由がありますが、自分に余裕が無く、話をしようとしただけでプチパニックの状態になってしまうため、会話がうまく出来なくなってしまうのです。

話をするということ自体が苦手

話をすること自体が不得意で、同性の前ではまだ何とかなっても、異性の前ではその苦手意識が表に出てしまうという場合もあります。
決して引っ込み思案という訳ではないのに、話をすることが苦手で、どうしても会話のキャッチボールがうまく出来ないというケースです。

「男子とうまく話せない」克服法

まずは上手く話せない原因について、いくつか考えられる理由を明記しました。
続いては、それらの理由を解決するための克服法を紹介します。

緊張感の克服法

まず、最初にあげた「緊張からうまく話せない」という原因についての克服法です。
この緊張感を和らげるためには、手っ取り早い方法として「開き直る」ということがとても大事になります。あなたは緊張していますが、相手はそれほどあなたを意識しているわけではないと開き直りましょう。
相手はあなたにとって、悪い感情をあらかじめ持って接しているわけではありません。
そして、あなたが話すことは決して特別なことを言う訳ではない、あくまで世間話程度です。その内容で、あなたの良し悪しを測りきることはできません。
自分も相手も普通の人であり、会話も普通のことであると良い意味で開き直っていきましょう。

話をすること自体が苦手の克服法

これは、極端に聞こえるかもしれませんが、とにかく「慣れること」が大事です。
上手に話せないと思うから、他人と話をすること自体が苦手という人も多いので、まずは身近な人と気軽に会話をするように心掛けます。
この場合は、特に性別は気にせず、会話を楽しむというファーストステップをクリアする気持ちで始めていきましょう。

自分に余裕が無いことへの克服法

余裕を持つということはなかなか難しいですが、1番の克服法は1つでも自分で自分を褒めてあげられる点を見つけることです。
「毎朝、時間通りに起きられて偉いね」「仕事、毎日ちゃんと頑張ってるね」「メイクや髪型に気を使って、女の子らしくしてるね」
そんな日常の些細なことでもいいのです。自分自身を認めてあげることからスタートしましょう。

まとめ

今回は、男子と話せない理由と克服法について紹介しました。
始めは慣れなず、辛く感じることもあるかもしれませんが、「自信・慣れ・余裕を持つ」というポイントを忘れずに、苦手意識克服を目指していきましょう。
克服した先に、明るい未来が待っています。